【広瀬すず】が堪能できる映画は?投票ランキングの1位はやっぱりあの作品。

【広瀬すず】が堪能できる映画は?投票ランキングの1位はやっぱりあの作品。
OriginalImage

数々の映画で主演を務め、賞を総なめにするもっとも勢いのある若手女優・広瀬すずさん。
「海街diary」でいきなりメインキャストを務め、カンヌ映画祭にも出席。
今もなお勢いの衰えない、圧倒的な演技力の高さが魅力です。

そんな広瀬すずさんの人気作品を、ファン100人にアンケート調査!最も人気の作品は!?
まずは広瀬すずさんが出演する映画の人気投票ランキングをご覧ください。

順位映画タイトル得票数配信
1ちはやふる
綾瀬 千早役
41票
2チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
友永ひかり役
20票
3海街diary
浅野すず役
17
4SUNNY 強い気持ち・強い愛
阿部奈美(女子高生時代)役
6票
5一度死んでみた
野畑七瀬役
5票
6四月は君の嘘
宮園かをり役
3
6怒り
小宮山 泉役
3票
6三度目の殺人
山中咲江役
3票
9ラストレター
遠野鮎美役
1
9ラプラスの魔女
羽原 円華役
1

※表は横にスクロールします

【オススメ1位】ちはやふる(綾瀬 千早役)

オススメ映画第1位は、2位と2倍以上の差を開けて「ちはやふる(綾瀬 千早役)」でした!

ちはやふる レビュー・感想

40代・女性
ちはやふるで広瀬すずさんを知りました。目が綺麗で演技も結構上手で、なんて可愛い子が出てきたんだろうと思いました。ひとつに結んだ髪型も真剣な表情も素敵でした。
30代・女性
競技かるたのルールが分からなくても、映画を観るうちに理解していけるし、奥の深い競技なんだと感じることが出来ました。また、友情や恋愛なども絡んでいて、ストーリー展開も早くて面白いからです。広瀬すずさんに千早がピッタリで素敵でした。
30代・女性
役にぴったりはまっていて特に目力の強さが原作通りでした。普段のかわいいところと真剣な表情のギャップはすずちゃんしか演じられません。
40代・男性
広瀬すずさんは原作の主人公・ちはやのイメージとはちょっと違うなと思っていたのですが、これはこれで意外とハマっていました。話の構成や演出も良く、熱い青春時代に返りたい方にオススメです。
40代・女性
広瀬すずさんの代表作といっても良いと思うぐらい好きです。真剣な顔、笑顔、真っすぐさ…彼女の持っている魅力がキラキラしていて眩しい作品です。

ちはやふるは、数ある広瀬すずさんの代表作の中でも群を抜いた人気作のひとつ。
原作漫画の人気も抜群で、知名度も高くさまざまな世代に愛されている作品です。
和装が似合っているというレビューも多くあり、原作ファンも文句なしのキャラクターとのマッチ度が絶賛されています。

ちはやふるが視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間
Hulu93314日間

【オススメ2位】チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~(友永ひかり役)

2位は、福井に実在する高校を描いた「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」でした。

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ レビュー・感想

(20代・女性
実話をもとに作られていることもあり、共感できるところがたくさんあると感じた作品だからです。
チームメイト全員で支えあいながら成長していく姿は、自分自身の学生時代の部活動を思い出させてくれました。
厳しい指導も学生からすると反発したくなるけど、今この年齢だからこそ理解できる指導者の気持ちなど、いろんな視点で感情移入でき、とても感動できる作品だったからです。
30代・女性
ダンスの大会のシーンは涙が出そうになるほど感動して、心躍るものがありました。ダンス中のすずちゃんの弾ける笑顔は最高でした。
40代・女性
チアダンス初心者から世界制覇するまで、ダンスのレベルがどんどん上がっていくところを上手に表現できていました。

実話をもとに制作された本作。
広瀬すずさんと同年代の若手女優陣も多数出演し、フレッシュな青春物語として絶賛されていますね。
チアダンスのユニフォームが似合っていてかわいい!というレビューもたくさんありました。

