アニメ『ポプテピピック』見逃し動画配信!全話を無料フル視聴する方法!声優情報まとめ

アニメ『ポプテピピック』無料動画まとめ!1話から最終回を見逃しフル視聴できるサイトは?
提供元:U-NEXT

今回は多くの有名声優を駆使し、声優の魅力を十分に発揮した作品に贈られる第十三回声優アワード「シナジー賞」を受賞した「クソアニメ」の金字塔、ポプテピピックの作品情報を紹介!

うっかり見逃してしまった方のために、見逃し配信情報もばっちりお伝えしていきますね。
「動画配信サービスが気になっているけれど、どこのサービスに加入すればいいのか分からない…」と悩んでいる方はとくに必見ですよ!

ポプテピピックのフル動画を無料で視聴!

おすすめ動画配信サービスはコレ!

※紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は各サービスにてご確認ください。

放送開始日2018年1月7日
制作会社神風動画
テレビ局TOKYO MX ほか
キャスト三ツ矢雄二
江原正士
悠木碧
古川登志夫
小松未可子
中尾隆聖
日笠陽子
玄田哲章
金田朋子
中村悠一
三瓶由布子
下野紘
こおろぎさとみ
森久保祥太郎
諸星すみれ
小野坂昌也
中村繪里子
斉藤壮馬
徳井青空
小山力也
水樹奈々
郷田ほづみ
小山茉美
速水奨
田村ゆかり
保志総一朗
花澤香菜
山口勝平
玉川砂記子
小野友樹
花守ゆみり
櫻井孝宏
國府田マリ子
飛田展男
加藤英美里
関智一
竹内順子
関俊彦
小桜エツコ
緑川光
日髙のり子
大塚芳忠
竹達彩奈
千葉繁
上坂すみれ
若本規夫
佐藤聡美
神谷明
小林ゆう
杉田智和
名塚佳織
梶裕貴
矢島晶子
鳥海浩輔
田所あずさ
浪川大輔
今井麻美
石川界人
三森すずこ
高木渉
能登麻美子
銀河万丈
三石琴乃
中田譲治
堀江由衣
石田彰
戸松遥
緒方賢一
田中敦子
小野賢章
東山奈央
福山潤
井上喜久子
島田敏
福原香織
秋元羊介
佐久間レイ
遊佐浩二
横山智佐
子安武人
ほか
話数全12話
公式サイトポプテピピック公式サイト
公式Twitterポプテピピック公式Twitter

おすすめポイント!

原作は4コマ漫画。アニメ化の際には読者から「こんなクソ作品をどうアニメ化するのか?」と疑問の声が上がった

ネット流行語100 2018で「ポプテピピック」が大賞を受賞した

ポプ子とピピ美は、前代未聞の声優を毎話変えるという方法が取られた。また主題歌もほぼ毎話違う楽曲が使用された

アニメのキャッチコピーは「どうあがいても、クソ」、「覚えてろ竹書房」、「世界一無駄な30分」

ポプテピピックの予告、公式動画

神回確定!話題になった放送回をピックアップしてご紹介

この章ではポプ子とピピ美のペア順に出演キャストを見ていきましょう。

  ポプ子ピピ美  ポプ子ピピ美
第1話前半江原正士大塚芳忠第7話前半こおろぎさとみ矢島晶子
後半三ツ矢雄二日髙のり子後半森久保祥太郎鳥海浩輔
第2話前半悠木碧竹達彩奈第8話前半諸星すみれ田所あずさ
後半古川登志夫千葉繁後半小野坂昌也浪川大輔
第3話前半小松未可子上坂すみれ第9話前半中村繪里子今井麻美
後半中尾隆聖若本規夫後半斉藤壮馬石川界人
第4話前半日笠陽子佐藤聡美第10話前半徳井青空三森すずこ
後半玄田哲章神谷明後半小山力也高木渉
第5話前半金田朋子小林ゆう第11話前半水樹奈々能登麻美子
後半中村悠一杉田智和後半郷田ほづみ銀河万丈
第6話前半三瓶由布子名塚佳織第12話前半小山茉美三石琴乃
後半下野紘梶裕貴後半速水奨中田譲治

