ドラマ『みをつくし料理帖』見逃し動画配信!1話~最終回を無料視聴する方法!キャスト情報まとめ

ドラマ『みをつくし料理帖』無料動画!フル視聴を見逃し配信で!第1話から最終回・再放送まとめ
提供元:U-NEXT

日本には「食」をテーマにした人気ドラマが非常に多いですよね。
画面の向こうで美味しそうな料理を堪能している人々を見ていると、なんだか本当におなかが空いてきてしまいます。
今回ご紹介する「みをつくし料理帖」も日本のグルメドラマのひとつですが、なんと本作は江戸時代を舞台に当時の食文化を描く時代劇としての側面も併せもっているのです。
すでに放送は終了してしまいましたが、今からでも動画配信サービスを利用して視聴することができます。
ですが、どんなお話なのか前もって知っておきたいという方もいらっしゃるはずですよね。
そこで、今回は2017年に放送された連続ドラマ版「みをつくし料理帖」を気軽に視聴するための耳寄りな情報をご紹介したいと思います!
物語のあらすじや登場人物、ネタバレなども一気に解説しますので、最後までぜひご覧ください。

映画『みをつくし料理帖』動画見逃し配信を全話フルで無料視聴する方法まとめ!再放送は?あらすじ・キャスト情報・感想評価も!

映画『みをつくし料理帖』無料動画!フル視聴できる方法を調査!おすすめ動画配信サービスは?

みをつくし料理帖のフル動画を無料で視聴!

おすすめ動画配信サービスはコレ!

※紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は各サービスにてご確認ください。

みをつくし料理帖を無料で観るには?
無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

VODにはお試し期間(2週間~31日間)がありますので無料期間を利用してじっくりサービスの使い勝手を試しましょう!

また、退会はサイト内の簡単な手続きで完結します、違約金が発生することはありません。

人気作品を安全・快適に楽しむには、VODの無料期間をうまく利用するのがおすすめです!

みをつくし料理帖のドラマ全話(1話~最終回)を配信している動画配信サービスまとめ

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間

みをつくし料理帖を観ることができるのはU-NEXT

みをつくし料理帖はU-NEXTで観ることができます。
U-NEXTついて概要をご説明します!

U-NEXTなら無料お試し期間中に600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる

例えばU-NEXTの場合、配信が始まったばかりのハリウッド映画は大体約500円~、ドラマは1話約300円~、アニメは1話約200円~なので入会したらすぐにポイントを使って最新作が楽しめます!
しかも!ポイントは動画以外にも使えるのでU-NEXTがおこなっている電子書籍サービスにも使えます。
値段は作品によって異なりますが、ジャンプのコミックス1冊は約400円、ライトノベルも安いものならば約400円のものもあるので気になる作品の原作が読めることも。
U-NEXTは本入会すると月額1,990円(税抜)で利用できるサービスです。
2,000円近くとちょっとお高いサービスではありますが、じつはお得に使える秘密があります。

それは毎月配布される1,200ポイントがあり、実質約800円で使えるからなんです!
無料お試し期間中にも600ポイントもらえるので忘れずに活用しましょう!

作品数は見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上と豊富なラインナップです。
最近ではDVDレンタルよりも早い配信もあるので、流行りの作品を早く、お得に観たい方にもおすすめです!

また、アカウントを最大4つまで分ける機能があるのでシェアして使うことも可能です。
アカウントは視聴履歴が分けられるので履歴が知られることもありません。
もちろん同時視聴もできるので、「誰かひとりが観ているので他の3人が視聴できない」ということもありません。

まずは、無料のお試し期間が31日間あるので使い心地を確かめてみるとよいでしょう! U-NEXTをまとめるとこんな感じです。

・毎月1,200ポイント、無料お試し期間中でも600ポイントもらえる
・配信作品が早く、配信作品が多い
・無料のお試し期間が31日間ある
・4つアカウントが作成でき、視聴履歴別、同時視聴OK

150人に聞きました|U-NEXTの評判・口コミを募集したらコスパが悪いと判明?デメリットとメリットも徹底解説

U-NEXTの評判・口コミは?デメリットとメリットを契約して解説!150人の評価は?

