映画『GANTZ:O』無料動画!フル視聴できる方法を調査!おすすめ動画配信サービスは?

映画『GANTZ:O』無料動画!フル視聴できる方法を調査!おすすめ動画配信サービスは?
提供元:FOD

原作コミックスの累計発行部数が2,000万部を突破し、テレビアニメ実写映画などさまざまなメディアミックスが展開している大人気作品「GANTZ(ガンツ)」
2016年には最新鋭のCG技術を用いた新たなアニメ映画として、「GANTZ:O(ガンツ:オー)」のタイトルで劇場公開されました。
「GANTZ:O」は原作でも人気の高いエピソード「大阪編」を全編3DCGで映像化し、注目を集めた作品です。
映画は公開から2年以上が経ってしまいましたが、現在もさまざまな動画配信サービスで視聴することができます。
ですが、「せっかくなら無料で観たい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回は映画「GANTZ:O」がおトクに視聴できるおすすめの動画配信サービスをピックアップしてみました!
「GANTZ」の世界観や主要な登場人物も合わせてご紹介しますので、最後までぜひご覧ください。

GANTZ:Oの動画を無料で観られる

おすすめ動画配信サービスはコレ!

※紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サービスにてご確認ください。

GANTZ:Oを無料で観るには?
無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

動画配信サービス(VOD)には無料お試し期間(2週間~31日間)がありますので無料期間を利用してじっくりサービスの使い勝手を試しましょう!

また、退会はサイト内の簡単な手続きで完結します、違約金が発生することはありません。

人気動画を安全・快適に楽しむには、VODの無料期間をうまく利用するのがおすすめです!

動画:『GANTZ:O』本予告

GANTZ:Oが観られる動画配信サービスまとめ

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
FODプレミアム8882週間

GANTZ:Oを観ることができるのはFODプレミアム

GANTZ:OはFODプレミアムで観ることができます。
ここからはFODプレミアムついてご説明します!

FODプレミアムは最大1,300ポイントもらえる!フジテレビ特化動画配信サービス

FODプレミアムはフジテレビの動画配信サービスです。
フジテレビの動画配信サービスなので、フジテレビ系列のドラマやアニメに強いんです。
過去の名作から現在放送中のドラマやアニメの見逃し放送までそろっています。

気になる月額料金ですが、FODプレミアムは月額888円(税抜)で利用でき、月々最大で1,300ポイントもらえます。
月額料金よりも412円分お得に使える動画配信サービスなんですね!

さらに!書籍を読めるサービスもあります。
もらったポイントを利用できるのはもちろん、100冊以上の雑誌の読み放題サービスもあります。

最新ドラマから雑誌までトレンドに敏感な方は入ってみてはいかがでしょうか?

無料のお試し期間2週間もあるので、フジテレビ好きやフジテレビのドラマやアニメが観たい方は入っておきましょう!

FODプレミアムをまとめるとこんな感じです。


フジテレビ特化の動画配信サービス
月額888円(税抜)で利用でき、毎月最大1,300ポイントもらえる
書籍サービスがあり、雑誌は読み放題サービスもある
無料のお試し期間が2週間ある

FODプレミアムを無料で使いこなす方法!無料登録・解約方法もキャプチャで解説

FODプレミアムを無料で使いこなす方法!無料登録・解約方法もキャプチャで解説

そもそも「GANTZ」とは?

ガンツ漫画

(引用元:ebookjapan)