このなかでもピックアップしたいのが第5話、第7話、第12話(最終回)の3話です!
SNSでもとくに視聴者をざわつかせた内容になっていました。
ネタバレ要素も少し含めて簡単にご紹介しますね。

第5話 「イモ☆ヨバ」。

前半は声優界でトップを争うエキセントリックな女優金田朋子と小林ゆう、後半は声優界屈指の仲良しコンビ中村悠一と杉田智和という組み合わせで楽しめる放送回です。

[expand title=”第5話ネタバレ注意” swaptitle=閉じる] 役者さんによって違うアドリブを味わえるのが楽しいですね。
第5話の後半パートで繰り広げられた「何畑何三郎」を模された箇所は、制作側から中村さんと杉田さんの素の会話が面白かったため採用された台詞らしくアドリブではないそうです。

また原作者の大川ぶくぶさんが「謎の圧力で大量に映像が差し替えられた回でした」とツイートしたことで、この回の元ネタ探しをするのも楽しいと話題でした。
[/expand]

第7話 「ヘルシェイク矢野」

こちらは「まさか原作に出てくるセリフを心からつぶやく日が来るとは思わなかった……」と視聴者の心をひとつにした驚愕の放送回です。

[expand title=”第7話ネタバレ注意” swaptitle=閉じる] 第6話「第30期電脳戦」の1つ目のネタ落ちとしてピピ美の脳内のみで登場していた、ヘルシェイク矢野という人物について紙芝居で深堀りされた稀有な回でもありました。
そのため、「誰だよヘルシェイク矢野って」という第一印象を持った方も多かったでしょう。
しかし、そのあまりにも壮絶なミュージシャン人生から思わず誰もがヘルシェイク矢野のことを考えてしまうくらい気になる存在になってしまったのです。

それがSNSでの一致団結につながりました。
制作側のさすがの構成力です。
ハイクオリティの紙芝居芸も楽しめますので、ヘルシェイク矢野のことを考えたくなった方におすすめです。
[/expand]

第12話 「THE AGE OF POP TEAM EPIC」

この不条理無秩序「クソアニメ」に想定していなかった感動を与えたのが、制作会社所属の蒼井翔太が実写登場したことでも話題になった最終話です。

[expand title=”第12話ネタバレ注意” swaptitle=閉じる] このアニメに感動を与えた考察のひとつが「ループ説」です。

これは別作品で「時空を超えて君に会いに来たんだよ」という名セリフを持つ蒼井翔太さんが、時間をさかのぼる能力を持って12話前半のポプ子とピピ美のピンチを救いにきたことが由来。
後半は前半の再放送になっているといっても、微妙に小ネタが違っていたりそもそもキャストが違ったりしています。
そのため、この第12話ではポプ子がピピ美を救うためにおこなったタイムループだったのではないかとひらめいた視聴者が続出したのです。

このタイムループ説が広まったことから、「え、これそんな高尚なアニメだったの?」と謎の感動が巻き起こりSNSで話題となりました。
[/expand]

以上のように本作は各話に散りばめられた数々の小ネタで視聴者を飽きさせません!
このことから、4月1日の新作TVスペシャルも楽しみですね!

ポプテピピックのアニメ全話(1話~最終回)を配信している動画配信サービスまとめ

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間
Hulu933
14日間
dtv50031日間
FODプレミアム8882週間
dアニメストア40031日間
TSUTAYA TV933円 (動画見放題プラン)30日間
クランクインビデオ90014日間
music.jp1,92230日間

ポプテピピックを観ることができるのはU-NEXT

ポプテピピックはU-NEXTで観ることができます。
U-NEXTついて概要をご説明します!

U-NEXTなら無料お試し期間中に600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる

例えばU-NEXTの場合、配信が始まったばかりのハリウッド映画は大体約500円~、ドラマは1話約300円~、アニメは1話約200円~なので入会したらすぐにポイントを使って最新作が楽しめます!
しかも!ポイントは動画以外にも使えるのでU-NEXTがおこなっている電子書籍サービスにも使えます。
値段は作品によって異なりますが、ジャンプのコミックス1冊は約400円、ライトノベルも安いものならば約400円のものもあるので気になる作品の原作が読めることも。
U-NEXTは本入会すると月額1,990円(税抜)で利用できるサービスです。
2,000円近くとちょっとお高いサービスではありますが、じつはお得に使える秘密があります。

それは毎月配布される1,200ポイントがあり、実質約800円で使えるからなんです!
無料お試し期間中にも600ポイントもらえるので忘れずに活用しましょう!

