実写映画化で話題になった「君の膵臓をたべたい」の漫画をご紹介します!

君の膵臓をたべたい

「君の膵臓すいぞうをたべたい」というタイトルから、あなたはどんなお話をイメージしますか?

内臓が出てくるグロテスクなお話?

狂気を持ったサイコパスのお話?

そうイメージしてしまうのも仕方ありませんよね。
ですが、違います。

「君の膵臓をたべたい」は、とても優しくて、それでいて残酷で、いとおしいけれど涙をこぼさずにはいられない、そんなお話です。

この記事では、「君の膵臓をたべたい」の物語をまだ読んでいないという方のために、漫画の簡単なあらすじと、物語の魅力を紹介していきます。

残酷な運命の中で、それでも懸命に生きようとする高校生たちの物語の結末を、ぜひ漫画を通じて見届けてあげてください。
 



 

「僕」と、クラスの人気者「山内桜良」

まず、ネタバレにならない程度に「君の膵臓をたべたい」の漫画に登場するキャラクターとあらすじを紹介していきます。

物語の主人公は、ふたりの高校生です。

地味で内向的、少し冷めた一面があり、クラスでも目立たない存在の【僕】

そして、【僕】とは対照的に明るくて天真爛漫、いつも友達に囲まれているヒロイン山内桜良やまうちさくらです。

一見対照的で、接点がなさそうな【僕】と桜良ですが、ある日【僕】はひょんなきっかけで桜良の秘密を知ってしまいます。

じつは桜良は膵臓の病気で、長くは生きられない命だったのです。

人気者の桜良ですが、桜良の秘密を知っているのはクラスの中で【僕】だけでした。

病気について【僕】に知られてしまった桜良は、やたらと【僕】にかまうようになります。

病気のくせに、やたらと明るくて時には「自分の死」についてまで冗談にして笑っている桜良。

自分の死が間際に迫っても明るくふるまう桜良と、一緒に過ごす【僕】は高校生の若い心で何を感じているのでしょうか……。

彼らの物語の結末は、ぜひ漫画の中で確かめてみてください。

最後まで読むと、タイトルで泣けるようになる!

最初にも触れましたが「君の膵臓をたべたい」の漫画のタイトル、とても風変りですよね。

物語を読む前、最後の結末を見届ける直前まで、タイトルの意味はよくわからないと思います。

しかし、物語を結末まで読むと、読者は必ず「君の膵臓をたべたい」というタイトルに込められた本当の意味に気づきます。

短い文章では伝えきることはできませんし、ネタバレになるのでこれ以上は触れません。

物語を結末まで読んで、そして最後にタイトルを振り返ったとき、誰もが無意識に涙をこぼしている自分に気づくことでしょう。

↓今すぐ漫画を読みたい方はこちらからどうぞ

原作を読む時間がない人におすすめ

「君の膵臓をたべたい」の漫画は、もともと住野よる先生が原作の小説作品です。

実写映画化もされて話題になりましたね。

もちろん、物語を最大限に楽しむためには原作の小説を読むことが一番です。

ただ、「小説を読むのが苦手」「忙しくてじっくりと小説を読んでいる時間がない」という方も多いと思います。

でも、「君の膵臓をたべたい」は本当に感動する物語なので、時間がないからと読む機会を逃すのはもったいないです。

そこで、忙しい方や小説が苦手な方におすすめなのが、漫画版です。

漫画版は上下2冊で完結しており、桐原いづみ先生の親しみやすい絵柄によって誰でも手軽に読める内容に仕上がっています。

内容も原作に忠実で、漫画に起こすにあたってストーリーを改変している箇所がないので、漫画版を読んだだけでも原作の小説と同様の世界観を理解することができます

気になっているけれど、なかなか小説に手が出ないという方はぜひ漫画版を手に取ってみてください。

「君の膵臓をたべたい」を読むには

本に挟まれる電子書籍

それでは「君の膵臓をたべたい」の漫画版を読みたいときには、どんな方法で読むことができるのでしょうか?

もちろん全国の書店でもコミックスが販売されています。

また、「君の膵臓をたべたい」の漫画は電子書籍で配信もされています

「コミックシーモア」では購入する前に試し読みもできて、気になる絵柄や漫画の雰囲気を確認することができます。

書店で購入するコミックスよりも電子書籍のほうが、やや値段も安くなっています。

書店で探すのが面倒、スマホで手軽に読みたいと思う方にも電子書籍で読む方法はおすすめです。

↓コミックシーモアのご利用はこちらからどうぞ

 



 

まとめ

「君の膵臓をたべたい」漫画版のあらすじと魅力、おわかりいただけましたか?

記事の短い文章の中では「君の膵臓をたべたい」の物語の魅力は、とても語りきることができません。

また、本当の感動は実際に本を手に取って、みなさん自身の手で体験してもらいたい作品でもあります。

「君の膵臓をたべたい」の漫画版は、原作の小説の世界観を忠実に守り、優しく親しみやすい絵柄で再現されています。

小説を読む時間がない方でも気軽に楽しむことができますよ。

書店でコミックスを買うこともできますが、すぐに読みたいと思ったときは「コミックシーモア」で配信している電子版もおすすめです。

書店に足を運ぶ必要がなく、実際のコミックスより少しお手頃に手に取ることができます。

気になる作品があったらシェアしよう!