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~が視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間

【オススメ3位】海街diary(浅野 すず役)

3位は、広瀬すずの存在を世に知らしめた代表作「海街diary(浅野 すず役)」でした。

海街diary レビュー・感想

20代・女性
広瀬すずちゃんのまだ幼さ残る妹感が1番よく演技されていて、他名だたる女優さん達に負けない存在感のある女優さんだと感じた映画だったので選びました。
20代・女性
私の記憶では、海街diaryを観てすずちゃんを好きになったと思います。まだ若いのにこんなにも視聴者を引き込む演技をするんだと感動しました。もちろん妹感はあるのですが、家庭の事情などでの儚げな演技も素晴らしくてとても印象に残っています。
30代・女性
鎌倉の古風な日本の雰囲気を味わいながらストーリーが進むのですが、すずの瑞々しさ、初々しさ、そしてその中に隠された悲しみや寂しさが伝わり、素敵な心安らぐ音楽とあいまって、涙がポロリと出てくるような映画だからです。

海街diaryは、広瀬すずさんが初めて映画のメインキャストに抜擢されその実力を世に知らしめた作品。
綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さんという有名女優たちに引けを取らない圧巻の演技は観客を魅了し、数々の賞を受賞しました。

海街diaryが視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
FODプレミアム8882週間

【オススメ4位】SUNNY 強い気持ち・強い愛(阿部奈美(女子高生時代)役)

4位は、90年代の女子高生役を演じた「SUNNY 強い気持ち・強い愛(阿部奈美(女子高生時代)役)」でした。

SUNNY 強い気持ち・強い愛 レビュー・感想

30代・女性
作品自体も90年代のギャル文化のキラキラした雰囲気をしっかり表現していて面白かったし、広瀬すずさんもその世界観にしっかり溶け込んでいたから。
30代・女性
90年代を懐かしめる、青春映画になっていて、広瀬すずさんが演じる女子高生、奈美の素直で明るいキャラクターが好きです。チームSUNNYの皆を観ていると、仲間っていいなと思えるし、元気をもらえます!!
30代・女性
ルーズソックスなどコギャルと言われる人たちがとても目立っていた時代が懐かしく、また、友情の深さに感動しました。大人になってからの再会もちょっと笑えたり感動したりで面白かったです。広瀬すずさんの田舎から出てきたあか抜けないけどまっすぐで友達思いの役もとても好きでした。

篠原涼子さんの高校生時代を演じた本作。
90年代の女子高生という役柄に初挑戦した広瀬さんの、今までにないキャラクターにはファンも驚きだったようです。

SUNNY 強い気持ち・強い愛が視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
FODプレミアム8882週間

【オススメ5位】一度死んでみた(野畑 七瀬役)

5位は、パンクバンドのボーカリストを演じて、新境地を開いた「一度死んでみた(野畑 七瀬役)」でした。

一度死んでみた レビュー・感想

20代・女性
凄くファンキーな役で清純なイメージの広瀬すずちゃんの意外な顔が見られたからです。
20代・男性
これまで見ることのできなかった広瀬すずのコメディエンヌな一面を見られたため。
30代・男性
ファンキーな役でしたが何かはまっていて、どんな役でもできるんだなと改めて思わせてくれた作品だからです。

こちらも、広瀬すずさんが初めてパンクでファンキーなぶっ飛んだ女の子に挑戦した作品。
今回の選出作品の中ではもっとも新しい作品ですね。
吉沢亮さんや堤真一さんなどと演じたコミカルな役柄は、新境地といえるでしょう。

一度死んでみたが視聴できる動画配信サービス

現在不明

【オススメ6位】四月は君の嘘(宮園かをり役)

6位は天才ヴァイオリニスト役で初の演奏家に挑戦した「四月は君の嘘(宮園かをり役)」でした。

30代・男性
原作を読んだ事があり実写化するなら広瀬すずさんだなと思っていました。活発で可愛い女の子を見事に演じていたと思います。

大ヒットコミックを映画化した本作。
大人気の山﨑賢人さんや中川大志さん、石井杏奈さんなどと共演した青春物語です。
天才ヴァイオリニスト役として堂々たる演奏シーンを演じました。

