映画『ダイ・ハード』無料動画をフル視聴(吹き替え・日本語字幕)できる動画配信サービスを紹介

ダイ・ハードの動画を無料で観るなら!この動画配信サービス
提供元:Amazon

1988年にアメリカで第一弾が公開されて以来、世界中で大人気の映画シリーズ「ダイ・ハード」
2019年現在も最新作となる第六弾の制作が決定しており、常に注目が集まっている作品です。
「ダイ・ハード」シリーズは今やさまざまな定額制動画配信サービスで視聴することができ、わざわざ劇場やレンタルビデオ店に足を運ばすとも気軽に楽しむことができるようになりました。
インターネット環境さえあればカンタンに作品を楽しめる今日この頃ですが、どんな映像作品もできるだけおトクに視聴したいものですよね。

そこで、今回は「ダイ・ハード」シリーズの世界観や見どころを徹底解説すると同時に、作品を無料で楽しめるおすすめの動画配信サービスをご紹介したいと思います!

※紹介している作品は、2020年5月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サービスにてご確認ください。

ダイ・ハードを無料で観るには?
無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

動画配信サービス(VOD)には無料お試し期間(2週間~31日間)がありますので無料期間を利用してじっくりサービスの使い勝手を試しましょう!

また、退会はサイト内の簡単な手続きで完結します、違約金が発生することはありません。

人気動画を安全・快適に楽しむには、VODの無料期間をうまく利用するのがおすすめです!

ダイ・ハードの予告、公式動画

ダイ・ハードシリーズを視聴可能な動画配信サービス一覧

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間
Amazonプライムビデオ4,900円 (年会費) 500円 (月額プラン)30日間
Hulu933
14日間
dtv50031日間
TSUTAYA TV933円 (動画見放題プラン)30日間

ダイ・ハードを観ることができるのはU-NEXT

ダイ・ハードはU-NEXTで観ることができます。
U-NEXTついて概要をご説明します!

U-NEXTなら無料お試し期間中に600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる

例えばU-NEXTの場合、配信が始まったばかりのハリウッド映画は大体約500円~、ドラマは1話約300円~、アニメは1話約200円~なので入会したらすぐにポイントを使って最新作が楽しめます!
しかも!ポイントは動画以外にも使えるのでU-NEXTがおこなっている電子書籍サービスにも使えます。
値段は作品によって異なりますが、ジャンプのコミックス1冊は約400円、ライトノベルも安いものならば約400円のものもあるので気になる作品の原作が読めることも。
U-NEXTは本入会すると月額1,990円(税抜)で利用できる動画配信サービスです。
2,000円近くとちょっとお高い動画配信サービスではありますが、じつはお得に使える秘密があります。

それは毎月配布される1,200ポイントがあり、実質約800円で使えるからなんです!
無料お試し期間中にも600ポイントもらえるので忘れずに活用しましょう!

作品数は見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上と豊富なラインナップです。
最近ではDVDレンタルよりも早い配信もあるので、流行りの作品を早く、お得に観たい方にもおすすめです!

また、アカウントを最大4つまで分ける機能があるのでシェアして使うことも可能です。
アカウントは視聴履歴が分けられるので履歴が知られることもありません。
もちろん同時視聴もできるので、「誰かひとりが観ているので他の3人が視聴できない」ということもありません。

まずは、無料のお試し期間が31日間あるので使い心地を確かめてみるとよいでしょう! U-NEXTをまとめるとこんな感じです。

・毎月1,200ポイント、無料お試し期間中でも600ポイントもらえる
・配信作品が早く、配信作品が多い
・無料のお試し期間が31日間ある
・4つアカウントが作成でき、視聴履歴別、同時視聴OK

U-NEXTを無料で使うコツ!入会、解約の手順と有料作品をタダで観るための方法

U-NEXTの評判・口コミを募集したらコスパが悪いと判明?デメリットとメリットも徹底解説

そもそも「ダイ・ハード」って?

