性格も運も正反対な2人の「クロハと虹介」のボーイミーツガール漫画

クロハと虹介

人気作品を生み出すあの成田良悟が原作を担当する「クロハと虹介」は、性格も持っている運も正反対の二人組が主人公を務めるノンストップアクション漫画です。

豪運ながらも歩んできた人生から悲観的な少女と凶運でいつでも死にそうな目に合いながらもポジティブな2人が出会うことでストーリーが始まります。

この「運」とは一体何なのか、そして漫画の見どころについてもご紹介します。

また、作品を読むことができるサイトもお教えしていきます。


正反対の2人が主人公

ルーレット

 

「クロハと虹介」は運が悪すぎると、運が良すぎるクロハというこの2人が出会うことで物語が進み始めます。

「バッカーノ!」でデビューし、「デュラララ!!」などの人気作品を手掛ける小説家、成田良悟が原作を務め、漫画を白梅ナズナが担当する「クロハと虹介」は強烈なキャラクターたちと勢いのある展開が見どころです。

突っ込んできたトラックと壁に挟まれても生還する頑丈さを持つ男、室川虹介は運をオカルトと言い切るとにかく運が悪い男です。

体は丈夫で初登場シーンも自身を潰したトラックを吹き飛ばしていましたが、彼自身が言うようにひどい目に遭ってばかりです。

しかし、それでも虹介はその事故や事件を嘆くことなく、力強く前向きに生きています。

そんな虹介の極致にいるのが、宵辻クロハです。

少女は運が良すぎるために家族を失い、ヤクザに引き取られてからは代打ちとして、賭博の代理プレイヤーを担っていました。

運が良いクロハは賭博に勝利し続けますが、彼女が勝てば相手のヤクザやその関係者は、裏社会の人間ばかりゆえにみな人生が破綻してしまいます。

自分が周囲を不幸に陥れていると考え、そんな日々に耐え切れなかった彼女は、ある日絶望して窓から身を投げてしまうのです。

 

強すぎ!ポジティブすぎの虹介がすごい!

ヤクザの比場浦組が牛耳る町の一角では、別の組同士でシノギの利権を決めるため賭博による勝負が行われていました。

重要な場に現れたのは、その緊張した雰囲気に不釣り合いな少女、宵辻クロハです。

麻雀を比場浦組の組長の指示のもと行う彼女の姿は素人そのものでしたが、勝敗は一瞬でついてしまいました。
なんと、少女の圧勝です。

同じ町の別の場所では、トラックが人を巻き込んで建物に激突していました。

事故現場の周りの人たちは、巻き込まれた人はもう助からないとあきらめていたその時、勢いよくトラックが丸ごと吹き飛ばされます。

そして、トラックに潰されたはずの若者、室川虹介は運転手の不注意をとがめるだけで現場から立ち去るのでした。

周囲の反応を気にすることなく歩いていく彼の後を、青年がついていきます。

 

一方、自分の幸運で人が不幸になっていくのを見てきたクロハは、耐え切れず賭博の会場であるビルの窓から身を投げ出します。

そこをちょうど通りかかった虹介によって受け止められた彼女は、自分を追ってきたヤクザたちが運悪く虹介によって倒される光景に呆然とするのです。

クロハと虹介はヤクザから逃げ出し、クロハの幸運の話を聞く虹介はそんな彼女の考え方をオカルトと否定しつつ落下してきた鉄骨や切れた電線で感電します。

自分を責めるクロハでしたが、虹介になぜかついていく青年、ホクトから虹介の不幸体質と過去を聞かされました。

ホクトが言うには、虹介は0歳と2カ月で蛇に襲われ、親に捨てられ、車にひかれるなど不幸続きの彼は自力で乗り越えてきました。

クロハがそんな彼の姿と投げかけられた言葉に自身を振り返り、救われた矢先、目の間で虹介は再度トラックに追突され、爆弾を投げ込まれます。

それは、彼女を追ってきたヤクザたちの仕業でした。

 


衝撃のラストに注目!