四月は君の嘘が視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
FODプレミアム8882週間

【オススメ6位】怒り(小宮山 泉役)

同票6位は、李相日監督の「怒り(小宮山 泉役)」でした。

40代・女性
これからの女優としての道が見えるような役でした。若い時にこういった経験もなかなかできないと思ったから。

本作では、暗く悲しい現実を背負ってしまう少女を熱演。
難しく重い役柄でしたが、期待を裏切らない圧倒的な演技力で悲哀を表現していました。

怒りが視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間

【オススメ6位】三度目の殺人(山中 咲江役)

同じく6位には、是枝裕和監督と海街diary以来2度目のタッグを組んだ「三度目の殺人(山中 咲江役)」でした。

30代・女性
明るく活発で笑顔はじける広瀬すずさんですが、シリアスな演技もできると感じた作品です。また違った広瀬すずさんの静かな美しさを見られ、ファンにはたまらない映画でした。

シリアスな殺人事件をめぐる作品で、キーパーソンの少女を演じ切った本作。
役所広司さん、福山雅治さんなどそうそうたる面々の中でも全く引けを取らない演技はさまざまな世代に評価されました。

三度目の殺人が視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間

【オススメ9位】ラストレター(遠野 鮎美役)

9位には、岩井俊二監督・松たか子さん主演の「ラストレター(遠野 鮎美役)」でした。

30代・男性
広瀬すずさんといえばこれまで子供や少女の役などを多く演じてきていましたが、この作品では年下の少女に対する姉としての役割を演じており、大人への成長を感じさせます。

岩井俊二監督の最新作に、物語の鍵を握るメインキャストのひとりとして出演。

ラストレターが視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間

【オススメ9位】ラプラスの魔女(羽原 円華役)

同じく9位は、嵐の櫻井翔さん主演の「ラプラスの魔女(羽原 円華役)」でした。

30代・女性
青春テーマに出演されることが多い中、ミステリー系でもものすごく良い雰囲気を出していて、良い意味でぞくっとしました。

東野圭吾原作の本格派ミステリーである本作。
特殊能力を持った怪しい少女役として、鋭く力強い目の演技を豊富に見せていました。

ラプラスの魔女が視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
TSUTAYA TV933円 (動画見放題プラン)30日間

ランキングまとめ

「ちはやふる」「チア☆ダン」などの青春映画をはじめ、「三度目の殺人」「怒り」などシリアスな役柄まで幅広くランクインしました。

まさに、広瀬すずさんの役者としてのポテンシャルを表したランキングでしたね。

公開待機作に「いのちの停車場」、また映画だけではなく数々の話題のドラマにも出演する広瀬すずさん。

今回のランキングに入っていない作品も名作ぞろいなので、ぜひ合わせてチェックしてみてください!

【広瀬すず】が堪能できる映画を観るにはどの動画配信サービスがオススメ?

気になる作品がどこで配信されているかは、こちらを参考にしてください。

U-NEXTHuluFODプレミアムTSUTAYA TV
無料期間31日間14日間2週間30日間
お試し期間中の退会可能可能可能可能
ちはやふるレンタル
チア☆ダンレンタル
海街diaryレンタル
SUNNYレンタルレンタル
一度死んでみた
四月は君の嘘レンタルレンタル
怒りレンタルレンタル
三度目の殺人レンタルレンタル
ラストレターレンタルレンタルレンタルレンタル
ラプラスの魔女宅配レンタル

