DAZNの無料お試しならJリーグや野球の試合が無料で視聴可能!無料入会方法について解説

DAZNの無料体験ならJリーグや野球の試合が無料で視聴可能!無料入会方法について解説

サッカーが好き!Jリーグ、海外リーグともに観られる動画配信サービスってないの?

帰宅中の電車で、ナイター中継が観たいんだけどな…

地上波放送が終わったF1はどこでみればいいの?

こんな風に思っている人はDAZNが断然おすすめです!

DAZNならJリーグを含め、海外サッカーやモータースポーツなどさまざまなジャンルのスポーツを視聴することができます。

スポーツファンであれば「試合はリアルタイムで観たい!」と思いますよね。
そんな人のための「ライブ中継」も多数放送されており、移動中でも試合をリアルタイムで視聴することが可能なのです!

また海外の試合の場合は、リアルタイムで視聴すると深夜の時間帯であることも多く、起きているのが難しい場合もありますよね。

そんなときに便利なのが「見逃し配信」「ハイライト」の機能です。
見逃した試合や、試合の流れだけ確認したい時、観たいシーンだけを繰り返し視聴したいときなどに役立つ非常に便利な機能です!

このようにDAZNは、コンテンツや機能面も充実しており、スポーツ好きなら入会しておいて損はないサービスです。

日本には、まだDAZN以外にスポーツを専門とする動画配信サービスがありません。
動画配信サービスで、しかも定額料金でスポーツが観たいならDAZNしか選択肢がないので、少しでも気になるスポーツがあるならDAZNに入るべきなのです!

今日から10/20まで無料
DAZNは無料お試し中に退会してもいいの?
DAZNはお試しができる無料期間があります!
請求は無料期間終了後の翌日から発生(翌月分)します。

では、無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

好きな動画を無料で楽しむには、無料期間をうまく利用するのがおすすめです!
また、違う動画配信サービスに乗り換えたい、使ってみたい場合も退会は非常に簡単です、そのほかのおすすめ動画配信サービスを比較する。

目次

DAZNとは

月額料金(税抜)1,750円
docomoを利用中の方:980円
無料お試し期間1ヶ月
視聴可能な
スポーツジャンル数
15種類(130種目以上)
(サッカー/野球/モータースポーツ/自転車競技/テニスボクシング/バスケットボール/ゴルフ/バレーボール/ラグビー/セーリング/総合格闘技/ビリヤード/ダーツ/フットサル/eスポーツ)
視聴可能端末パソコン(Mac/Windows)
スマートフォン/タブレット(iOS/Android/Fire OS)
テレビ※1
Blu-rayレコーダー※2
ゲーム機※3
その他※4
プロフィール分け不可
同時視聴2台
ダウンロード再生一部可能
ダウンロード可能数不明
支払方法クレジットカード
デビットカード
Pay Pal
DAZNプリペイドカード
DAZNチケット
年間視聴パス・ハーフシーズンパスの利用
アプリ内課金(iTunes/Amazon IAP/Google Play)

※1.2.3.4 詳しいデバイス情報はこちらからご確認ください。

DAZNとは

DAZN(ダゾーン)はスポーツに特化した、スポーツ専用の動画配信サービスです。

Jリーグ「J1・J2・J3」の全試合(ルヴァン・天皇杯除く)が観られるのはもちろん、海外サッカー(UEFAチャンピオンズリーグ/UEFAヨーロッパリーグ/ラ・リーガ/プレミアリーグ)も全試合視聴が可能です。
また、リーガ・エスパニョーラやセリエA、スュペル・リグ、各国カップ戦も一部の試合で視聴することができます。

地上波では一部の日本人選手が所属するチームの放送はありますが録画放送やBSなどでの放送です。
DAZNでは地上波やBS等で放送されない試合やリーグをライブ配信されています、特にサッカーを観るためのオリジナルコンテンツが充実しています。

「サッカーのライブ放送が2試合以上あるときでもザッピング視聴ができて便利」という声や「ピッチサイドの映像も見れるし、ウォーミングアップの様子まで見れて面白い」など、ユーザーからは熱い支持を受けています。

サッカー以外にも「プロ野球」「MLB」「モータースポーツ(F1・F2・F3)」「BJリーグ」「NFL」「テニス」「ツール(自転車)」「総合格闘技」「eスポーツ」など合わせて15種類(130種目以上)※ものスポーツジャンルを網羅しています!
※2019/5現在

数多くのスポーツジャンルを扱ってはいるものの、ルヴァンカップ、天皇杯、ブンデスリーガ(ドイツ)は2018年シーズンをもって配信終了(ドイツ・カップ ポカールは視聴可能)となったため視聴ができなかったり、NBAスーパーGTも視聴することができません。

確かに数多くのスポーツを配信しており、DAZNだけでも充分にスポーツを楽しむことはできますが「スポーツ完全網羅!」とまでは言い難いのは事実です。

ただ、サッカー番組には(海外リーグ・Jリーグ共に)かなり力を入れているので、サッカーを観たい人にはDAZNは全力でおすすめできるサービスです!

