アニメ『宝石の国』無料動画まとめ!1話から最終回を見逃しフル視聴できるサイトは?

アニメ『宝石の国』無料動画まとめ!1話から最終回を見逃しフル視聴できるサイトは?
提供元:U-NEXT

「宝石の国」は、2017年にフルアニメーションCGでアニメ化された月刊アフタヌーンの連載作品です。
擬人化された宝石のキャラクターたちが織り成す、美しくもどこか儚い近未来の世界観が人気で海外での反響もとても大きく、世界中にファンを持つアニメです。
今回は、強くてもろくて美しい世界観が魅力のアニメ「宝石の国」の動画が観られる動画配信サービスを紹介していきます。

宝石の国の動画を無料で観られる

おすすめ動画配信サービスはコレ!

※紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サービスにてご確認ください。

※無料期間中いつでも解約できます

宝石の国を無料で観るには?
無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

動画配信サービス(VOD)には無料お試し期間(2週間~31日間)がありますので無料期間を利用してじっくりサービスの使い勝手を試しましょう!

また、退会はサイト内の簡単な手続きで完結します、違約金が発生することはありません。

人気動画を安全・快適に楽しむには、VODの無料期間をうまく利用するのがおすすめです!

宝石の国の予告、公式動画

宝石の国アニメ全話(1話~最終回)を視聴するなら動画配信サービスがおすすめ

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間
Amazonプライムビデオ4,900円 (年会費) 500円 (月額プラン)30日間
Hulu933
14日間
dアニメストア40031日間

宝石の国を観ることができるのはU-NEXT

宝石の国はU-NEXTで観ることができます。
U-NEXTついて概要をご説明します!

U-NEXTなら無料お試し期間中に600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる

例えばU-NEXTの場合、配信が始まったばかりのハリウッド映画は大体約500円~、ドラマは1話約300円~、アニメは1話約200円~なので入会したらすぐにポイントを使って最新作が楽しめます!
しかも!ポイントは動画以外にも使えるのでU-NEXTがおこなっている電子書籍サービスにも使えます。
値段は作品によって異なりますが、ジャンプのコミックス1冊は約400円、ライトノベルも安いものならば約400円のものもあるので気になる作品の原作が読めることも。
U-NEXTは本入会すると月額1,990円(税抜)で利用できる動画配信サービスです。
2,000円近くとちょっとお高い動画配信サービスではありますが、じつはお得に使える秘密があります。

それは毎月配布される1,200ポイントがあり、実質約800円で使えるからなんです!
無料お試し期間中にも600ポイントもらえるので忘れずに活用しましょう!

作品数は見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上と豊富なラインナップです。
最近ではDVDレンタルよりも早い配信もあるので、流行りの作品を早く、お得に観たい方にもおすすめです!

また、アカウントを最大4つまで分ける機能があるのでシェアして使うことも可能です。
アカウントは視聴履歴が分けられるので履歴が知られることもありません。
もちろん同時視聴もできるので、「誰かひとりが観ているので他の3人が視聴できない」ということもありません。

まずは、無料のお試し期間が31日間あるので使い心地を確かめてみるとよいでしょう! U-NEXTをまとめるとこんな感じです。

・毎月1,200ポイント、無料お試し期間中でも600ポイントもらえる
・配信作品が早く、配信作品が多い
・無料のお試し期間が31日間ある
・4つアカウントが作成でき、視聴履歴別、同時視聴OK
150人に聞きました|U-NEXTの評判・口コミを募集したらコスパが悪いと判明?デメリットとメリットも徹底解説

150人に聞きました|U-NEXTの評判・口コミを募集したらコスパが悪いと判明?デメリットとメリットも徹底解説

宝石たちが活躍するアニメ「宝石の国」

まずはあらすじや登場人物、この作品の世界観についてのお話です。

宝石の国あらすじ

にんげんが遠く古代の存在とされている遥か未来の世界、長い年月をかけ無機物は結晶となり「宝石の体を持つ人型の生命体」が産まれていた。
粉々になっても再生する不死のカラダを持つ宝石たちは、彼らをさらって装飾品にしようと襲いかかる「月人(つきじん)」たちと戦いながら、仲間同士で役割分担して日々の生活を過ごしていた。
指導者である「金剛先生」の指示のもとそれぞれに仕事をもって働く宝石たちの中に、他と比べてひときわもろく、そのくせ口だけは達者な最年少のおちこぼれがいた。
「フォスフォフィライト」通称「フォス」は月人と戦いたいと言うが、そのもろく壊れやすい特徴ゆえに戦闘には不向きで、300年間仕事をもらえずにいた。
しかしついに、金剛先生から「博物誌の作成」という仕事が与えられるが、本人は新しい仕事が気に入らない様子。
そんなある日、「フォス」はたったひとりで夜の見回りの仕事をしているという宝石「シンシャ」に出会う・・・。