※○は見放題、表は横にスクロールします

広瀬すずさんが出演する映画ランキング作品紹介

この章では、ランキングで紹介した映画の情報をご紹介します。

ちはやふる

末次由紀原作の大人気コミックを実写化した、「ちはやふる」シリーズ。
「上の句」を皮切りに、「下の句」「結び」と3作に渡って制作されました。

百人一首を取り合う「競技かるた」がテーマの本作。
熱い青春物語は、世代を問わず愛されています。

ちはやふる-上の句-のあらすじ

高校1年生の綾瀬千早。
千早は、幼馴染の太一、新とともに競技かるたでいつも遊んでいたが、新と離れ離れになってしまう。
「新ともう1度会いたい」という強い信念のもと、千早は高校入学後「かるた部」を作る決意をする。
5人集まらないと部としては成立しないため、高校で再会した太一、古典が大好きで百人一首にもくわしい大江奏、競技かるた経験者の「肉まんくん」西田優征、学年2位の秀才「机くん」駒野勉を迎えかるた部を無事創部する。
毎日の努力の成果もあり、千早たちは全国大会の東京と予選で次々と勝ち進んでいく。
そして千早たちは、新と再会を果たし…。

ちはやふる-下の句-のあらすじ

幼馴染の千早・太一・新は、新の引っ越しにより離れ離れになってしまう。
しかし、新に会いたい一心で千早は太一とともに高校でかるた部を作り、新との再会を誓う。
初めての東京都予選で、千早たちは強豪の北央学園に勝利し、全国大会への出場を果たす。

全国大会の最中、千早は自分と同じ年でクイーンとして君臨する若宮詩暢の存在を知る。
若宮詩暢に勝つことができれば、新ともまたかるたが取れるかもしれない。
そんな思いが、千早を暴走させていく。

ちはやふる-結び-のあらすじ

初めての全国大会から2年。
千早たちのかるた部には新入部員が入り、より活気づいていた。
同じころ、新も自分の高校でかるた部を作り千早たちとまたかるたを取ることを夢見ていた。
しかし、初めての大会の予選を目前にして部長である太一が辞めてしまう。
動揺を隠せない千早とかるた部のメンバーたち。
かるた部はどんな結末を迎えるのか?

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

2009年にチアダンスの世界大会で優勝して以来、世界大会の常連となった福井県立福井商業高等学校のチアダンス部の実話を映画化した作品。

青春、友情を描いていますが、普通の青春映画では収まらない奇跡を描く感動作です。

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~のあらすじ

井県立福井中央高校に入学したばかりの友永ひかりは、好意を寄せている孝介がいるサッカー部を応援したいというだけの理由でチアダンス部に入部した。
しかし、チアダンス部の顧問である早乙女はとにかく厳しく、本気で全米制覇を狙っているスパルタ教師。

しかし練習をはじめてみると、ひかりはどんどんチアダンスの魅力にのめり込んでいく。
最初は素人以下だった部員たちはめきめきと成長していき、ぶつかりながらもなんとアメリカで行われる世界大会にまでたどり着いた。

のちに語り継がれる、世界を制したチアダンス部はどんな道のりを歩んだのか!

海街diary

吉田秋生原作のコミックを是枝裕和監督が熱望しメガホンをとった作品。
カンヌ国際映画祭にも正式出品されるなど世界で評価されています。

広瀬すずさんは映画で初のメインキャストを務め、自然さを出すため台本をもらわず一発本番で演じています。

海街diaryのあらすじ

鎌倉で暮らす香田3姉妹は、ある日両親をともに失った。
父親に捨てられ、母親は別の男と再婚し連絡が取れなくなっていたのである。

それからしばらく経ち、出て行ったきり会うこともなかった父が亡くなった。
そして、父の告別式で3姉妹は腹違いの妹・すずと出会う。

両親を失いながらもけなげに生きていたすずの姿を見た3姉妹は、すずに「一緒に暮らさない?」と提案する。
それぞれに抱える思いを身に染みて感じながら、4姉妹はおだやかな生活をはじめた。

しかし、音信不通だった母が突然現れおだやかな生活が徐々に乱れはじめた。

SUNNY 強い気持ち・強い愛

広瀬すずさんが篠原涼子さんの女子高生時代を演じた本作。
韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」をリメイクした作品で、90年代に流行したギャル文化やメインカルチャーをおもに描きます。

