マイナー漫画にも面白いものは数多し!おすすめ漫画3選!

マイナー漫画にも面白いものは数多し!おすすめ漫画3選!

ひっそりと静かな人気を持っている、マイナーな漫画をご存知でしょうか?

マイナー漫画は、表ではあまり話題にはなりませんが、面白い作品が多いです。

そのなかでも人を選んでしまう作品や、好みが分かれやすいといった作風のせいで表にはなかなかでてきません。

そんななか、おすすめ漫画でマイナーな作品を紹介するのが今回の記事になります。

3つの作品と最後におすすめの電子書籍サイトについて紹介します。



感動すること間違いなし!「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で」

寿命

 

はじめに紹介するおすすめ漫画は、マイナーな作品ですが「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で」になります。

こちらの作品は三秋縋の「三日間の幸福」をコミカライズしたものになります。

お金に困っている主人公クスノキが、古本やCDを売りに行く際に、寿命を売ることができる場所を教えてもらいます。

お金が必要になっているクスノキは、その場所へいき寿命を売る決意をします。

その値段が寿命1年につき1万円という物語のタイトルになった金額になります。

寿命の価値は今後の人生の充実具合で決まると説明を受けた後、最低価格の寿命1年1万円という金額を提示されてしまいました。

その結果、クスノキは自暴自棄になり、寿命の30年分を売ってしまい、残りの寿命が3ヶ月のみとなりました。

残りの寿命が短いことで、クスノキが暴れたりした際に対処するために監視員が派遣されます。

その監視員が今作のヒロイン、ミヤギです。

クスノキは、残りの寿命3ヶ月のなかで死ぬまでにやりたいことを行動に移していきます。

そんなクスノキと監視員であるミヤギを描いている作品になるのですが、残りの寿命が3ヶ月、人生がつまらないと評価されたことなどが、虚しく儚い世界観を表現しています。

1-3巻まで販売されており、完結済みの作品になるため気になる方はぜひ読んでみてください。

 

熱くなれる漫画!「映像研には手を出すな!」

映像制作

 

つぎに紹介するおすすめ漫画もマイナー作品ですが「映像研には手を出すな!」です。

アニメ制作をしたい浅草みどりとカリスマ読者モデルでありながらアニメーターになりたい水崎ツバメ、金もうけが好きな金森さやかの3人組が「最強の世界」を実現するために奮闘する物語です。

吹き出しを斜めにして表示することや、漫画の作中で大きな図を用いて説明するなど、他の作品と比べると変わった点が何点も見られます。

それは作者がもともとアニメーションを作りたかったことが、漫画に影響を与えているのでしょう。

映像研には手を出すな!の作者の思いが、この作品のなかのキャラクターに込められていることを感じることができます。

時折キャラクターが作りたい作品についての熱意を語るのですが、クリエイターの言いたいことを代弁しているかのような印象を受けます。

「映像研には手を出すな!」は新しい漫画の描き方を世界に発信した作品になっているので、漫画家やクリエイターを志望している方にはぜひ読んでいただきたい作品になります。

 

転生してヤムチャに!?「ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件」

 

最期に紹介する漫画は、こちらの作品はドラゴンボールのことが好きな高校生が、歩道橋から転落した際に、ドラゴンボールの世界のヤムチャに転生してしまう物語です。

ドラゴンボールのスピンオフ作品のうちのひとつで、ドラゴン画廊・リーが描いています。

ドラゴンボールのあらすじを知っている高校生ことヤムチャが、どう行動するかが作品の見どころになります。

原作のドラゴンボールではサイバイマンに殺されてしまうため、この出来事を回避する必要があるのです。

こちらの作品は前編、中編、後編の3部に分かれており、完結している作品になります。

ここまで紹介した3つが、おすすめ漫画でマイナーな作品になります。

 

おすすめの電子書籍ストア

メガネ男性

 

マイナーな漫画は各書店で手に入らない可能性が高いですが、電子書籍であれば見つけることも簡単です。

そこでおすすめの電子書籍を販売しているサイトをいくつか紹介します。

 

・ebookjapan

こちらはヤフーのグループ会社が運営しており、50万冊以上のラインナップがあります。

アカウントの登録をする必要がなく、無料で読める漫画もあるため暇な時間を過ごすには、ちょうどいいサイトです。

 

・BookLive

BookLiveは凸版印刷グループが運営しているサイトです。

こちらも期間限定で無料で読むことの漫画を置いているため、ebookjapanと同じく、暇な時間も漫画を読みたいと思う方は利用してみてください。



まとめ

漫画には知名度が低いが、面白いマイナー作品が眠っていることがあります。

今回紹介した3つの漫画においても、もともと知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

面白いけどまだ読んだことがない漫画と出会うためには、さまざまなサイトを巡ることや、知り合いに紹介してもらうことがいいでしょう。

いまの時代では書店だけでなく、電子書籍サイトを見ることで多くの漫画を読むことができます。

忙しくて漫画が読めない人でも、移動中やちょっとした休憩時間にスマートフォンを利用して、漫画を読むことができます。

自分のおすすめ漫画を探し、マイナーとなっている作品を知らない人におすすめしてみてください。

気になる作品があったらシェアしよう!