韓国のアイドルや俳優が出演する韓国ドラマ!2018年に人気な作品とは?

韓国ドラマブームが日本でおきたのは、「冬のソナタ」が放送されてからです。

以降、韓国ドラマの人気は伸びていき、いまでは日本においても1大コンテンツとなりました。

 

韓国ドラマの出演者には有名な俳優のほか、大人気のk-popアイドルが出演するため、好きなアイドルを求めて視聴する方もいるのではないでしょうか?

そんな韓国ドラマの2018年に流行っている作品を紹介します。

2018の韓国ドラマ

部屋2018年に放送される韓国ドラマには、「アスダル年代記」、「彼氏」、「キングダム」などが放送されます。

韓国ドラマの2018年の動向を見てみると、10年前は純愛物が多いイメージでしたが、いまでは減っている傾向が見られます。

また、最近海外などで人気のKPOPアイドルグループをキャストに使うことが多くなっています

 

韓国のドラマは制作費があがってきており、韓国国内で放送するだけでなく、海外でも放送することを視野にいれて、有名なキャストを雇う必要がでてきました。

そこで、世界的に人気を誇る俳優のほか、k-popアイドルを起用することで、海外で放送する際の人気をとるといったことがあげられます。

 

韓国ドラマでは日本番組における「スカっとジャパン」のような、痛快な展開もはやっています。

そのようなドラマは、「サイダードラマ」とよばれ、人気が出ています。

 

韓国ドラマはさまざま

Netflix

韓国ドラマは2018年までにさまざまなジャンルで作成されてきました。

それは純愛物、時代劇、復讐、未来物、ファンタジーの5つのジャンルが多いとされています。

しかし、さきほども話しましたが純愛物のドラマは人気がなくなり、制作されるものが少なくなりました。

 

ほかに、ウェブドラマと呼ばれる1話15分ほどの短いドラマも流行っています

ちょっとした時間に簡単にみられるため、忙しい現代人にとってはちょうどいいコンテンツです。

 

ウェブドラマは楽天TV、AbemaTV、dTV、Vikiと呼ばれる、楽天グループの子会社が運営しているサイトで見ることができます。

韓国ウェブドラマの作品について紹介します。

 

「恋愛プレイリスト」

こちらは大学での恋愛ストーリーについてのウェブドラマになります。

ストーリーごとに各出演者の視点に切りかわっていくことが特徴です。

さまざまな人物の視点から描かれる物語になるため、各人物ごとの人間関係がつかみやすい作品です。

 

「疾風効規格」

広告代理店を舞台とし、従業員の日常を描いている作品になります。

ギャグ要素の多い作品となっているため、幅広い年齢層に受けるウェブドラマです。

 

「就職戦争」

韓国の就職を題材とした作品になります。

韓国では社会的弱者や、社会問題となっていることをドラマの題材とすることが多いため、この就職戦争もそのひとつでしょう。

 

上記の3つが韓国ドラマとはどのようなものか、雰囲気をつかめるウェブドラマとなっています。

内容も興味深いことや、面白いのでぜひ視聴してみてください。

 

2018人気韓国ドラマ3選

男性

では、今人気の韓国ドラマですが2018年に流行っているドラマを紹介します。

 

王の涙

こちらは2014年に公開された映画王の涙-イ・サンの決断-と呼ばれるもので、、ジャンルは時代劇になります。

朝鮮王朝時代の李朝の22代王、イ・サンが暗殺される“丁酉逆変”の様子を描いています。

主人公のイ・サンだけでなく、暗殺者側の視点が入っており、どちらの感情も視聴者は理解できる作品となっています。

 

月桂樹洋服店の紳士たち

こちらの舞台は歴史と伝統を誇るオーダーメイド洋服店になります。

全部で54話という長い作品になりますが、最高視聴率36.2%を記録しています。

洋服店で働く4人の男性の成長や恋愛を描いたラブストーリーとなっています。

 

私のおじさん

こちらは建築会社で働く科目な男性と不毛な人生を生きる女性が出会うことで、人生の癒しや、人情を感じるヒューマンストーリーとなっています。

途中、はらはらどきどきする展開で緊張感が増していくストーリーです。

 

上記の2018年に人気な韓国ドラマになります。

数年前に放送された作品もありますが、いま現在でも高い人気を誇っているため、こちらで取り上げさせていただきました。

 

韓国ドラマが視聴できるVOD

パソコン タブレット

韓国ドラマが視聴できるVODについて3つ紹介します。

 

AbemaTV

さきほども説明したAbemaTVです。

基本無料で視聴できるほか、月額料金を支払うことで、見逃してしまった作品を視聴することができます

AbemaTVは番組表に沿って映像を流しているサービスなので、他のVOD業者とちがって見たい作品が放送されるまで待たなければいけません。

 

U-NEXT

U-NEXTは日本で韓国ドラマのラインアップが一番充実しているといっても過言ではないVOD業者になります。

月額1,990円(税抜)で利用することができ、31日間の無料お試し期間も設けているため、お試しで視聴を始めて気に入った場合に月額契約をおこないましょう。

 

dTV

こちらは月額500円で利用できるVODサービス業者になります。

ドラマだけでなく、韓国のバラエティ番組なども視聴することができます。

dTVもU-NEXTと同じ31日間の無料お試し期間があるため、試しに利用してみて、きにいった場合は月額の契約をしましょう。

まとめ

日本でおきている韓国ドラマブームはまだまだ続くかと思います。

韓国ドラマにしかない魅力が、時が経つにつれて成長していることがひとつの要因ではないでしょうか。

 

韓流ブームの発端となる「冬のソナタ」をはじめとした純愛ドラマから、時代劇や恋愛コメディといった作品が数多く作られています。

韓国ドラマの中で2018年に流行っている「王の涙」、「月桂樹洋服店の紳士たち」、「私のおじさん」を視聴することで、韓国ドラマが好きな人と感想を話し合うことができます。

 

日本のドラマとは一味も二味も違う韓国ドラマをこの2018年から、視聴を始めてみてはいかがでしょうか?

気になる作品があったらシェアしよう!