小沢健二や安室奈美恵など当時大流行した楽曲をふんだんに使用し、音楽も当時の音楽界を支えた小室哲哉さんが監修しています。

SUNNY 強い気持ち・強い愛のあらすじ

90年代、オザケンや安室ちゃん、ギャル文化が全盛期だった日本。
女子高生の奈美は仲良し6人組グループ「SUNNY」のメンバーと青春を謳歌していた。

20年の月日が経ち30代も後半となった奈美は、SUNNYのメンバー・芹香ががんに侵され余命1ヶ月であることを知る。

芹香の最後の願いは、「もう一度SUNNYで集まりたい」というもの。

ある事件のせいで疎遠になっていたSUNNYだったが、奈美は芹香のためバラバラになっているメンバーを探し始めた。

一度死んでみた

広瀬すずさんが髪をピンクに染め、デスメタル女子という初めての役柄に挑戦した本作。
堤真一さんや吉沢亮さんなど人気キャストとともに、はちゃめちゃで感動する愛の物語を描きます。

一度死んでみたのあらすじ

女子大生の野畑七瀬は、父親の計が大嫌いでいまだに反抗期を引きずる厄介な少女。
売れないデスメタルバンドのボーカルをしながらヤンチャに生きる七瀬は、ライブで父親に向けて「一度死んでくれ!」と叫ぶことがお決まりだった。

しかし、父親の計がなんと本当に死んでしまった…!
と思いきや、計は自身の勤める製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態となってしまったのだ。
さらに、計を本当に殺そうとするものまで現れる。

七瀬は、計の秘書・松岡とともに計を生き返らせるため立ち上がる!

四月は君の嘘

天才ピアニストとヴァイオリニストの2人が、秘密や嘘を持ちながらも惹かれ合っていくという物語。
広瀬すずさんは天才ヴァイオリニスト役を演じました。

四月は君の嘘のあらすじ

数々のコンクールで優勝してきたピアノの神童・有馬公生は母親の死のショックで、ピアノの音が聞こえなくなってしまう。
ピアノから離れ3年の月日が経ったある日、公生は同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと出会った。

奔放な演奏をするかをりの姿を見て、公生は次第に音楽の道に戻っていった。
そして、かをりに対して恋愛感情を抱くように…。

しかし、かをりは周囲に秘密にしていたがある難病に侵されていた…。

怒り

吉田修一原作の小説「怒り」が李相日監督により実写映画化。
シリアスな殺人事件を発端に、全く違う場所で起こる群像劇を巧みな表現で描きます。

広瀬すずさんは自身のキャリアでもっとも悲しいといっても過言ではない役柄を演じ、演技の幅をさらに広げています。

怒りのあらすじ

東京・八王子の民家で、夫婦が惨殺される事件が起こった。
犯人が分からないまま1年が過ぎたある日、房総、東京、沖縄にそれぞれ身元の分からない男3人が現れる。
3人はそれぞれの場所で出会った人と関わり、親交を深めていた。

そんなある日、警察は容疑者が整形手術を受けた事実をつかみ、整形後のモンタージュ写真を公開。
その写真はどことなく、3人の男たちにそれぞれ似ていた。

男たちの周囲にいる人物たちは、次第に不信感を深めていく。
3人のうちの誰かが、殺人犯なのか…?

三度目の殺人

是枝裕和監督が福山雅治さんや広瀬すずさんなどと再タッグを組んだ実力作。
広瀬すずさんはシリアスな役柄を演じ、熟年層からも高い評価を得た作品です。

三度目の殺人のあらすじ

工場勤めの男・三隅高司が、解雇されたことをきっかけに工場の社長を殺害した容疑で起訴された。
三隅には殺人の前科もあり、本人も犯行を認めていた。

死刑は逃れられないという状況の中、担当弁護士の重盛は無期懲役を目指して事件を洗う。
しかし、なぜか三隅は供述を二転三転させ、動機も曖昧になっていった。

また、被害者の娘・咲江と三隅の接点も明らかとなる。
隠された真相とあぶり出される秘密。
そして、事件は驚愕の結末を迎える。

ラストレター

岩井俊二原作・監督最新作で、広瀬すずさんは松たか子さんや福山雅治さんなどと共演。
申し分のない名作です。

ラストレターのあらすじ

裕里は、夫と2人の子供を育てる43歳の主婦。
ある日、裕里の姉の未咲が亡くなった。
葬儀の日、裕里は未咲の娘の鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と未咲から鮎美宛てに書かれた手紙の話を聞く。