他にはどんな人がDAZNに向いているのかは、次の章で解説したいと思います。

DAZNが向いているのはこんな人

サッカー(Jリーグ・海外リーグ)を観たい人

プロ野球・海外メジャースポーツを観たい人

地上波で放送しないスポーツ(F1・ツール)番組を楽しみたい人

割引サービスがあるdocomoユーザー

「サッカーをメインに観るつもりだけど、スポーツ全般に興味あるから、ついでに色んなジャンルのスポーツが観られるなら嬉しい!」

という人はDAZNにさえ入会しておけば、さまざまなジャンルのスポーツが視聴できるので非常に便利です。

BSやCS番組の場合、アンテナ工事や設置手続きなどをしないと視聴することができません。
しかし、DAZNならそういった煩わしい工事いっさい無しで地上波では観ることのできないスポーツが観られるのでかなり魅力的ですよね!

また、docomoユーザーであれば月額使用料が安くなるプランがあるのでお得に利用することができます。

料金については後ほど解説いたします!

DAZNの無料お試しについて

DAZNは1ヶ月無料でお試しすることができます。
ここで注意したいのが、無料お試し期間は「1ヶ月」であり「31日間」ではないということ。

具体的にどういう事かと言うと…
例えば2月20日(うるう年除く)に入会した場合、31日間無料なのであれば3月22日までが無料期間です。
しかし、DAZNの場合は1ヶ月後の3月19日となります。
(入会した翌日から無料お試し期間がカウントされます)

ただしdocomoユーザーであれば、いつでも「31日間」無料でお試し体験が可能です。

プロ野球が始める時期に2ヶ月無料キャンペーンを行っていました。

“いつまで無料で、いつから料金が発生するか”に関しては、入会登録後に下の画面のような確認の画面が記載されますので、忘れずに覚えておきましょう。

DAZNの無料お試しについて

また、DAZNは無料期間中に退会した場合でも無料期間内であれば、無料お試しが再開できます。

DAZNの無料お試しに登録後、1ヶ月経たずにすぐ退会した場合でも「マイ・アカウント」から「利用を再開する」を選択すれば、すぐに再開することが可能です。

無料お試し期間の間であれば、再開後も料金がかかることは一切ありません。
ただし、無料お試し期間が終了してから再開した場合は、定額料金が発生するので注意しましょう。

DAZNの料金設定について

DAZNの料金設定は大きく二つに分かれます。

docomoユーザー980円(税抜)
docomoユーザー以外1,750円(税抜)

DAZNには有料コンテンツ(PPV)が一切なく、上記の定額料金で全ての番組が見放題です。
有料チャンネルか、無料チャンネルか気にしなくていいのは、分かりやすくてありがたいですよね!

“DAZN for docomo“というフレーズをCMや交通広告で見かけたことがある人も多いかと思いますが、docomoユーザー対象にキャンペーンを行っています。

docomoユーザーであれば、一般会員より770円も安い月額980円で利用することができるんです!

docomoユーザーでない場合、1,750円という金額は他の動画配信サービスと比べても決して安いとは言えません。

しかしそれに見合うだけのサービス内容であることは間違いなく、コンテンツも充実しているのでコスパは非常に高いサービスだと言えます。

割引キャンペーンについて

先ほどの料金体系をみて
「なんだ…Softbankユーザーやauユーザーは関係ないじゃん」とガッカリした人!安心してください!

DAZNでは少しでもお得に利用できるように、docomoユーザー以外に向けた割引キャンペーンも用意されています。

プラン名月額料金(税抜)割引金額
DAZN+dTV2,050円200円
DAZN+dTVdTVチャンネル2,530円500円
DAZN年間パス20,790円1,890円
DAZNハーフシーズン視聴パス(6カ月)9,625円945円

キャンペーンと聞くと、単純に料金が安くなるだけかと思いますよね。
しかしdTVやdTVチャンネル(docomoが提供する動画配信サービス)に加入することが条件であったり、年会パスやハーフシーズンパスを購入することが条件など、プラスαでサービスに加入することが条件となっています。

dTVやdTVチャンネルならアニメや映画など幅広いジャンルを楽しむことができます!
docomoユーザーで無い人も入会が可能なので「スポーツを観るならDAZN」「アニメや映画を観るならdTV」とサービスを使い分ける方法もおすすめです!