クロハの幸運を狙って、彼女を執拗に追いかけるヤクザたちと彼女がどう決着をつけるのかはもちろん、トラックに加えて爆発にまで巻き込まれた虹介の無事や、2人が今後どうなっていくのかはぜひ単行本を読んで見届けてください。

「クロハと虹介」のシーズン1は全6話と単行本1冊にまとまっているためとても読みやすいです。

また、クロハに虹介のことをいろいろと教えてくれるホクトが、なぜ、彼と行動を共にしているのかもシーズン1で明かされます。

ぜひ、本作をネタバレなしで最後まで読み、そして再度読み返してみてください。
ストーリーに仕掛けられたトリックに驚かされるはずです。

シーズン2からはシーズン1で判明する秘密が大きくかかわってくるため、まずシーズン1を読みましょう。

順序を守って読むことで、クロハと虹介の関係や様子もより楽しむことができます。

単行本には番外編も収録されていますが、こちらに登場する彼女もシーズン2で2人に関係する人物です。
しっかり読んでおきましょう。

 

実際に読んでいる人のレビュー

読書

 

「バッカーノ!」のように群像劇で多数のキャラクターを登場させる成田良悟が原作を務める「クロハと虹介」も、やはりキャラクターが魅力的と評判です。

覚えやすい個性を持ったキャラクターに加え、テンポの良さやまとまりながらも疾走感が感じられるとされています。

クロハと虹介という正反対である2人の関係の変化、ボーイミーツガールの要素なども好評です。

もちろんストーリー以外にも漫画にとって、重要な要素である絵も評価されています。

白梅ナズナによるきれいで繊細ながらもキャラクターたちの感情がよくわかる絵は、虹介との出会いで変わりつつあるクロハにぴったりといえます。

両極端な2人の考えや、虹介の力強い言葉の数々をはじめ、成田良悟の群像劇や味のあるキャラクターが好きな人たちはもちろん、若者と少女の出会いが描かれた作品に興味がある人におすすめです。

 

「クロハと虹介」を読むには

「クロハと虹介」は月刊少年シリウス(講談社)で連載され、シーズン1が2017年8月9日に単行本化しました。

その後は、2018年5月15日にマガジンポケットでシーズン2の連載が始まっています。

スマートフォンやPCで漫画が無料で読めるガジンポケット公式サイトでは、第1話から第3話までが無料公開されています。

また、シーズン2の導入である第1話と定期的に更新される最新話が、つねに3話ほど無料で公開されているため読むことができ、前回分の内容を振り返ることが可能です。

シーズン2は、より多くのキャラクターや様々な思惑が絡み、複雑で読みがいのある作品です。

シーズン1だけでなく、シーズン2「黒き魔女の嬉遊曲」の単行本1巻も発売されています。

もし、無料公開分で続きが気になったのであれば電子書籍でお手軽に購入することができます。

アマゾンebookjapanコミックシーモアをはじめ複数のオンライン書店で発売中です。

上記サイト以外にこちらからも読めます!↓

 



 

まとめ

超幸運な少女と、超不幸な青年という正反対の存在である主人公の2人が出会う「クロハと虹介」は、ノンストップアクションとボーイミーツガールの要素も楽しめる漫画です。

ポジティブに自力で不幸な出来事に立ち向かっていく虹介と、そんな彼に触発されて変わっていくクロハの様子に目が離せません。

アクションシーンはもちろん、思いがけない仕掛けが施された作品「クロハと虹介」はマガジンポケット公式サイトでシーズン1の冒頭とシーズン2の最新話が配信中です。2人以外にも濃い個性を持ったキャラクターたちが登場し、ストーリーの展開と勢いも引き込まれてしまう作品です。

もし気になったのであれば、ネタバレを避けて読んでみてくださいね!

気になる作品があったらシェアしよう!