世界観と展開が熱い!おすすめダークファンタジー3選

普通のファンタジーとは一味違う?おすすめのダークファンタジー漫画

みなさんは、普段どんな漫画を読んでいますか?

漫画のジャンルには、さまざまな種類がありますよね。

恋愛・ギャグ・サスペンス・ホラー・アクション・スポーツ・歴史・アドベンチャー…と膨大なジャンルが存在しています。

その中でも私たちの日常とはかけ離れたファンタジージャンルは、高い人気を誇っており、たくさんの漫画が毎年生み出されています。

そんなファンタジーにもいくつかの種類があるのは、ご存知でしたでしょうか?

今回は、そんなファンタジージャンルの中でもダークファンタジー系の漫画について紹介したいと思います。

この記事では、おすすめのダークファンタジー漫画や電子書籍サイトについてご紹介するので、興味のある方はぜひ、参考にしてみてください。



人間と喰種の戦いを描く「東京喰種-トーキョーグール-」

人間と人を喰らう存在である喰種(グール)をテーマにしたダークファンタジー漫画です。

東京にあるとある大学に通う主人公・金木研は、平凡な生活を送っていました。

しかし、とある女性との出会いでその平凡な生活は、終わりを告げることになってしまいます。

女性の名前はリゼといい、金木はリゼに一目ぼれをしてしまいました。

リゼも金木との会話を通じて、意気投合し、デートをする関係となったのでした。

しかし、リゼという女性の正体は、なんと喰種(グール)だったのです。

喰種とは、姿こそ人間と変わらず普段は人間社会に紛れて普通に生活を送っていますが、その裏では人間を食料として生きている生物でした。

そんな恐ろしい生物だとは知らず、リゼとのデートを楽しんでいた金木でしたが、デートの帰り道に金木を喰らうためにリゼは襲い掛かります。

リゼから逃げる金木とそれを追うリゼでしたが、幸か不幸か、建設途中のビルから2人の頭上に鉄骨が落ちてきてしまい、病院へ運び込まれることになりました。

リゼはこの時に頭を打ち即死してしまいましたが、金木は生存の見込みがあったため、手術によりリゼの心臓を移植されたのです。

なんとか一命こそ取り留めた金木でしたが、喰種であるリゼの心臓を移植された金木はなんと半分喰種となってしまい、その生活は激変してしまいます。

半喰種となってしまった金木の命運は、いったいどうなるのでしょうか?

世界は巨人に支配されていた「進撃の巨人」

巨人と人類との戦いを描くダークファンタジー漫画です。

巨人とは人間の何倍もの体格差があり、その圧倒的な力で人間を捕食しようとする生物です。

人類は、その巨人から身を守るように高さ50mもの巨大な壁に囲まれた城壁都市を築き上げ、巨人の脅威を遠ざけてきました。

都市は3つの円状の壁によって成り立っており、内側から「ウォール・シーナ」「ウォール・ローゼ」「ウォール・マリア」と呼ばれる都市で形成されています。

これらの巨大な壁に守られた人類は、壁の内側で約100年もの間平穏に暮らしてきました。

しかし、その平和は、ある日突然終焉を迎えてしまいます。

主人公であるエレン・イェーガーの住むウォール・マリアの外側に、突如今までに類を見ない超大型の巨人が出現したのです。

50mもの巨大な壁にも関わらず、壁から頭を覗かす超大型巨人、その巨人によりなんと人類と巨人を隔てる壁は破壊されてしまいました。

壁が破壊されたことにより、街の中に次々と巨人たちが侵入し、人々を捕食し始めたのです。

その最中、エレンの目の前で母親も巨人に捕食されてしまいました。

その後多くの人々が巨人の脅威から逃れ、ウォール・ローゼへと移住しましたが、人類は巨人に重要な生活居住区のひとつを奪われてしまうこととなったのです。

「駆逐してやる!この世から…一匹…残らず!」

そういって、エレンは巨人に激しい憎しみを抱くことになります。

こうして巨人への復讐を誓ったエレンは、巨人と戦うための部隊である調査兵団への入団を決意したのです。

以上が、「進撃の巨人」のあらすじです。

人食い巨人と立体起動装置と呼ばれる対巨人用の特殊な兵装を用いて、人類が戦うストーリーとなっています。

作中で人がなすすべもなく捕食されるなど、少年誌に連載される作品としては異色の存在といえます。

しかし、立体起動装置を用いた躍動感のある戦闘や独特の世界観、個性的なキャラクターが魅力的で人気の高い作品です。

巨人と対峙していく中に見える人類と、巨人の秘密とはいったい何なのでしょうか?