未咲の死を同級生に知らせるため、裕里は同窓会に向かった。
しかし、容姿が似ているため未咲と勘違いされてしまった裕里は、自身の初恋の相手である鏡史郎と再会する。
その日から、裕里は未咲のふりをして鏡史郎と文通を始めることに。

そしてこの文通が、未咲の死の真相や、それぞれの想いを動かしていくこととなる。

ラプラスの魔女

広瀬すずさんが特殊な能力を持った少女を演じた作品。
東野圭吾原作の大ヒット作を映画化し、豪華キャストの共演にも注目が集まりました。

ラプラスの魔女のあらすじ

ある温泉地で、映像プロデューサーの男が硫化水素中毒で亡くなった。
屋外での硫化水素中毒は意図的には難しいと、大学教授の青江修介は不幸な事故と判断する。

しかし数日後、全く別の場所で同じ硫化水素中毒の死亡事件が発生。
被害者同士は顔見知りであることが分かり、青江は殺人事件の可能性を考え始める。

そんな青江は、捜査中に「ラプラスの魔女」を名乗る少女・羽原円華と出会う。
彼女には、かの天才学者ピエール=シモン・ラプラスが提唱した「ラプラスの悪魔」のような予知能力が備わっていた。
事件の真相、そして円華の正体はなんなのか…。

広瀬すずさんのプロフィール

最後に広瀬すずさんのプロフィールも確認しましょう!

名前広瀬すず
誕生日1998年6月19日(22歳)
身長159㎝
血液型AB型
出身静岡県
職業女優・ファッションモデル
活動内容映画、ドラマ、CMなど
事務所フォスタープラス
主演映画海街diary
ちはやふる
四月は君の嘘
チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
一度死んでみた
所属事務所
公式プロフィール
所属事務所、公式プロフィール
広瀬すず公式Twitter広瀬すず公式Twitter

広瀬すずさんの受賞歴

2015年第68回カンヌ国際映画祭 コンペティション出品『海街diary』
第7回TAMA映画賞 最優秀作品賞&最優秀新進女優賞 受賞『海街diary』『バケモノの子』
第28回東京国際映画祭 ARIGATO賞『海街diary』
第39回山路ふみ子映画賞 新人女優賞『海街diary』
第40回報知映画賞 新人賞『海街diary』
第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 新人賞『海街diary』
第20回日本インターネット映画大賞 ニューフェイスブレイク賞、ベストインパクト賞『海街diary』
VOGUE JAPAN Women of the Year 2015
Yahoo!検索大賞2015 女優部門
2016年第37回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞『海街diary』
第89回キネマ旬報ベスト・テン 新人女優賞『海街diary』
第25回東京スポーツ映画大賞 新人賞『海街diary』
第13回シネマ夢倶楽部 推薦委員特別賞『海街diary』
第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞『海街diary』
第20回豊川国際ファンタスティック映画祭公式上映『ちはやふる』
2017年第40回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞、優秀助演女優賞『ちはやふる-上の句-』『怒り』
第41回エランドール賞 新人賞
第74回ベネチア国際映画祭 コンペティション出品『三度目の殺人』
2018年第41回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞『三度目の殺人』
第27回東京スポーツ映画大賞 助演女優賞『三度目の殺人』
2019年第54回紀伊国屋演劇賞 個人賞『Q:A Night At The Kabuki』
VoCE『2019年最も美しい顔』
2020年第28回橋田賞 新人賞『なつぞら』