ダイハードDVD

「ダイ・ハード」には実は原作があり、ロデリック・ソープ氏による小説「Nothing Lasts Forever(邦題:ダイ・ハード)」が元になっています。
全シリーズを通してブルース・ウィリスが主人公を演じており、ド派手な爆破演出アクションシーンが定番となってこれまで公開された全作品が大成功をおさめました。
「ダイ・ハード」は日本語に置き換えると「なかなか死なない」という意味の言葉で、そのタイトル通りいかなる不運に巻き込まれても「なかなか死なない」男の姿を描いた映画となっています。
さて、今回は記念すべき第一弾のあらすじをご紹介したいと思います!

ダイ・ハードあらすじ

あるクリスマスの日、ニューヨーク市警察本部の刑事である主人公のジョン・マクレーンは、別居している妻・ホリーに会うためロサンゼルスを訪れていました。
ホリーが勤める日系企業・ナカトミ商事主催のクリスマスパーティーに参加するためです。
再会するやいなや価値観の違いから口論になってしまったマクレーン夫妻でしたが、ケンカ別れした直後にパーティー会場となっているビルに突如として謎の武装集団が突入してきます。
このときホリーを含む参加者全員が人質として囚われてしまいますが、別室にいたマクレーンだけが難を逃れたのでした。

武装集団の目的は、ビルに保管されていた6億4千万ドル(日本円にして約700億円)の無記名債券。

起爆装置のボタンひとつでロサンゼルスの未来が変わるほどの大規模なテロが予想される中、マクレーンと武装集団は激しく交戦し起爆装置を奪い合います。
ロサンゼルス市警もこれをきわめて重大な事件としてマクレーンを補佐しながら犯人たちと対峙しますが、もはや一刻の猶予もありません。
果たして、マクレーンはロサンゼルスの街に平和なクリスマスを取り戻すことができるのでしょうか?

とにかく運がない刑事と彼を取り巻く人物を紹介!

今回は全シリーズ共通の主人公のほかに、あらすじに引き続いて第一弾に登場する主要なキャラクターを紹介していきたいと思います。

ジョン・マクレーン(演:ブルース・ウィリス)

マクレーンは「ダイ・ハード」シリーズ全作を通じての主人公であり、ニューヨーク市警察本部の刑事(第一弾では巡査部長)として活躍している人物です。
どういうわけか死と隣り合わせの現場にたびたび居合わせてしまうことから、「世界一ツイてない男」と公式からも太鼓判を押されています。
粗野な性格ながら武器の知識に長けており、敵から奪い取った重火器をその場で器用に使いこなすことができます。
また刑事としての才能にも恵まれ、直感や洞察力を活かして事件を解決に導くなど高い実力が評価されています。

ホリー(演:ボニー・デべリア)

ホリーはマクレーンの妻にあたる人物で、日系大手企業「ナカトミ商事」で重役をつとめています。
マクレーンとの間に2人の子どもを設けましたが、夫婦関係はギクシャクしており現在は別居状態にあります。
男性を相手にしても物怖じしない強気な性格で、ときには夫を驚かせるような行動に出ることも・・・。

アル・パウエル(演:レジナルド・ヴェルジョンソン)

パウエルはロサンゼルス市警の警察官で、第一弾におけるマクレーンの相棒をつとめた人物です。
過去のトラウマが原因で銃を発砲することができないため、事件発生までは警察署で庶務を担当していました。
ビルからの脱出を試みたマクレーンの救援サインにいち早く気がつくなど、実際は優秀な警官です。

ハンス・グルーパー(演:アラン・リックマン)

ハンスはナカトミ商事のビルを襲った武装集団のリーダーで、元々は某左翼組織に所属していたテロリストでした。
表向きは世界各国にとらわれているテロ組織を解放させるという理由でビルを占拠しましたが、本来の狙いはビルに保管されている債権を奪うことであることが劇中で明かされます。
表面上は物腰柔らかな雰囲気をまとっていますが、計画を妨げるものは敵も味方も関係なく殺害するなど次第に冷酷な本性をあらわにしていきます。

しぶとい!死なない!不死身の男が事件に立ち向かう

「ダイ・ハード」の見どころはもちろん、絶対に死なない不死身の主人公・マクレーン刑事の活躍です。
危険な事件に何度巻き込まれても生還しているマクレーンですが、決してケガをしていないわけではありません
それどころか乗っていたバイクが狙撃されて空中爆発、エレベーターが壊れて宙吊り、高層ビルの窓を割って捨て身の大脱出・・・など、終盤はなぜ生きているのかわからないレベルでボロボロになって戦うのが定番です。
また、マクレーンは絶体絶命の局面で生きることに対して情熱を燃やす王道のヒーロー・・・でもありません