興味がある方は、ぜひご覧ください。

賢者の石を求める兄弟錬金術師「鋼の錬金術師」

錬金術の存在する世界で、主人公たちが過去の過ちにより失ってしまった身体を取り戻すための旅を描いたダークファンタジー漫画です。

主人公である兄のエドワード・エルリックと弟アルフォンス・エルリックは、若くして父親は失踪、その後2人を育てあげてくれた最愛の母親の病死と過酷な経験をします。

母親の死を受け入れられなかったエルリック兄弟は生半可錬金術の才能があったがためにあることを考えついたのです。

それは、錬金術による母親の蘇生です。

母親の死後、2人は母親の復活という目的のもと、修行をして錬金術師としての腕前を上げていきました。

そしてある日2人は母親の蘇生…錬金術で最大の禁忌である「人体の錬成」をおこなってしまいます。

しかし、母親の錬成は失敗してしまい、錬金術の基本概念となる「等価交換」により、エドワードは左脚を、アルフォンスはその身体全身を錬成の対価として失ってしまいます。

なんとかアルフォンスだけでも救おうと、エドワードは、自分自身の右腕を等価交換にアルフォンスの魂だけを近くにあった鎧に定着させることに成功し、アルフォンスの消失を免れました。

かろうじて生き永らえた2人ではありましたが、母親の蘇生は失敗したうえに兄は左脚と右腕を、弟は身体全身というあまりに大きなものを失ってしまいます。

エドワードは、失った左脚と右腕をオートメイルと呼ばれる機械の義手と義足にする手術をおこない、アルとともに元の身体に戻るための旅へでました。

以上が、「鋼の錬金術師」のあらすじです。

この世界では、等価交換という概念が何度もでてきており、何かを得るためには相応の対価が必要という世界観が強く強調されます。

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる」というセリフにもあるとおり、作中でもさまざまな登場人物が何かを得る代償に何かを失うという描写が多いです。

また、冒頭から身体の欠損描写があるようにグロテスクなシーンや、戦争の生々しさが描かれています。

しかし、錬金術を用いた個性的な戦い方や錬金術師を取り巻く複雑な環境、個性的なキャラクター達が魅力的な作品です。

 

ダークファンタジーを読むならここ!

幻想的な風景

この記事を読んでみて、ダークファンタジー漫画に興味がわいたという方もいるでしょう。

しかし、「本を買うとかさばって置き場に困る…」という方もいるかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、電子書籍です!

電子書籍であれば本がかさばるということもないですし、持ち運びも非常に簡単です。

おすすめの電子書籍サイトを紹介しますので、電子書籍に興味のある方はぜひとも参考にしてみてください。

BookLive

初回入会時に、半額クーポンが貰えます。

そのうえ毎日クーポンを入手できるクーポンガチャもあるので、お得に電子書籍の購入をおこなうことができるのです。

また、Tポイントカードとの連携が可能で、BookLiveでの購入額に応じてポイントの付与率も変動します。

お得な買い物がしやすいサイトといえるでしょう。

Rakuten Kobo

通信販売社大手のひとつである楽天が経営する電子書籍サイトです。

一番大きな特徴は、電子書籍購入時のポイントが楽天ポイントで付与されることです。

楽天をよく使うという方には、とてもおすすめのサイトですよ。

↓詳しくはこちら

ebook japan

本棚に本が並べてあるような背表紙表示で本を探せるのが、とても特徴的です。

まるで、本屋さんで本を選んでいるような感覚を味わえますね。

また、電子書籍サイトの中では無料マンガの数が多いので、電子書籍がどんなものなのかを試すのには、おすすめのサイトです。

↓詳しくはこちら



まとめ

剣や魔法という私たちの世界からはかけ離れた王道のファンタジー物は、時代を問わずに高い人気を誇っています。

夢や希望がいっぱいなファンタジー世界に、人は惹かれているのかもしれません。

しかし、そんなファンタジーの世界であえて重い展開や不条理さ、王道のファンタジー展開とは違った世界観を描くダークファンタジーもまたどこか魅力的ですよね

この記事を読んで、ダークファンタジー漫画が気になった方はぜひとも読んでみてください!

「本はかさばるから買いたくない…」「できるだけお金がかからない方がいい」という方には電子書籍サイトを利用する手もあるのでぜひとも試してみましょう。

気になる作品があったらシェアしよう!