作品数は見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上と豊富なラインナップです。
最近ではDVDレンタルよりも早い配信もあるので、流行りの作品を早く、お得に観たい方にもおすすめです!

また、アカウントを最大4つまで分ける機能があるのでシェアして使うことも可能です。
アカウントは視聴履歴が分けられるので履歴が知られることもありません。
もちろん同時視聴もできるので、「誰かひとりが観ているので他の3人が視聴できない」ということもありません。

まずは、無料のお試し期間が31日間あるので使い心地を確かめてみるとよいでしょう! U-NEXTをまとめるとこんな感じです。

・毎月1,200ポイント、無料お試し期間中でも600ポイントもらえる
・配信作品が早く、配信作品が多い
・無料のお試し期間が31日間ある
・4つアカウントが作成でき、視聴履歴別、同時視聴OK
150人に聞きました|U-NEXTの評判・口コミを募集したらコスパが悪いと判明?デメリットとメリットも徹底解説

U-NEXTの評判・口コミは?デメリットとメリットを契約して解説!150人の評価は?

評価・感想・口コミ

女性・20代
圧倒的クソアニメ。スタッフの知恵と声優の技術がすごい。
女性・20代
見たは見たけど何回見ても何話見ても内容がよく分からない、ネタ要素が多すぎる、人類には早すぎるクソアニメを声優さんが上手く形にしてくれたもの
女性・30代
声優さん好きには「声優さんの無駄遣い!」と言わせるほどの、豪華キャスティングです
女性・20代
疲れた時に観るとすべてがどうでもよくなりある意味リラックスできる。
女性・20代
毎回声優さんが変わるのですが、その組み合わせをみて、昔どの作品で共演したのかと考えるのが楽しいです。
女性・20代
元ネタが分からないと熱の時に見る夢のようなアニメですが、製作者側も考慮しているのかコアなネタしかないというわけではありません。声優さんが過去に担当した作品のネタなどが多分に含まれているため、ポプテピピックという作品のアニメを楽しむというよりは声優さんの悪ふざけやアドリブを楽しむ作品のように感じます。音MADのようなコーナー(?)があったり、第1期の最終回では声優さん(蒼井翔太さん)が実写で登場するなど、毎週視聴者にいい意味でショックを与えてくれるアニメでした。
女性・20代
A,Bパートで全く同じ話なのに声優さんが違うだけでこんなに違うものかと驚きました。個人的には好きなゲームのネタが出た7話がお気に入りです
男性・30代
1時間スペシャルしか見たことがありませんが、噂に違わぬクソアニメでした。声優や他のアニメに疎い自分は元ネタで楽しむことはできませんでしたが、良くも悪くもひたすらカオスなものを見たい人にはおすすめです。

魅力と登場人物をおさらいしよう

「そもそもポプテピピックってどんな作品だったっけ?」という方もいるかもしれません。
ここで一度振り返ってみましょう。

原作は4コマウェブコミック配信サイト「まんがライフ WIN」にて配信中の、大川ぶくぶによる4コマ作品です。
そのため放送では短編アニメのオムニバス詰め合わせという形となっています。

話題沸騰!メディアミックスも盛ん

本作は話の脈絡のなさ、風刺・パロディの強さから好みの分かれる作品ですが、SNSなどでは毎週毎週その口コミを見ない日はないくらい話題となりました。
その人気はいくつもの他業種企業の公式twitterアカウントでネタがちりばめられるほど!
このことからも圧倒的な人気が窺えますね。

そんな人気アニメですが、企画当初15分のweb配信アニメの予定だったのが30分枠のテレビ企画と変わったため、作っていた内容が放送枠に合わないという問題があったようです。
しかし、同じ内容を異なる声優と演出で2回放送するという斬新な手法でこの問題を回避しました。
このことにより毎回異なる声優の組み合わせの元ネタはなんなのか、次週は誰が出演するのか、と話題が絶えなかったのも人気の要因です。