みをつくし料理帖とは?

ドラマ「みをつくし料理帖」の原作は、髙田郁さんが手がけた全10巻の時代小説シリーズです。
2009年刊行の第1作「八朔の雪 みをつくし料理帖」に始まり、2014年の最終第10作「天の梯 みをつくし料理帖」で幕を下ろしました。
登場する料理はすべて作者が実際に再現しており、反響が大きかったことからレシピ集も発行されています。
累計発行部数は300万部を突破しており、「最高に面白い本大賞!文庫・時代部門」「この時代小説がすごい!文庫書き下ろし版」など数々の賞で第1位を獲得しました。
「みをつくし料理帖」はコミックもあります。
興味のある方はこちらから読むこともできますよ↓

2012年と2014年にはテレビ朝日でスペシャルドラマが制作されていますが、今回は2017年度のNHK版「みをつくし料理帖」のあらすじをご紹介します!

みをつくし料理帖あらすじ

物語の舞台・江戸に秋が訪れたころのことです。
とある蕎麦店「つる家」の店主・種市(たねいち)は腰を痛めてしまい、厨房に立てなくなってしまいました。
そこで種市は、関西からやってきた女料理人・澪(みお)に板場を任せることにします。
澪は張り切って腕を振るいますが、彼女がつくる料理の味は江戸の人々になかなか受け入れてもらえません。
お世話になったつる家の看板を守るため、澪は江戸っ子たちの口に合う料理をつくる技を磨きました。
そして店にたくさんの客を呼び寄せようと、人々の興味をひく創作料理を作ることを思いつきます。
澪の周囲の人々の助言や協力もあって、つる家は次第に評判となっていきました。
しかし、ライバル店「登龍楼」の陰謀によって、澪やつる家の周囲には数々の災難が降りかかります。

「江戸の人たちに、美味しい料理を一口でも食べてもらいたい・・・」

果たして澪は苦難を乗り越え、つる家の名を江戸じゅうに知れ渡らせることはできるのでしょうか?
視聴したユーザーからいただいた感想では、

「原作のファンで、母・妹と一緒にテレビ朝日版もNHK版も両方とも観た。NHK版は原作をややアレンジしていたが、安心して観ることができた。どちらのバージョンも澪ちゃんの作る料理が美味しそう。」(20代女性)

原作ファンの方には期待できるクオリティとなっているようですね!
続いては登場人物をご紹介します。

江戸の町で一流の料理人を目指す主人公!

それでは、「みをつくし料理帖」で活躍する主人公・澪と彼女の料理をささえている人々を紹介していきます。

澪(みお)演:黒木華

澪は大阪で生まれ、享和2年の大水害で両親を亡くして天涯孤独の身となった少女です。
料理屋の女将に助けられ奉公していましたが、店主から料理の才能を見出されて料理人となりました
その後は修行を乗り越えて江戸に下り、つる家で板前として働くことになります。

種市(たねいち)演:小日向文世

種市は澪がつとめている蕎麦屋兼料理屋「つる家」の主人です。
腰を痛めて厨房に立てなくなってしまいましたが、江戸の味に慣れない澪を見守りサポートしてくれています。
澪と同じ年頃の娘を亡くしており、劇中では種市が二人の姿を重ねている様子もみられます。

芳(よし)演:安田成美

芳は大阪の料理屋「天満一兆庵」の女将で、水害のあと身寄りのなかった澪を引き取った人物でもあります。
彼女がつくったおかゆの味が、澪の料理人生にも大きく関わっているのだとか。
現在はとある事情があって大阪を離れており、澪と共に江戸で暮らしています。

おりょう 演:麻生祐未

おりょうは澪たちと共に長屋で暮らしている住人の一人です。
当初はよそ者の澪と芳を敬遠していましたが、次第に心を開き今では良好な関係を築いています。
もともとは気前がよく、つる家の手伝いもしてくれています。

