Apple TV+が2019年秋日本登場!噂のサービス内容まとめてみた

Apple TV+が2019年秋日本登場!噂のサービス内容まとめてみた

2019年3月25日におこなわれたApple社の新サービス発表イベント。
その中でApple TVアプリで配信予定のApple TV+についても紹介がありました。

Apple TV+は日本でも配信が決定していますが、その内容についてはあまり詳しいことはわかっていません。
今回は発表されたApple TV+について、現在発表されている内容をわかりやすくまとめてみました!

この記事のまとめ

Apple TV+はオリジナルコンテンツを配信する動画配信サービス

Apple TV+はApple TVアプリ内で扱われる

日本でも対応が決定していて、配信は秋以降

Apple TVアプリはApple社製品以外の他社TVボックスにも対応



 NetflixやHuluのApple版!?動画配信サービスApple TV+とは

Apple TV+とは、Apple社が2019年秋以降に提供を始める動画配信サービスです。
Apple社が制作するオリジナルコンテンツや、同じくサービス展開されるApple channelで放送する番組に連動しているオリジナル動画が制作されるといわれています。

Apple TV+はApple TVアプリ内で視聴可能

Apple TV+は、インターネット上で配信されているコンテンツをテレビで楽しむApple TVアプリの中で、NetflixやHuluなどの動画配信サービスと同じような形で配信されることになりました。

【Apple TVとは】

あなたのスマホに登録している動画やゲームなどのコンテンツをAppleが用意しているアプリ(Apple TVアプリ)を通して、TVでドラマなどを観たりゲームしたりできるようになっているもの。

サービス利用にかかる金額は配信予定の秋ごろ同時に発表とのことなので、発表が待ち遠しいですね。

また、Apple TVアプリはiPhoneやTVだけでなくMac、ソニーやAmazonが提供しているTVボックスでも使用が可能になります。
便利になるApple TVのオリジナル動画配信サービス、Apple TV+で配信されるオリジナルコンテンツについても詳しくみていきましょう。

 

Apple TVで配信されるオリジナル作品

3月25日の新サービス発表イベントでは、Apple TV+で配信が決定している作品の1部も発表されました。
Apple TV+で配信される作品には、超一流のキャストやクリエイターが集結しています。
どんな作品が配信されるのか少しだけご紹介しましょう!

Apple TV+で配信が決定している作品一例
  • Amazing Stories
    スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンを取る、1980年代に放送された「世にも不思議なアメージング・ストーリー」のリメイク版です。
  • The morning show
    ニューヨークのメディア業界を舞台にしたオリジナルドラマ。
    ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンが朝の情報番組を舞台に複雑な男女関係を繰り広げていきます。
  • See
    全10話構成のファンタジー作品です。
    戦士であるババ・ヴォスが、守護人として、リーダーとして戦い続ける様を未来を舞台に描いています。
  • Little America
    アメリカに移住してきた人物たちを描いた1話30分のアンソロジードラマシリーズです。
    8話構成で、全話移民族がメガホンを取っていることでも話題になっています。
  • Little voice
    今回発表になった作品のなかでも少し特徴的な作品です。
    ミュージカルドラマになっていて、歌とダンスでニューヨークへの愛情を表している作品になっています。
Apple TV+に参加が決定している俳優・クリエイター陣
  • スティーヴン・スピルバーグ
  • ジェニファー・アニストン
  • リース・ウィザースプーン
  • スティーブ・カレル
  • J・J・エイブラムス
  • ジェイソン・モモア

これらの作品はまだまだ1例にしかすぎません。
ほかにもスピルバーグ監督などの有名監督や人気俳優が多く関わった作品が配信予定なので、ぜひチェックしておくことをおすすめします。


Apple TV+ — 舞台裏にいるのはクリエイティブな才能たち

こちらの動画でそれぞれのクリエイターがどんな思いでこのプロジェクトに参加しているのか確認できます。
作品に関わる人物の想いや作品の見どころを知ると、動画が配信されるのが待ちきれなくなってしまうかもしれませんね。

 

Apple Tv+ではなぜここまでオリジナルコンテンツに力を入れるのか

なぜここまでオリジナルコンテンツを重要視するのか、それは競合関係にある動画配信サービスのオリジナルコンテンツの充実ぶりに対抗していくためといえるでしょう。
Apple社は、発表会の席で以下のように明言しています。

Apple TV+は才能あるクリエイターの作品作りをサポートし、最高品質のオリジナルの番組、映画、ドキュメンタリーを世界中の人たちに届けるサービスになる

Apple社も、新規参入した動画配信サービス市場で利益を確保するためにオリジナルコンテンツ強化をはかっているのでしょう。

日本における動画配信配信サービス市場は今後も拡大傾向にあり、2023年には3,000億円まで増えるといわれています。
参考元:GEM Partners株式会社「動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート

その中で、よりユーザーに「使いたい」と思わせることができる1つの要素がオリジナルコンテンツになりうるのです。

オリジナルコンテンツをどんな形で、どのように提供していくかがユーザー獲得の分かれ道につながります。
だからこそApple社でも、アメリカ本社で2017年にソニーピクチャーズテレビジョンの幹部を2名採用してコンテンツ強化に乗り出しました。

ドラマとの連動企画としてのオリジナルコンテンツの配信など、激化が進む動画配信サービス市場。
Apple TV+で用意されるオリジナルコンテンツにはどんなものが増えていくのか、今後の展開が楽しみですね!

 

日本での利用者を増やせるかはサービス内容と価格のバランスがカギ

オリジナルコンテンツが配信されるとはいっても、ユーザーにとって興味のあるものでなければ登録してまで使いたいとは思わないものです。

現在のApple TV+で配信が決定しているオリジナルコンテンツは、日本に先駆けて本社のあるアメリカで先に配信が始まることもあり海外ドラマ・洋画が中心。
NetflixやHuluなどの海外発動画配信サービスが日本向けのオリジナルコンテンツを増やしている今、日本で普及させるのであればそれら以上に日本人のニーズに合ったオリジナルコンテンツを用意する必要性があるのです。

各動画配信サービスの料金を一括支払いできるなど、Apple TVアプリの利便性はとても高くなっています。
この利便性と合わせてさらに日本人の好みに合ったオリジナルコンテンツが配信されるようになれば、売り上げ競争が激しくなっている動画配信サービスの中でひときわ存在感が強くなっていくはずです。
つねにIT戦略の中で第一線を歩いてきたApple社ですから、世界各地域の動画の好みに合わせた作品展開を視野に入れているのではないでしょうか。

また、質の面はもちろんのこと料金から来る満足面も忘れることはできません。
支払う料金以上の満足感を配信されている動画を観ることで得られなければ、ユーザーは納得しないはず。
毎月支払う金額が高いのに配信されている作品数が少なければ、ユーザーはApple TV+の利用を止めてしまうでしょう。

月額利用料金と配信動画数とのバランスも、日本でApple TV+が普及するかどうかの大切な要素になるはずです。



まとめ

Apple社が満を持して始める動画配信サービス「Apple TV+」。
海外で活躍する監督や俳優・女優を起用したオリジナル動画が配信されるので、海外のドラマやバラエティが好きな方にとってはたまらないサービスです。

日本では2019年秋以降のリリースになりますので、月額料金などの追加情報をこまめにチェックしていきましょう!

気になる作品があったらシェアしよう!