ヒルのマンガはどんなところが面白い?あらすじと評判を紹介します!

ヒル アイキャッチ

ヒルというマンガは、社会の裏側で生きていくことになった少女を描いた作品です。

この作品では、現実にもあり得るようなストーリーとなっているため、自分に当てはめながら読んでいくという楽しみ方もできる内容です。

では、冒頭の詳しいストーリーや、ネットでの評判はどのようなものとなっているのでしょうか。
さっそく見ていきましょう。

 

「ヒル」がお得で便利な電子書籍で読めるサイトはこちらから↓




社会的に存在を消された主人公

ヒル(引用元:ebook japan『ヒル』第1巻

ヒルはマンガのジャンルとしてはヒューマンドラマです。
物語は、主人公が社会的な死を迎え、ヒルという存在を知った直後から、本格的な展開を見せていきます。

あらすじ

学生の佐倉葉子(通称ハコ)は父との仲が悪く、ある日家を飛び出してしまう。
向かう先を東京に住む彼氏の家に決め、夜間バスの予約を取った。

しかし、ハコはその夜間バスにサービスエリアで乗り遅れてしまう。
その後なんとかして、ハコは彼氏の家にまでたどり着く。

彼氏の家で待っていたのは、残酷な現実だった。
ハコの彼氏は浮気をしていて、その時まさに浮気相手の女の子と部屋で一緒にいる最中であった。

ベットの下で失意の底にまで沈められている気分でいるハコは、彼らがいなくなる時をじっと待つほかなかった。

彼たちがいなくなると、ハコは部屋にあるテレビをつけ、放映しているニュースで自分が乗り遅れたバスが事故を起こし、炎上により乗客していた人間は全員死亡したとの情報を得る。

これにより、予約していたバスの名簿に載っていたハコは、社会的に死を迎えたこととなったのだ。

父のいる実家に帰ることはできないし、頼みの綱だった彼氏にも裏切られた。

ハコは、自分はどこにいても存在を認められない人間だと認識する。

そんななか、彼氏の浮気相手である女の子はここにいるのだから、彼女の部屋は今、誰もいないのではないかという考えに及ぶ。

隙を見計らって浮気相手の鍵を拝借し、複製を作ったハコは留守だった浮気相手の家に忍び込む。

留守だという事実をいいことに、その家のなかの備品や消耗品を使って少しの間生活していこうと思いつく。

このようにして留守の家を渡り歩く生活を続けてから約2か月が過ぎた。
ハコは自殺したはずのかつての同級生、月沼マコト(通称カラ)とあり得ない再会を果たす。

カラはハコと同じように、留守の家を渡り歩く生活をしていた。
ハコはカラから自分たちのような人間が「ヒル」と呼ばれていることを聞かされる。

ヒルにはさまざまなルールがあり、ハコはそれも併せて聞かされた。
その時すでに、知らず知らずのうちにヒルのルールを破っていたハコは、ヒル同士の争いに巻き込まれていくのだった。

完結から4年後、続編「ヒル・ツー」も!

上記のような内容となっているヒルというマンガですが、この作品には続編が存在しています。続編の舞台は前作完結から4年後の世界。

このシリーズはどのような関連性を持っているのかは判然としませんが、前作をすべて読んでしまったというかたにとっては、楽しめるであろう作品となっています。

ヒル・ツーのあらすじ

(引用元: ebookjapan『ヒル・ツー』第1巻

青年である主人公、四宮ユウキは将来のために勉学にバイトにと、日々励んでいた。
そんな境遇の中、ユウキは近くに住んでいる女の子を気に留めはじめる。

いつも暇そうにしている彼女は、何をすることもなく日々を過ごしていてどこか気になってしまったのだ。

ある日、暇そうにしている女の子に、屋外で服を掴まれるユウキ。
何事かと思い反応を示すユウキだが、すぐさま女の子は去っていく。

女の子の行動をいぶかしげに思いつつ、ユウキは自室へと向かった。
帰宅した直後、家のなかは異質な状況になっていることに気が付く。

見知らぬ男が腹部を刃物で刺された状態で倒れていたのだ。
この出来事を境に、ユウキは困窮に陥れられることとなる。

以上が、ヒル・ツーのあらすじです。

前作と違い、かなり物々しい冒頭部分となっています。
続編であるヒル・ツーは、今度は男の子が主人公です。

前作が女の子の主人公だったから感情移入しにくいと思っていたかたにとっては、ありがたいのではないでしょうか。


評判は?

ソファと机

ヒルはマンガとしては、現実の世界にかなり寄り添っている作品といえます。
作品のなかで取り上げられている出来事、登場人物の心理描写、人間同士の関係の交錯などは、どれも現実世界ではあり得なくないものとして作られているからです。

そのため、ネットなどの評判では「本当にヒルという存在がいそうで怖くなってくる」という意見が多いです。

ヒルという存在は、現実世界に寄り添っていると同時に、あなたの部屋にも寄り添っているかもしれませんね。

この作品にはアクション要素も含まれているようで、その部分も好評です。
「読み始めた時にはこのようなアクションがあるなんて思わなかった!」との口コミから、どんなアクションが描かれているか気になってしまいます。

あとは恋愛要素として、主人公のハコとその元同級生のカラとの関係を描写した場面が好評です。

カラはハコに惚れているようなそぶりを見せますが、その様子にいちいち惹かれてしまう、という口コミも多く存在しています。

「ヒル」はどこで読めばいい?

ヒルはマンガ単行本として出版されていますが、電子書籍として読むことも可能で、電子版では無料で試し読みもできます。

ここでは、ヒルが読める電子書籍サイトを紹介します。

  • ebook japan:株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍販売サイトです。
    無料で試し読みが可能です。
  • Renta!:株式会社パピレスが運営する、パソコンやスマホでの電子書籍レンタルサイトです。
    無料で試し読みもできます。
  • コミックシーモア:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社が運営する国内最大級の電子書籍ストアです。
    こちらも無料で試し読みが可能です。

上記のサイトから購入・または試し読みができますので、確認してみてはいかがでしょうか。


まとめ

 

ヒルというマンガは恋愛あり、アクションありのヒューマンドラマです。
読んでみればきっと、人のありようについて考えてしまう内容となっています。

ヒルが完結した舞台をもとにした続編ヒル・ツーもあり、こちらは少し毛色が違う展開が楽しめます。

主人公がヒルでない要素も、また前作と異なっていますね。

あなたも、読んでみればつい自室を確認したくなってしまう、ヒルを読んでみてはどうですか?

気になる作品があったらシェアしよう!