「なんで俺がこんな目に?」

「高層ビルのてっぺんになんて、もう二度と登ってやらないぜ。どうか殺さないでくれよ、神様!」

など、いっぱしの刑事でありながら弱音を吐きまくります
こうしたマクレーンの「ボヤキ」はシリーズのお楽しみ要素のひとつにもなっており、彼が長年にわたって愛される主人公となった理由のひとつとしても挙げられています。
何度となく命の危機にさらされていながら、必要以上に強気すぎないのもマクレーンの魅力ではないでしょうか?

最新の6作目にも期待!

さて、世界中で期待される「ダイ・ハード」シリーズ最新作のサブタイトルがアメリカ本国の原題で「McClane(マクレーン)」に決定したとのことです。
主役のジョン・マクレーンをこれまで以上に全面に押し出し、現在60代になった彼とまだ20代だったころの彼にフォーカスをあてた作品になるのだそう。
30年以上にわたって主演をつとめてきたブルース・ウィリスが6作目にしてどんな活躍を見せてくれるかという点に加え、若きマクレーンを演じるキャストはいったい誰なのかというところにも注目が集まっています!
映画の公開日などはまだ明らかになっていませんが、今のうちにこれまでのシリーズをおさらいしておきたいですね。

実際に視聴したユーザーの感想 ※ネタバレ注意

ド派手なアクションを余すところなくみせてくれる「ダイ・ハード」。

視聴した人はどのような感想を抱いたのでしょうか?

30代男性
ど派手なシーンが多くて観ていてあきない。テンポもよく面白い。

30代女性
[expand title=”ネタバレ注意” swaptitle=閉じる]アラン・リックマン演じるハンスが落下するシーンは、監督が事前に打ち合わせてたカウントよりも早く落とすことにより生まれたガチの表情。大好きな名悪役です。[/expand]

テンポの良さ・出演者の体当たりの演技など魅力に溢れる作品ですね!

ダイ・ハードをDailymotion、pandora、9tsuなどから違法ダウンロードすることは犯罪です

ダイ・ハードをデイリーモーション、パンドラ、9tsuなどの動画共有サービスに「違法アップロード(許可なくアップロードされた動画)された動画と知りつつダウンロードする行為」は違法です。

ダイ・ハードの動画をダウンロードせずに視聴しているだけでも、偽の広告から有害なサイトに誘いこまれ、ウィルスによる個人情報の流出やフィッシング詐欺の被害にあうリスクがあります。

Dailymotion、pandora、ホームシアター、 torrent、アニポ、kissanime、9tsu、GoGoAnimeなどは使わずにU-NEXTの利用をしましょう。
U-NEXTならば安全に動画をフルに楽しむことができ、スマホやタブレットで動画を安全に利用できます。

ダイ・ハードまとめ

今回はアメリカ発の大人気映画シリーズ「ダイ・ハード」をご紹介しました。
そのタイトルにふさわしい不死身の主人公・マクレーンの活躍はぜひ実際に作品を観て確かめてみてくださいね!
本作を動画配信サービスで楽しみたいのであれば、現在全シリーズを定額見放題で視聴することができるU-NEXTがイチオシです。
無料利用期間もじゅうぶん設けられていますので、まずは気軽に利用してみてくださいね。
公開が迫る最新作を待つあいだに、これまでのストーリーをしっかり予習しておきましょう!

公開日1989年2月4日(日本)
キャスト監督:ジョン・マクティアナン
脚本:スティーヴン・E・デ・スーザ、ジェブ・スチュアート
主演:ブルース・ウィリス
原作:ロデリック・ソープ
上映時間131分
音楽マイケル・ケイメン
配給20世紀フォックス
制作国アメリカ合衆国
公式サイト(最新作)ダイ・ハード公式サイト(最新作)
原作ロデリック・ソープ「Nothing Lasts Forever(邦題:ダイ・ハード)」

気になる作品があったらシェアしよう!