宝石たちは粉々になっても破片を集めてくっつければ蘇るという、不死の身体を持っています。
もちろん食事の必要はなく、彼らが元気に動くのに必要なのは光だけ、という何ともエコな身体です。
そのため、光の少ない夜や雨の日などは活動がしにくく、人間と同じように休みます。

しかし「月人」たちもまた、昼間の晴れた日に現れるのです。
月人たちは、あらゆる装飾品や武器として彼らを加工し利用するため、空から現れては宝石たちをさらっていきます。
このようなファンタジーで神秘的な世界観からなる「宝石の国」には魅力的な設定が数多くあります。

なかでも登場するキャラクターたちはとても個性豊かに描かれています。
宝石たちはそれぞれ宝石(鉱物)の名前がそのままキャラクター名になっており、その特徴や性質などがキャラクターの設定に活かされているのです。

実在する宝石が擬人化

この世界の登場人物を紹介する前に物語中の大事な要素についてレクチャーしたいと思います。
それは、宝石にはその丈夫さを測る重要な2つの指標があるということです。

1つは「モース硬度」と呼ばれるもので、その名の通り宝石の硬さを表す指標です。
しかし、「硬さ」といっても「丈夫さ」を表すものではなく、 ひっかいたときなどに“どれほど傷がつきにくいか”を指すものです。
分かりやすいところでいえば、ダイヤモンドは硬度10です。
硬度の低身近なものでいえば、宝石ではありませんが人間の爪はだいたい硬度2くらいだといわれています。

次に、「靭性」です。
靭性は硬度とは反対に“どれくらい割れにくく、衝撃に強いか”という、宝石のしなやかさを示すものです。
靭性が低いほど一方向からの衝撃に対して弱いため、落としたときになどに割れやすいということになります。
ダイヤモンドは硬度10ですが靭性がそれほど高くなく、衝撃に対してはむしろダイヤモンドよりもルビーやサファイアのほうが強いのです。

なぜこの説明をしたかというと、「宝石の国」に登場する宝石たちもまた、この2つの指標の上に設定が成り立っているからなのです。
それでは、登場人物の紹介をしていきましょう!

フォスフォフィライト 声:黒沢ともよ

フォスフォフィライト

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度3半・靭性最下級。
この物語の主人公。
宝石の兄弟たちのなかでもトップクラスで壊れやすく、不器用で飽き性だが口だけは達者な典型的なおちこぼれである。
博物誌の作成という仕事を頼まれ渋々始めるが、その途中でさまざまな事件に巻き込まれていく。

シンシャ 声:小松未可子

シンシャ

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度2で、実はフォスよりもろい。
辰砂、別名賢者の石とも呼ばれる特殊な鉱物。
類まれな戦闘センスをもち、とても賢い。
しかし、身体から毒液が絶えずあふれる性質のため孤立し、皆から離れるため夜の見回りの仕事をしている。

ダイヤモンド 声:茅野愛衣

ダイヤモンド

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度10・靭性7.5
ダイヤモンド族としての優秀さや虹色に輝くその美しい外見から、皆にしたわれている。
本人は靭性が低く、割れやすいことがコンプレックス。
女性的で恋話が好き。

ボルツ 声:佐倉綾音

ボルツ

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度10・靭性10
黒髪で切れ長の目、他を寄せ付けない性格。
微細結晶の集合体であるため、硬度と靭性は10で、兄弟のなかでは最強。
戦うことにしか興味のない戦闘狂だが、ダイヤの事は大切に思っている。

ルチル 声:内山夕美

ルチル

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度6。
割れてしまった宝石たちを修復したりする、医師の役割をしている。
趣味は解剖で、検査と言って突然ハンマーで兄弟を叩いたりと雑であるが、やぶではない。
隠れナンバーワン美脚。

アメシスト84/アメシスト33 声:伊藤かな恵

アメシスト

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度7。
双晶アメシストであり、2人で1つ。
全く同じ硬度・靭性のため、お互いにぶつかっても割れたり傷ついたりしない。
右側がエイティーフォーで、左側がサーティースリー。
剣の凄腕らしい。

金剛先生(こんごうせんせい)声:中田譲治

金剛先生

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度・靭性、共に不明で、正体も不明。
宝石たちにこの世界の成り立ちや月人たちについてなどの知識を授け、それぞれに仕事を与えて共に暮らしている。
聡明で落ち着いた性格をしている。
趣味は昼寝「瞑想」である。

アンタークチサイト 声:伊瀬茉莉也

アンタークチサイト

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

硬度3。

通常は完全な液体で、気温が下がると結晶化する。
寒ければ寒いほど強い。
冬は冬眠する宝石たちの代わりに、その間の仕事を一人で担当する。
真面目で責任感が強いが、団体行動が苦手。

宝石たちの美しさは3DCGを使って描かれる

宝石の国公式

(引用元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト)

「宝石の国」の舞台となる世界観は、この物語の魅力を語るうえでとても重要なポイントです。
この作品の特徴的な部分としてまず目に入るのが、風景やキャラクターたちが3DCGで描かれているという点です。
美しい宝石たちの輝きや月からやってくる月人との戦いなど、この世界観のすべてが3DCGならではの迫力と美しさによって見事に表現されています。

見慣れないうちはやや違和感があるかもしれませんが、1話2話と観ていくうちにそれもあまりなくなってきます。

それほど、この作品にはCG映像あってこその魅力があるのです。
さすが最新の3DCG技術!

