電子書籍はなぜ高い?その疑問を徹底解明!電子書籍サイトもご紹介

電子書籍はなぜ高い?その疑問を徹底解明!電子書籍サイトもご紹介

「電子書籍、もっと安くならないの?」そう思う方もいるのではないでしょうか?

CMなどで見ることもありますが、実際に価格を見たら紙書籍とそんなに大差がなく、物によっては紙書籍よりも価格が高い・・・そんなところもありますよね。

電子書籍は紙書籍とは違って、価格の内訳がイメージしづらいので、書いてある価格に納得しにくいでしょう。

このコラムでは、気になる電子書籍が高い理由と、たくさんある電子書籍ストアの中から、いくつかおすすめをご紹介します。

 



 

電子書籍ってどうして高いの?

芝生と本と電子書籍

電子書籍にかかる経費を説明する前に、まずは紙書籍の経費を紹介します。

紙書籍の経費は以下の通りです。

紙書籍を発行するのに必要な経費
  • 著者への印税
  • 製作過程の人件費
  • 書店などへの流通経費
  • 製作過程の製作費

紙に文字を印刷し製造して、本屋さんに届ける。といった流れが一般的です。

ほかにも編集、宣伝といった費用で人件費もかかります。

電子書籍でも「著者への印税」や「宣伝」などは基本的に同じです。

紙の書籍との大きな違いはデータを電子化することです。

データを電子化する過程で、その作業をほかの会社に頼む場合もあれば、電子書籍専門の部署を作る会社もあるようです。

いずれにしても、人件費がかかってしまうので、一概に紙が必要ないからといって安くなるわけではないです。

 

また、電子書籍の値段を安くしてしまうと紙書籍が売れなくなってしまうといわれています。

紙書籍が売れなくなってしまうと、たくさんの本屋さんが潰れてしまうことになるでしょう

紙書籍と電子書籍の値段のバランスを考えて、ほぼ同じ値段にしているようです。

しかし、なるべく費用を抑えて本を読みたいですよね。

実は、電子書籍サイトは、手ごろに安く読むことができるようにさまざまな工夫を凝らしています

次の章で紹介します。

 

ポイントやセールを狙ってお得に買おう

電子書籍サイトをお得に利用するには、購入時に付与されるポイントを活用して次回もっとお得に購入したり、毎日日替わりで電子書籍を格安で購入でできるサイトもあります。

TSUTAYAからの出資を受けているBookLive!では、Tポイントを貯めることも、使うこともできます。

新規登録でお得な割引がされるサイトもあるので、まずはいろんな電子書籍ストアを見比べてから登録するのがいいかもしれませんね。

 



 

おすすめ電子書籍ストア

洋書と電子書籍

電子書籍を利用するメリットとして、本という紙媒体がいらなくなるというのがあります。

とくに何十巻もある漫画は、本棚の大きな割合を占めてしまいます。

頻繁に読み返すならまだいいのですが、一回読んだきりで本棚にしまいっぱなしにして、気づいたときに古本屋さんに売りに行くのも面倒ですよね。

かといって漫画喫茶に行くのもなあ・・・という方に電子書籍はおすすめです。

電子書籍はそういう手間はなく、本はいらないけども一回だけ読んでみたい漫画や本をレンタルしたり、お気に入りのシリーズを全巻携帯の中に入れておいて、暇な移動時間などに読むことができます。

ここからは、おすすめの電子書籍サイトをいくつかご紹介していきます。

 

ebookJapan

ヤフージャパングループが運営しているので安心に利用できる電子書籍サイトです。

漫画、雑誌を中心に約50万冊以上が配信されています。

無料のコンテンツが比較的に充実しており、電子書籍の中でも安く漫画を読みたいという方におすすめです。

支払いも、クレジットカード、携帯電話決済や、電子マネーなど、支払い方法が充実しています。

Renta!

日本で一番早く電子書籍サービスを始めた会社の運営する、CMでもおなじみの電子書籍サイトです。

電子書籍サイトでは珍しいレンタル形式の料金設定があります。

あくまでもレンタルする価格なので、いろんな種類の漫画が100円からお手持ちの端末ですぐ読めるのが売りです。

48時間レンタルと、無制限レンタルの種類があります。

雑誌、レーベルから検索することができるので、昔読んだ漫画の名前が思い出せない!という方も、掲載の雑誌から探すことができます。

Renta!は、購入金額によって会員ランクが上がり、それに応じてポイントの還元率がアップしていくシステムになっています。

会員ランクによってお得な購入方法や、特典があります。

利用するほど待遇がよくなっていきますよ。

BookLive!

Tポイントで知られるTSUTAYAや東芝、三井物産などの有名企業からの出資を受けている信頼性のある電子書籍サイトです。

漫画からビジネス書まで、幅広いジャンルの書籍を現在75万冊以上配信しています。

こちらも無料のコンテンツがあり、漫画だけではなく他のジャンルの書籍まで無料コンテンツに含まれています。

サイトも洗練されたデザインで、とても見やすいです

実用書の品ぞろえも充実しており、ビジネス書から趣味に至るまで、オールジャンルの電子書籍を販売しています。

決済方法も、ほかにはないTポイント決済から、クレジットカード、携帯電話決済、電子マネーまで、充実しています。

 



 

まとめ

このコラムでは、電子書籍の価格の仕組みや、おすすめの電子書籍ストアをご紹介していきました。

各ストアによって割引システムやサービスが多種多様なので、いろいろ見てみるといいかもしれません。

ほぼすべての電子書籍ストアでは試し読みのサービスがあるので、実際に少し読んでみて、操作性などで選ぶのもひとつの手です。

電子書籍に抵抗のある方も、これを機にチャレンジして、素敵な読書ライフを楽しんで下さい。

気になる作品があったらシェアしよう!