「GANTZ」は「週刊ヤングジャンプ」で2000年から2013年にかけて連載されていた、奥浩哉氏によるSFバトルアクション漫画です。
世界各地に存在する謎の黒い球体・ガンツに呼び出された死者たちが現実世界に戻るためのミッションとして、謎の宇宙生物たちとの戦いに巻き込まれていく物語となっています。
これらの宇宙生物は星人(せいじん)と呼ばれ、ミッション参加者たちに容赦なく襲い掛かります。
星人たちの見た目や生態はさまざまですが、中には人語を理解して人間と会話ができる星人もいるようです。
星人を倒すことでミッション参加者に点数が加算され、累計で100点を獲得した者は得点と引き換えに「記憶を消されてミッションから開放される」「新たに強力な武器を手に入れる」「任意の人間を再生する」のいずれかを叶えることができます。
しかし、生と死が複雑に絡み合う世界観のなかで主要なキャラクターが戦闘中に死亡してしまうことも少なくないため、常に緊張感が絶えません。
また、物語のカギを握る存在であるガンツの謎を解き明かすことも物語の目的のひとつです。
ガンツは主人公たちが暮らす東京だけでなく世界各国に存在し、死者を呼び集めて生み出した死者のコピー体にミッションを与えます。
ガンツは言語能力を有さないため球体面に表示される「ガンツ文字」と呼ばれる不思議な文字で周囲に指示を出しますが、ミッション参加者にあだ名をつけるなど、意志をもっていることは明らかなようです。
球体の中には生命維持装置のようなものに身体を繋がれた人間が囚われており、非常に謎が深い存在です。
「GANTZ」はこうした複雑かつ興味をひかれる作品設定で話題を集め、アニメや実写映画、舞台などさまざまなメディアミックスが展開しました。

人気の高い「大阪編」を最新CGで映像化!ストーリーは?

「GANTZ:O」は、原作でも人気の高いエピソードである「大阪編」を全編CGで制作した作品となっています。
最新鋭の技術によって描き出された映像は非常に緻密で、「実写よりも凄い」と評価した人も少なくないようです。
また、原作では大阪編以前に主人公の玄野が死亡しているため、「GANTZ:O」は彼の親友である加藤の視点から描かれています。
それでは、いよいよ物語のあらすじを見ていきましょう!

GANTZ:Oあらすじ

今作の主人公・加藤勝(かとうまさる)は、弟の誕生日ケーキを買った帰り道で通り魔に刺されて死亡してしまいます。
しかし、死んだはずの加藤は見知らぬ部屋で目を覚ましました。
部屋には自分以外にも複数の男女がおり、中央には謎の黒い球体が鎮座しています。
部屋にいた人々からの情報で黒い球体がガンツというものであることがわかると、その表面に「ぬらりひょんを倒せ」と不思議な文字が浮かび上がりました。
状況が呑み込めない加藤でしたが、部屋にいた若い女性と中年の男性に促されるまま黒いスーツに身を包むと大阪の街へと飛び出します。
しかし大阪はすでに壊滅状態で、黒いスーツに身をまとった人間たちが星人と激しい攻防戦を繰り広げていました。
ミッションよりも一般人の身の安全を優先する加藤に対して、それを見ていた大阪チームの一員・山咲杏(やまさきあんず)は驚くと同時に興味を抱きます。
紆余曲折の末、大阪チームと共闘することになった加藤たち。
果たして彼らはぬらりひょんを打ち倒し、これまでの日常生活を取り戻すことはできるのでしょうか・・?

主要キャストや映像美にも注目!

「GANTZ:O」には原作でも登場した人気キャラクターが多数登場しますが、今回は物語の主軸となる人物をピックアップしてご紹介したいと思います!

加藤勝(かとうまさる)声:小野大輔

加藤は本作の主人公として描かれている人物で、原作でも玄野と並ぶもう一人の主人公として活躍しています。
長身でヤンキーのような威圧感のある見た目をしていますが、正義感が強く心優しい性格です。
本作では帰り道で通り魔に刺されたことで死亡し、状況理解が追い付かないままミッションに参加することになります。

玄野計(くろのけい)声:梶裕貴

玄野は「GANTZ」の主人公にあたる人物ですが、大阪編直前に死亡しています。
東京ではミッション参加者たちのリーダーとして活躍していた彼を失ったことにより、悲しみに沈んでいるメンバーも多いようです。

下平玲花(しもひられいか)声:早見沙織

レイカは人気のグラビアアイドルで、以前から東京チームの一員としてミッションに参加していました。
玄野に想いを寄せていた彼女ですが、彼の死を乗り越え大阪でのミッションに挑みます。
生前もマルチな才能を発揮していたためか、星人とも果敢に戦い得点を稼ぎながら生き延びています。