キャラクターデザインや性格も、それぞれの宝石特徴や色をベースに作られています。
宝石たちには性別という概念が存在せず、一人称も「僕」「わたし」「オレ」など様々で、見た目も中性的に描かれています。
これは作者が「上半身は少年、下半身は少女」を意識して作ったためだそうです。
また、やはり宝石であるためか、自分の外見に自信のある者が多いのも会話から見てとれます。

そして、人間が存在しないこの世界で暮らす宝石たちの中でたったひとり、誰も詳しいことを知らない「金剛先生」いったい何者なのか?
月からやってきて彼らをさらう「月人の存在とはなにか?」など、様々な考察ができるのもこの作品のおもしろい部分です。

視聴したユーザーの感想は?

「宝石の国」は宝石たちが戦いを繰り広げるというユニークな作品ですが、視聴した方たちからは高く評価する声が届いています。
ここでは本作を実際に視聴したユーザーの感想を見ていきましょう。

20代女性
原作が誇る耽美な絵柄を損なわないよう、3Dのアニメにしかできない表現で宝石の透明感や躍動感を表現した珠玉の一作だと思います。
20代女性
無性の宝石たちを、ベテラン女性声優さんたちが見事に中性的に演じています。CGなのに全く違和感のない美しいアニメーションと、原作を全く損ねない脚本にも脱帽です。原作ファンも原作を知らない人にもおすすめできる素晴らしいアニメ。
20代男性
独特の世界観を引き立たせる音楽と映像美は至上のクオリティ。3DCGアニメーションの新時代の到来を感じました。
20代女性
宝石のそのものの美しさと割れるときの儚さはつい言葉がなくなります。

寄せられた感想の中でも多かったのが、3DCGの美しさに驚いたというものでした。
3DCGはアニメの映像制作に頻繁に使われるようになった技術ですが、3DCGのアニメはちょっとした動きや質感に違和感が生じたりすることもしばしば。
ところが本作は宝石をテーマにしていて、その無機質な美と3DCGの技術がマッチして、とてもクオリティの高い作品となっているようです。
またそこから描かれる儚さに胸を突くような感動があるようですね。

宝石の国をDailymotion、pandora、9tsuなどから違法ダウンロードすることは犯罪です

宝石の国をデイリーモーション、パンドラ、9tsuなどの動画共有サービスに「違法アップロード(許可なくアップロードされた動画)された動画と知りつつダウンロードする行為」は違法です。

宝石の国の動画をダウンロードせずに視聴しているだけでも、偽の広告から有害なサイトに誘いこまれ、ウィルスによる個人情報の流出やフィッシング詐欺の被害にあうリスクがあります。

Dailymotion、pandora、ホームシアター、 torrent、アニポ、kissanime、9tsu、GoGoAnimeなどは使わずにU-NEXTの利用をしましょう。
U-NEXTならば安全に動画をフルに楽しむことができ、スマホやタブレットで動画を安全に利用できます。

宝石の国まとめ

「宝石の国」はアニメだけでなく原作の漫画もとても人気の作品です。
しかし、3DCGで描かれるアニメ「宝石の国」の世界観や月人とのバトルシーン、宝石たちの美しい“キラキラ感”は、アニメでしか味わえない臨場感があります。
また、豪華な人気声優の方々が声をつとめているので、キャラクターたちの会話も1人1人の個性的な面がよく出ていて楽しめます。
原作はまだ続いており未完結のため、ネット上ではテレビアニメ2期の放送を期待する声も多いようです。
みなさんもぜひ、アニメ「宝石の国」を動画配信サービスでお楽しみください!

放送期間2017年10月~12月
キャストフォスフォフィライト:黒沢ともよ
シンシャ:小松未可子
ダイヤモンド:茅野愛衣
ボルツ:佐倉綾音
ルチル:内山夕実
アメシスト:伊藤かな恵
金剛先生:中田譲治
アンタークチサイト:伊瀬茉莉也
スタッフ監督:京極尚彦
シリーズ構成:大野敏哉
コンセプトアート:西川洋一
原作:市川春子
主題歌オープニングテーマ「鏡面の波」
作詞・作曲・編曲:照井順政
歌:YURiKA
制作オレンジ
公式サイト宝石の国公式サイト
原作漫画:宝石の国

気になる作品があったらシェアしよう!

カテゴリー