命をかけて心理戦に挑む!「人狼ゲーム」の漫画のあらすじを紹介

人狼ゲーム アイキャッチ

人狼ゲームと聞くと、みんなでワイワイおこなう楽しいゲームというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、そんな人狼ゲームを漫画化したこの作品では、楽しいはずのゲームが「命がけ」で行われてしまいます。
いわゆる「デスゲーム」ですね。

現実世界ではとても再現できないリアルな死の恐怖と興奮の中で、極限の心理戦が繰り広げられていきます。

この記事では、そんな命がけの「人狼ゲーム」の漫画について、あらすじや世界観を紹介します。


誰が人狼かを推理し、見つける!

(引用元:コミックシーモア)人狼ゲーム

本作品の主人公である高校2年生の仁科愛梨(にしなあいり)は、とある夜何者かに誘拐されてしまいます。

主人公が目を覚ますと、そこは謎の施設。
施設には主人公と同じ高校に通う生徒が集められ、そこに集められた者たちは「人狼ゲーム」というゲームへと強制的に参加させられることになりました。

そして、その人狼ゲーム」は集められたもの同士で殺しあう、恐怖のデスゲームだったのです!

というのが、この作品のあらすじになります。

人狼ゲームといえば、「村人陣営」と「狼陣営」にわかれて心理戦をするゲームですよね。
現実でも、多くの人が人狼ゲームを楽しんでいます。

主人公は村人陣営なので、狼が誰かつきとめるというストーリーになります。

人狼ゲームのルール

すでにご存じの方もいるかと思いますが、人狼ゲームのルールをおさらいしましょう。

参加者は、村人陣営と狼陣営にわかれます。
この際、狼側は村人側よりもかなり少ない人数となっていることが多いです。

村人は誰が狼かわかりませんが、狼同士はお互いの正体を把握しています
このゲームには昼のターンと夜のターンというものがあり、この2つのターンを交互に繰り返しながらゲームを進行することになります。

昼のターン

昼のターンでは、全員で誰が狼かを考えて処刑する人を1人選びます。

狼は自分が狼だと疑われないように上手く振る舞う必要があります。

処刑された人は、ゲームから離脱します。
ただし、村人がノーヒントの話し合いのみで狼を当てるというのはさすがに難しいので、村人には特殊な能力を持った役職が割り振られることが多いです。

たとえば「預言者」という役職は、1日に誰か1人に対して、村人か狼かを調べることができます。

しかし、自分が預言者であると正体を明かすと、狼に狙われやすくなるので注意しましょう。

狼側からすると、預言者はとても厄介な存在なのです。

ほかにも様々な役職がありますが、役職の種類はその時々のゲームの設定により大きく異なります。

夜のターン

夜のターンでは、狼側が誰か1人を殺害します。
狼に殺害されたプレイヤーは、処刑されたプレイヤーと同じくゲームから離脱します。

この昼のターンと夜のターンを繰り返していき、すべての狼が処刑されれば市民の勝利、村人と狼が同じ数になるまで狼が生き残れば狼側の勝利です。

次々と惨殺される参加者たち

刃物を持った少女

人狼ゲームという漫画は、いわゆるデスゲーム系と呼ばれるジャンルの漫画です。

登場人物が次々と残酷な方法で死んでいきます。

現実での人狼ゲームでは「殺害」や「処刑」という残酷な言葉を使いながらゲームを楽しんでいますが、本当に殺害されるという恐怖はありません。

しかし、この漫画の中の登場人物たちは、常に実際の「死」の恐怖と闘いながらゲームを進めていきます。
その点は、漫画ならではの大きな魅力ですよね!

現実での人狼ゲームでは、「預言者」などの役職を手に入れた人は、たとえ狼に狙われるとしても、気軽に「自分が預言者だ」と主張することができるかもしれません。

しかし、実際の死を目の前にしたときには、気軽に「自分が預言者だ」と発言することもできません。

現実でおこなわれる人狼ゲームとは違った奥深い心理戦が繰り広げられます!

人狼ゲームを読むには

人狼ゲームは、LINE漫画やコミックシーモアなどの電子書籍配信サービスで読むことができます!
LINE漫画では人狼ゲームを3話まで無料で配信しています。

LINEマンガはLINEと連動したサービスであり、LINEコインで漫画を購入することができます。

さらに、LINEマンガでは本作品の続編である「人狼ゲーム ビーストサイド」も読むことができますよ。

「人狼ゲーム ビーストサイド」では、タイトルの通り続編の主人公が狼サイドで人狼ゲームに参加することになります。

村人サイドで進められたお話とはまた違った面白さがあるので、興味を持った方はぜひ読んでみてくださいね!

↓人狼ゲームの試し読み、購入はこちらからどうぞ



まとめ

いかがでしたか?

「人狼ゲーム」は現実でも流行している人狼ゲームをもとにしたデスゲーム系のマンガです。

本当に命をかけたうえでおこなっている人狼ゲームなので、現実で楽しくおこなう人狼ゲームとは重みが全く違います!

続編の「人狼ゲーム ビーストサイド」は主人公が狼陣営側でお話が進むので、また違った面白さがありますよ。

興味を持った方は、3話まで無料で読むこともできるので、ぜひ読んでみてください。

気になる作品があったらシェアしよう!