山咲杏(やまさきあんず)声:M・A・O

杏は大阪チームの一員としてミッションに参加している20代前半のシングルマザーです。
当初は加藤を見下して「ギゼンシャ星人」とののしっていましたが、誠実な彼の姿に次第に惹かれていきます。
生前は子育てをしながら漫画家として活動をしていたようです。

「GANTZ:O」にはその他にも個性豊かなキャラクターが多数登場しており、中にはあの有名人が声をあてている人物もいるようです!
気になった方はぜひ、ご自身の目と耳で確かめてみてくださいね。
「GANTZ:O」の見どころは、やはり全編3DCGで制作された圧巻のアニメーションでしょう。
髪の毛の一本一本までが緻密に描画されており、息を吞むほど美しい映像でストーリーが展開します。
まるで本物の人間が演じているかのような、とにかくリアルな映像にご注目ください!
また、「GANTZ:O」は2時間にも満たない劇場版ということで原作の大阪編とは異なる設定が含まれていることも注目のポイントです。
しかし、原作ファンも納得の改変で、ひと味違うストーリーを楽しめるのが嬉しいですね!

「GANTZ:O」を視聴したユーザーの感想

GANTZファン待望の映画作品「GANTZ:O」ですが、視聴したユーザーはどのような感想を抱いたのでしょうか?
ここではユーザーから頂いた感想を紹介します!

30代男性
映像がリアルで迫力があった!
20代男性
アニメ版・実写版共に大阪編に入ることなくオリジナルストーリーで締めたため、大阪編の映像化は今回が初めて。全編フルCGで描かれる内容は原作の雰囲気そのもの。

ファンの方々は「大阪編」の初めての映像化に期待をもって観ることができる作品のようですね!
3DCGで描かれる映像の迫力と美しさは原作を忠実に表現できているので、原作が好きな方にも納得できる作品ということは間違いないです。

GANTZ:OをDailymotion、pandora、9tsuなどから違法ダウンロードすることは犯罪です

GANTZ:Oをデイリーモーション、パンドラ、9tsuなどの動画共有サービスに「違法アップロード(許可なくアップロードされた動画)された動画と知りつつダウンロードする行為」は違法です。

GANTZ:Oの動画をダウンロードせずに視聴しているだけでも、偽の広告から有害なサイトに誘いこまれ、ウィルスによる個人情報の流出やフィッシング詐欺の被害にあうリスクがあります。

Dailymotion、pandora、ホームシアター、 torrent、アニポ、kissanime、9tsu、GoGoAnimeなどは使わずに動画配信サービス(VOD)の利用をしましょう。
動画配信サービス(VOD)ならば安全に動画をフルに楽しむことができ、スマホやタブレットで動画を安全に利用できます。

GANTZ:Oまとめ

今回は大人気漫画「GANTZ」を原作としたアニメーション映画、「GANTZ:O」をご紹介しました。
原作では長期にわたって連載されていた大阪編ですが、今回は劇場版として見どころがギュッと凝縮されています。

主要なキャラクターはもちろん原作でおなじみの人物も多数登場するため、見逃せない作品となっています!
3DCGアニメーションでイキイキと活躍する加藤たちにもご注目ください!

「GANTZ:O」が視聴できる動画配信サービスとして、今回は「ビデオパス」をご紹介させていただきました。
ポイントシステムを活用しておトクに映像作品を楽しめる動画配信サービスですので、これを機にぜひ利用してみてくださいね!

公開日2016年10月14日
キャスト総監督:さとうけいいち
監督:河村泰
脚本:黒岩勉
主演:小野大輔
音楽:池瀬広
原作:奥浩哉
上映時間96分
主題歌ドレスコーズ「人間ビデオ」
配給東宝映像事業部
制作国日本
公式サイトGANTZ:O公式サイト
原作奥浩哉「GANTZ」(集英社ヤングジャンプ・コミックス)

気になる作品があったらシェアしよう!

カテゴリー