ケモナー必見!「飼い主獣人とペット女子高生」

ある日突然、獣人の世界にさらわれてしまい、ジノヴィという犬の姿をした獣人にペットとして飼われることになった女子高生がいます。

飼い主になったジノヴィは彼女を「リラ」と名付けました。
突然知らない世界に来て、服を着て二足歩行をする犬や猫を見てどう思うでしょうか?

一見、怖い作品に見えますが、犬や猫などの動物が好きな人はほのぼのとした世界に入り込むことができると思います。
今回はそんな、獣人と女子高生の奇妙な関係から始まる作品、「飼い主獣人とペット女子高生」をご紹介します。



女子高生を飼うことにした獣人ジノヴィと女子高生リラ

・ジノヴィ
年齢は25歳~28歳程度で、見た目は犬のような姿をしています。
職業が会社員という獣人のジノヴィは、かなりの飽き性で三日坊主。
さらに性格は能天気で楽天家です。

飼っている女子高生のリラのことをとても大切にしています。
初めはリラにまったく懐かれていなかったにも関わらずかわいく思っていました。

・リラ
リラという名前は飼い主のジノヴィがつけたもので、このかわいそうな女子高生「リラ」の本名は柏木秋といいます。

気づくと獣人の世界にいて、なぜこの世界に迷い込んでしまったのかわからないでいます。
その世界のペットショップで売られいるところを獣人ジノヴィに飼われることになったのです。

元々臆病な性格をしているせいか、最初はジノヴィを警戒していたものの、徐々に安心感を抱くようになります。

そんな自分自身に困惑しつつ、どうにかして元の世界に戻る方法を探しています。
彼女は猫派で犬は苦手のようです。

・ロルフ
ロルフはジノヴィがいる会社の後輩
なんでもすぐ飽きてしまうジノヴィが、リラをちゃんと飼えるのか、心配しています。

過去、実家で人間を飼っていたことがあるため、飼い方についてジノヴィにいろいろとアドバイスをしているのです。

・サイトウ
サイトウもジノヴィがいる会社の後輩です。
黒いライオンの外見をしていて、あまり話すことがなく、ジノヴィがリラを飼うようになるまで、仕事以外の話をしたことがありませんでした。
ジノヴィがリラを飼うようになり、見せてほしいと話しかけました。

性格は引っ込み思案で、人間を飼いたいと思っていますが、自分の顔を怖がるのではないかと思い飼えずにいます。
リラを見るためにジノヴィの自宅を訪れましたが、あることがきっかけで、ジノヴィの家には来なくなりました。

・レヴォリ
見た目は犬系で、ジノヴィの弟です。
年齢は23歳で、体つきはジノヴィより細くメガネをかけています。

レヴォリは極度の人間嫌いであるため、レヴォリが来ることを知ったジノヴィはすぐに家へ帰ります。
性格は几帳面で頭がいいため、ジノヴィを言い負かすことが多いです。

飽き性のジノヴィが昔飼っていたペットの世話をしていたため、責任感が強い性格なのかもしれませんね。

 

人間が家畜扱いされる世界!?


獣人の世界には、食用でさらわれてくる人間ペット用の人間がいる怖い世界です。
女子高生リラはそんな世界に連れてこられ、ジノヴィという犬の獣人に飼われることになります。
二足歩行で服を着ているが、動物なので体毛におおわれているんです。

人間の世界で普通に17歳として生きてきた少女がさらわれてきたのは獣人が住む世界です。
ジノヴィ以外にもいる獣人はみんな優しく接してくれますが、獣人の言葉がわからずに怯える毎日でした。

リラはペットショップで大きな獣人に飼われることになり怯える毎日です。
リラとの気持ちのすれ違いにジノヴィは気付かず、人間飼育経験者であるロルフに言われてリラの気持ちに気づきます。

それからリラはだんだんとジノヴィに心を開いていったようです。
ロルフはといえば、ジノヴィが飽き性なことをしっているため、リラを飼うと知って顔面蒼白になります。
心配でジノヴィが飼っているリラの様子を見に行くなどしています。

獣人の世界は人間と食べるものはさほど変わりませんが、違いがあるとすれば人間を食べてしまうこともある、ということです。
ロルフも過去に飼っていた人間を食べられたそうです。

 

こんな人におすすめ!