さらに、本作はたくさんのコラボ企画があるんです!
最近ではサンリオとのコラボや衣料品のしまむら、ドン・キホーテでの限定アパレルグッズが販売されるなど作品の人気は高く、商品の売り切れも続出しました。
その作風から好き嫌いが分かれる作品ではありますが、一目でわかる主人公2人のキャラクターは人気が高く、グッズ化企画に引っ張りだこなのです。

ポプテピピックの登場人物紹介

短いほうのポプ子

金髪ツインテールの小さい方がポプ子。
くりっとした瞳とその可愛い見た目とは裏腹に、過激な発言が特徴的。
名台詞「さてはアンチだなオメー」「あー そーゆーことね 完全に理解した(←わかってない)」「ビビってんのか オェーイ」などなど、相手を煽ることに長けている。

ポプ子の担当声優は以下の24名です。

第1話前半江原正士第7話前半こおろぎさとみ
後半三ツ矢雄二後半森久保祥太郎
第2話前半悠木碧第8話前半諸星すみれ
後半古川登志夫後半小野坂昌也
第3話前半小松未可子第9話前半中村繪里子
後半中尾隆聖後半斉藤壮馬
第4話前半日笠陽子第10話前半徳井青空
後半玄田哲章後半小山力也
第5話前半金田朋子第11話前半水樹奈々
後半中村悠一後半郷田ほづみ
第6話前半三瓶由布子第12話前半小山茉美
後半下野紘後半速水奨

長いほうのピピ美

ぱっつんロングヘアでリボンをしている背の高い方がピピ美。
大人しそうと見せかけ、その言動はポプ子に負けず劣らずなかなかパンチがある。
ポプ子をなだめる役が多いものの「今だいけっ!ゴーゴーゴー」とポプ子をけしかけることもしばしば。
しかし「あぁ、ごめん ヘルシェイク矢野のこと考えてた」など謎の言動も多い。

担当声優は以下の24名。

第1話前半大塚芳忠第7話前半矢島晶子
後半日髙のり子後半鳥海浩輔
第2話前半竹達彩奈第8話前半田所あずさ
後半千葉繁後半浪川大輔
第3話前半上坂すみれ第9話前半今井麻美
後半若本規夫後半石川界人
第4話前半佐藤聡美第10話前半三森すずこ
後半神谷明後半高木渉
第5話前半小林ゆう第11話前半能登麻美子
後半杉田智和後半銀河万丈
第6話前半名塚佳織第12話前半三石琴乃
後半梶裕貴後半中田譲治

ポプ子もピピ子も、通常のアニメだったらありえないキャスト量ですよね。
後半は前半の再放送であるのにもかかわらず、違うキャストを置くことで俳優別の演技の癖やキャスティングの元ネタなど話題に事欠かない展開でした。
またこの豊富なキャストにより、原作が持つ一貫性の無さを補強、作品イメージの固定化を防ぐという役割も果たしていたのです。

原作コミックを読んでみよう!

原作は4コマウェブコミック配信サイト「まんがライフ WIN」にて配信中の、大川ぶくぶによる4コマ作品です。
2014年から配信連載が始まり、この2019年3月には最新コミックス第3巻が発売されています。
コミックのキャッチコピーは「とびっきりのクソ4コマ!!」で作風は時事ネタやブラックユーモアが多く、理不尽なネタや落ちのなさ、パロディの多さからアニメ化できるのかという声も寄せられていました。

そんなポプテピピックの原作は電子書籍で読むことができます。
以下に読むことができる電子書籍へのリンクがあるので気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

ポプテピピックの主題歌

オープニングテーマ

ドロップスターズ『Twinkling star』

エンディングテーマ

ポプ子、ピピ美『POPPY PAPPY DAY』

ほか

ポプテピピックの放送日・配信情報

見逃し配信情報

U-NEXT、Hulu、dTV、FOD、TSUTAYA TV、music.jp、クランクインビデオ、dアニメストア

放送日情報

2018年1月7日~3月25日

再放送情報

ただ今調査中

作品情報

原作大川ぶくぶ『ポプテピピック』
シリーズ構成青木純
木戸雄一郎
音楽

気になる作品があったらシェアしよう!

カテゴリー