期待のデスゲーム系漫画!「地上100階」の内容と無料で読める方法まとめ

近年デスゲーム系というジャンルの映画や漫画が流行っています。

デスゲーム系とは「理不尽なゲームや命がけのゲームに挑戦する」というジャンルのものです。

そんなデスゲーム系の中でも、宝島社が発行する雑誌「このマンガがすごい!WEB」の「モラル崩壊の脱出不可能マンガ」でランキング第1位を獲得した「地上100階」を今日はご紹介します。

どんなあらすじなのか、どんなキャラクターが登場するか詳しく見ていきましょう。

 
 



 

国営ギャンブルに挑む若者たちの物語

ルーレット

気になる地上100階のあらすじから見ていきましょう。

近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブル「バベルダンジョン」

1フロアあたりの東京都千代田区ほどの広さがある巨大なダンジョン100階を攻略すれば、100億円がもらえるというもの…。

参加者は約20人の男女。

自らの生死が賭けの対象となったチャレンジャーたちは生きてバベルダンジョンから脱出することができるのか?!

というものです。

あらすじからもわかる通り、ハラハラドキドキの漫画で、その中でも近年流行している「デスゲーム系」と呼ばれる「命を懸けてゲームに参加することが主なテーマの漫画」になります。

次は、気になるキャラクターについて何人か紹介していきましょう。

20名のキャラクター紹介

人々

漫画で気になるのは魅力的なキャラクターですよね。

地上100階ではチャレンジャーと呼ばれるゲームの参加者が20名のキャラクターが登場します。

とはいえ、全員を紹介してしまうとネタバレになって読む楽しみが減ってしまうのでLINEまんがで試し読みができる第1話のキャラクターを中心にお伝えしますね

記憶喪失の主人公 黒海樹

目が覚めると国営ギャンブル「バベルダンジョン」の参加が決定していた男子高校生です。

バベルダンジョンの参加者はみな自分の意志でゲームに参加しているのですが、黒海 樹には参加を表明した記憶がありません。

それどころか後述する同級生のことまで忘れているようです。

記憶は失っていても、目の前で苦しんでいる人がいたら危険を顧みずに助けようとする心優しい少年のようです。

主人公の知り合い以上の関係…かも? 小石絹代

黒海 樹が偶然バベルダンジョンの中で出会った女子高生です。

しかし、以前から知り合いだったらしく黒海 樹とバベルダンジョンの中で再会できたことを喜んでいます

ただ、前述の通り黒海 樹には記憶がありません。

ぼんやりと「同じ高校の同級生ではないか?」と尋ねると「私と樹は知り合い以上…」という意味深な言葉を投げかけます。

と、ここまでが第1話で活躍したキャラクター達です。

今後、チャレンジャーたちがどう活躍するか目が離せませんね。

 
 



 

LINEまんがにて15話まで読める

寝転ぶ女性

さて、地上100階ですが、実はLINEまんがで配信されている漫画なんです。

そのため書籍で1~2巻を買うこともできますが、LINEまんがで楽しむことができるんです。

LINEまんがとは通信アプリライン上で気軽に読むことができる電子コミックサービスです。

LINEまんがのアプリがなくてもある程度読むことができますが、LINEまんがのアプリをダウンロードすれば無料公開期間が終了した作品もLINE内のコインで読むことができます。

2018年12月現在では地上100階は、34話までLINEまんがのアプリで配信されています。

注意しておきたいのが、無料の公開期間があるところです。

なので、「そのうち読もう」とほうっておくと新しい話はドンドン読めますが、過去の話が読めなくなっていってしまうんです。

地上100階に限らず、気になる作品は早めに読んでおきましょうね。

LINEまんがはこちら

 

「地上100階」のネット上での評判

パソコン タブレット

ではネット上のコメントをいくつかまとめてみました。

「デスゲームモノとしてはよくある設定だが、作画がそこそこ良い。独自性を出せるかこれから」

「先が気になる作品です」

「私は結構好きです。面白いです。最初の進行はゆっくりだけど絵はキレイだし、今後面白くなっていきます」

「ミステリー・ホラーホラー、アクションマンガ好きにはおすすめです!」

「話がエロイ、展開はゆっくりなのでサクサク読みたい人には不向きかも」

などいくつかあげられます。

読んでみるとお色気要素やセクシーなシーンが多いので好きときらいがはっきり分かれる作品ですね。

他人の評価も気になりますが、まずは自分で読んでみるのがよいかと思われます。

幸い、地上100階は無料で読むことができるLINEまんがなので、自分で評価を付けてみましょう。
 



 

まとめ

脱出系デスゲーム「地上100階」について書いていきましたが、地上100階はLINEまんがで無料で読むことができます。

評価については賛否両論を別れる作品なので「まずは自分で読んでみる!」ほうがよいかもしれませんね。

ただし、お色気要素やグロテスク描写が多いミステリー・ホラー作品なので苦手な人におすすめできません…。なので閲覧する時もスマホから見えるからと言って公の場では見ない方がいいかもしれないですね。

近年デスゲーム系が流行し、ドラマや実写映画などにもなり今なおブームは続いています。

その中でも「このマンガがすごい!WEB」の「モラル崩壊の脱出不可能マンガ」なので、デスゲーム系が好きな人は一度読んでみてはいかがでしょうか?

気になる作品があったらシェアしよう!