ペット用だけではなく、食用としても人間を買う獣人がいる怖い世界観に思えますが、人間と獣人がほのぼのと暮らす作品です。
ペットを飼っている人は「飼われているペットってこんな感じなんだろうな」と思うでしょう。

ロルフが飼っていた人間は食べられてしまったと述べましたが、少し目を離したすきに、ほかの獣人に食べられてしまいました。
リラにもそんな危険性があるため、ジノヴィにあれこれとアドバイスをするわけです。

基本的にはかわいい作品ですが、そんな怖い話もおり交ぜていて、抑揚のついた物語になっています。

犬や猫など動物が好きな人は多いと思います。
特に犬や猫などは、もふもふしていてかわいいですよね。。。

この作品はそんな動物(獣人)たちが中心のほのぼのとした世界観なので、読んでいて癒されるでしょう。
そしてペットを飼っている方は、さらに大事にしたいという気持ちが高まる作品ともいえます。

 

「飼い主獣人とペット女子高生」を読むには

野干ツヅラ先生がPixivで投稿している「飼い主獣人とペット女子高生」はプロトタイプ版を読むことができます。
Pixivではロルフのことを深掘りして描かれているので、通常の単行本と合わせて読むとさらに楽しめそうですね。

Pixivで読むために、会員登録をしていない方は、新規登録をする必要があります。
TwitterやFacebookで簡単に無料会員として登録ができるので便利ですね。

・Pixiv

こちらを読んでみて、もっと続きが知りたい!という方はストアでも単行本が発売されているので、買って読むのもいいかもしれません。

・読書メーター

本を登録するだけで自分が読んだ本の数とページ数をグラフ化してくれるので、読書をする習慣が身につくでしょう。
マンガなら読書としてとっつきやすいものですし、おすすめできます。

書店で詳細を見る、という項目があるので、どのサイトで買うか選ぶことができます。

ほかに読んでみたい作品がある場合、検索バーに作品名や作者名を入力して検索しましょう。
Pixivコミックでは投稿作品が550万以上あるので、ひまな時間ができたときに気軽に読めるのでいいですね。

Pixivコミックは各出版社や作者の協力があって、ほとんどの作品が無料配信されていますが、試し読みしかできない一部の作品は、単行本に収録されています。
Piixivコミック内になる「ストア」や書店で購入する方法になるようです。

・Renta!

Renta!で購入すればするほどポイント還元される電子書籍です。
本を増やしたくない、とい方はこちらの利用をおすすめします。

・Amazon

Amazonはkindle版もあって、本と電子書籍のどちらかを選ぶことができます。
野干ツヅラ先生が描いているほかの作品もあるので、興味があるかたは読んでみるのもいいかもしれません。



まとめ

飼い主獣人とペット女子高生について書いてきましたがいかがでしょうか?

もし自分がその立場に置かれたら怖いですよね。
このマンガは人間が獣人に飼われるという独特な視点で描かれています。

ジノヴィのほかにも個性的なキャラクターが多いですね。
特にロルフは、ジノヴィが飽き性だということを知っていて、リラを心配するあまりいろいろアドバイスをするなど、笑える様相もあります。

マンガのテンポもよく、スラスラ読めることでしょう。
犬や猫、動物が好きな人にはたまらない一作だと思います。

ジノヴィのリラに対する愛情の与え方が一生懸命で、ほのぼのとした内容なのでほっこりとした気持ちになれますよ。

気になる作品があったらシェアしよう!