小松原(こまつばら)演:森山未來

小松原は江戸の武士で、「つる家」の常連客としてたびたび澪のもとを訪れます。
澪の料理に対して厳しい評価を下しますが、彼の助言は常に彼女の助けとなっているようです。
小松原の愛情深さを知り、澪は次第に彼に惹かれていきますが・・・。

永田源斉(ながたげんさい)演:永山絢斗

源斉は江戸に訪れる町医者で、とある出来事をきっかけに澪や彼女の関係者とかかわっていくことになりました。
医者としての立場から、澪の料理に対して的確なアドバイスをしてくれます。
何事に対しても一生懸命な澪の姿に胸をうたれ、彼女に好意を抱くようになっていきます。

劇中には彼らのほかにも、澪が奉公していた料亭「天満一兆庵」の従業員江戸の長屋で共に暮らす人々も登場します。
豪華キャストが勢ぞろいしていますので、気になる方はぜひ実際にチェックしてみてくださいね!

江戸の食事情も楽しめる!

「みをつくし料理帖」の見どころは、何といっても美味しそうな料理の数々です!
茶碗蒸しやふきご飯のようなメジャーな料理も登場しますが、さらに注目すべきは変わり種の創作料理
登場する創作料理は澪のアイデア満載で、どんな料理もおいしく食べられるように工夫がこらされています。
「ひとくち宝珠」「はてなの飯」など、ちょっと気になるネーミングにも興味をひかれますよね。
澪はいったいどんな料理をつくるのか、登場シーンを楽しみにドラマを観てみましょう!

また、劇中では澪・小松原・源斉の複雑な恋の三角関係も描かれています。
小松原を想う澪と、澪を想う源斉・・・そして、小松原の気持ちは誰の方を向いているのでしょうか?
ハラハラドキドキの恋愛要素にもご注目ください!

みをつくし料理帖最終話ネタバレ!

それでは、いよいよ「みをつくし料理帖」の結末に迫っていきたいと思います。
たくさんの苦楽を乗り越えて明るさを取り戻したつる家に、ある突然「腕比べ」の依頼が舞い込んできました。

江戸の町を賑わす料理番付の仕掛け人が、つる家と登龍楼の味勝負にいよいよ決着をつけたいというのです。

登龍楼は長きにわたる因縁の相手ということもあり、澪はこの勝負を引き受けることになりました。
つる家と登龍楼に出された料理のお題は「寒鰆(かんざわら)」
しかし、澪は料理の練習中に小松原の悪い噂を聞き、動揺したことで手にけがを負ってしまいます。
すっかり自信をなくしてしまった澪に、小松原はいつもの調子で言いました。

「お前の“みをつくし”は何だ?」

澪は小松原の言葉に自信を取り戻し、腕比べの際には最高の料理「寒鰆の昆布締め」をふるまいます。
残念ながら勝負には敗れてしまいましたが、澪は晴れやかな表情で店に戻るのでした。

作品情報

今回は2017年にNHKで放送された連続テレビドラマ「みをつくし料理帖」をご紹介しました。
大坂から江戸にやってきた女料理人・澪が食文化の違いに戸惑いながらも、江戸の人々の舌をうならせる一人前の料理人へと成長していく物語です。
「みをつくし料理帖」を視聴するにあたっては、今回ご紹介した動画配信サービス「U-NEXT」をぜひ利用してみてください。
映像作品の収録数が非常に多く、ほかにも気になる作品がきっと見つかるはずですよ。
ドラマは全8回と話数は少し少なめですが、非常に充実した内容になっています!
気になる方はぜひ、NHK版のドラマ「みをつくし料理帖」を実際にご覧になってみてくださいね。

放送期間2017年5月13日~2017年7月8日
キャスト製作総指揮:城谷厚司、山本敏彦
脚本:藤本有紀
主演:黒木華
原作:髙田郁
放送回数全8回
制作NHK
公式サイトみをつくし料理帖公式サイト
原作髙田郁「みをつくし料理帖」シリーズ(ハルキ文庫)

気になる作品があったらシェアしよう!

カテゴリー