青春マンガ「忘却バッテリー」のキャラクターとストーリーを解説!

忘却バッテリー アイキャッチ

高校野球はあらゆる人の胸を熱くする、漫画でもよく取り扱われるテーマですよね。

そんな高校野球を、独特の目線から題材にした「忘却バッテリー」という作品をご存じでしょうか。

今回は、野球の記憶を失ってアホになってしまった天才捕手と、彼ともう一度野球をするために輝かしい野球人生を捨てた天才ピッチャーの復活を追う「忘却バッテリー」のご紹介をしていきます!



中学野球で怪物バッテリーと呼ばれた天才コンビ!

グローブとボール

名門宝谷シニアの要圭(かなめけい)清峰葉流火(きよみねはるか)は、中学野球界を騒がせていた天才怪物バッテリーでした。

全国の野球の強豪高校から熱烈なスカウトを受け、その進路が期待されていたものの、怪物バッテリーはスカウトを全て辞退して突如行方をくらませてしまいます。

 

要圭(かなめけい)

中学校時代の圭は、他に誰も捕ることのできない葉流火の剛速球を捕らえる天才正捕手でした。

冷静沈着な智将と名高く、葉流火が常にベストを尽くして勝てるよう、計算しつくした戦術で支えるパートナーでした。

しかし、ある時ケガの影響で記憶喪失になり、葉流火のことも野球のことも全て忘れてしまったのです。

自分を律していた野球を失った圭に以前のような冷静さは見られず、元来の軽い性格から「家から近くて女の子がかわいい」という理由だけで野球部のない高校への進学を決めてしまいます。

人生をかけていた野球に対しても「ダサい」と興味を示すことはなく、天才正捕手は完全にその面影を失ってしまっていたのでした。

 

清峰葉流火(きよみねはるか)

中学時代の圭と共にあらゆる打者を封じていた天才ピッチャーにして、4番打者をまかされていた、まさに完全無欠の野球の申し子。

その剛速球でトラウマを与えられた打者は数知れず、どれだけ練習しても追いつけない別次元にいるような中学野球界のスターとして君臨していました。

しかし、葉流火が野球をする理由はただひとつ、「圭と一緒に野球がしたい」というただそれだけでした。

記憶喪失になり、野球に興味を示さなくなった圭にもう一度自分と野球をしてほしいという願いから、自らも強豪校のスカウトを辞退して圭と同じ高校へと進学します。

 

忘却バッテリーは、この2人の天才に憧れる主人公「山田太郎」の目線で物語が進んでいきます。

 

主人公目線で描かれるストーリー

中学時代、弱小シニアでお山の大将になっていた山田太郎は、宝谷シニアとの試合で要・清峰のバッテリーの球を受け、その圧倒的な実力差を見せつけられます。

「怖い、速い、ムリ」と、葉流火の投げる剛速球に見事にトラウマを植え付けられ、そのまま野球を引退して野球部がないという小手指高校へと進学します。

学力もスポーツもザ・フツーな小手指高校を自らの安息の地としながらも、心の奥底では野球に対する思いと硬式野球をしていたプライドを捨てきれず、コテンパンにされた圭と葉流火にも憧れの念を抱いていました。

そんな太郎ですが、なんの偶然か登校初日で目にしたのはあの要・清峰ペアが自分と同じ高校に通う姿でした。

2人が野球界から姿を消した理由を聞き、はじめは圭の記憶喪失を冗談だと呆れる太郎ですが、少し話せば圭のその異常な様子がわかり、納得せざるを得なくなります。

そんな太郎にさらなる偶然が起こります。

野球部がなかった小手指高校ですが、なんと太郎たちが入学する1カ月前に部が発足されていたのです。

ほとんど素人が集まったような愛好会のような野球部ですが、葉流火に誘われなし崩し的に再び野球を始めることになります。

圭も野球部への誘いを受けますが、「キャッチャーなんか誰でもいいじゃん」と葉流火の誘いを拒みます。

しかしそこに、葉流火へ難癖をつける先輩が絡んできて・・・?

このように圭と葉流火の復活をかつての2人に憧れる太郎の目線から追う、ありそうでなかったストーリー展開が特徴的な作品です。

 

ギャグとシリアスのバランスがいいと評判

ランナー

忘却バッテリーは「記憶喪失の球児が再び野球に挑んでいくストーリー」と聞くと少し重い話になるような気もするかもしれません。

ですが、実際に読んでみると圭の軽いノリや野球のこと以外では天然な葉流火のキャラクターに思わずクスリと笑わせられてしまうシーンも多く、スイスイ読み進めていくことができます。

意外とゆるいノリでストーリーを展開していきながらも、葉流火の投げる球を見て圭が感化される場面などは思わずハッとさせられ、シリアスな雰囲気も忘れずに楽しむことができます。

コミカルでありながら締めるところはしっかりと締める、メリハリの効いた気持ちいい読後感のある作品だと評判です。

 

「忘却バッテリー」を読むには電子書籍!

「忘却バッテリー」を電子書籍で読むことができます。

電子書籍であれば、買いに行く手間を省くことができ、タブレット端末であれば、もち運びにも便利です。

近年、電子書籍を利用している方は多いので、これを機会に電子書籍で読んでみることをおすすめします。

といっても、電子書籍のサイトは種類があるのでどれをえらんでよいか悩んでしまうかもしれません・・・。

そこで、今回はおすすめの電子書籍のサイトを2つ紹介します。

 

ebookjapan

Yahoo!JAPANグループ会社が運営しているサイトです。

昔はやっていた漫画から、最新作までありとあらゆるジャンルの漫画が揃っています。

このサイトのおすすめポイントは本を探しやすいことです。

無料の本、セール中の本を利用すれば、お得に漫画を楽しむことができます。

人気ランキングもあるので、今はやっている漫画をいち早く知ることができますよ。

BookLive!

TSUTAYA、東芝、日本電気、三井物産の出資を受けている、日本最大級の電子書籍サイトです。

会員登録をする必要なく、試し読みができます。

マンガだけでなく、小説、ビジネス本、写真集も取り揃えています。

Tポイントが貯まり、使うことができるのも嬉しいポイントです。

今回は2つ紹介しました。

どれにしようか迷っているという方は今回紹介したサイトを試してみてください。

いますぐにでも「忘却バッテリー」を読みたいという方はこちらから登録できます↓



まとめ

忘却バッテリーのご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

記憶を失ったことで野球のことも忘れてアホになった天才捕手「要圭」と、もう一度圭と野球をしたいと願う怪物投手「清峰葉流火」のバッテリー。

圭と葉流火の復活をかつての2人に憧れる太郎の目線から追う、ストーリー展開が魅力の作品です。

物語の展開に釘付けになってしまうでしょう。

主人公たちは今後、どんな高校生活を送ることになるのでしょうか。

これからも目が離せない「忘却バッテリー」は電子書籍で読んでみてください!

気になる作品があったらシェアしよう!