DAZN年会パス・ハーフシーズンパスについて

Jリーグの「年間パス」や「ハーフシーズンパス」はきちんと形のある「カード」として販売されています。

購入を検討している人は、自分がサポートしているクラブのカードを購入すれば、券面にチームロゴが入った年間パスを入手することができます。
※ハーフシーズンパスは、チームロゴデザインなし

サポーターにとってこの「年会パス」はある意味ステータスであり、カードを持っているだけでもテンションが上がりますよね!

年会パス・ハーフシーズンパスが購入できる場所は、Jリーグオンラインストア及び、Jリーグ各クラブ指定オンラインショップやグッズ店舗、Jリーグ開催日の試合会場です。

また、年会費の一部がクラブの強化費に充てられるため「クラブに貢献している!」という実感を得ることもできます。

ちなみにこのパスの購入を検討している人の中には「年会パスやハーフシーズンパスはJリーグだけしか観られないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、安心してください!
DAZNの年会パスでは、有料会員と同様全てのスポーツが視聴可能です!

今日から10/20まで無料

DAZNで視聴可能なスポーツジャンル

DAZNが向いているのはこんな人

DAZNでは地上波で放送されない、さまざまなジャンルのスポーツを視聴することができます。
具体的にどんなスポーツが観られるのか詳しくご紹介します!

冒頭でも少しご紹介しましたが、DAZNで視聴できる主なスポーツジャンル※は次の通りです。
サッカーと野球は特に強く、敵なしです!

サッカー野球(NPB、MLB)モータースポーツ
自転車競技テニスボクシング
バスケットボールゴルフバレーボール
ラグビーセーリング総合格闘技
ビリヤードダーツフットサル
NFLeスポーツ

※2019/5/17現在

Jリーグ

J1~J3の放映権を得て、独占配信できるのはDAZNだけ!
DAZNで放送される番組は独占となっており、J1だけにとどまらずJ2・J3の試合までがライブ中継で独占配信されます!
Jリーグの全てのクラブの試合を視聴できるのは、DAZNしかありません!
しかし、ルヴァン杯、天皇杯は観ることはできません

海外サッカー

海外サッカー

「UEFAチャンピオンズリーグ」「UEFAヨーロッパリーグ」の独占放映権を2020-21シーズンまで獲得しており、さらに欧州CL決勝戦は地上波では放送されずDAZNでしか観ることができません!
また、各国のカップ戦も放送されており18-19シーズンはブンデスリーガの放送はありませんでしたがカップ戦であるポカールの放送はあります。

主な放送リーグ備考
UEFAチャンピオンズリーグUEFAヨーロッパリーグのTOPチームが集まる
UEFAヨーロッパリーグUEFAヨーロッパリーグの上位チームが集まる
プレミアリーグイングランド各国の代表クラスが集まるリーグ、吉田麻也選手がサウサンプトンに所属
ラリーガ
(リーガ・エスパニョーラ)
スペインバロセロナ、レアル・マドリーが人気を引っ張るリーグ。多くの日本人選手が目標としている
セリエAイタリア90年代に人気が沸騰。海外サッカーといえばセリアAという印象を持つファンも多い
リーグアンフランス酒井宏樹選手がマルセイユに所属
スュペル・リグトルコ香川真司選手がベシクタシュに長友佑都選手がガラタサライに所属

プロ野球

東京ヤクルトスワローズ広島東洋カープの放映権こそ獲得できませんでしたが、それ以外のセパ10球団の主催試合が視聴可能です!
※例えば巨人主催(東京ドーム等)試合の広島戦、東京ヤクルトスワローズ戦は配信されています。

近年は地上波の野球中継が減った為ライブ中継がされず結果をネットやニュースで確認するだけになってしまった。
そういう人こそプロ野球観戦ができるDAZNがおすすめです。

地上波と同様に試合を放送するだけではなく、野球ファンに楽しんでもらえるような「選手インタビュー」や「特別オリジナル特集」などDAZNオリジナルコンテンツも充実しています!

モータースポーツ(F1/F2/F3)

モータースポーツ(F1/F2/F3)

F1だけにとどまらずF2・F3のカテゴリも視聴可能!

DAZNで視聴可能なおすすめスポーツジャンル

上記で紹介した以外にも、まだまだおすすめのジャンルがあるのでご紹介します。
どれも地上波では放送されていないので、無料お試し期間中にぜひ色んな番組を観てみてくださいね!

テニス

大阪なおみ選手出場試合や、「マドリード・オープン」「BNLイタリア国際」のハイライト番組も多数配信中。

自転車競技(ツール)

「UCIワールドツアー」など自転車プロロードレースを観ることができます。

ラグビーユニオン

欧州ラグビーチャンピオンズカップの試合を始め、試合の見逃し配信も行っています

総合格闘技

ベラトールやUFCなどのタイトルも視聴可能!ハイライト映像で流れだけチェックすることもできます。

DAZNの機能について

DAZNにはスポーツを楽しむオリジナル機能が充実しています。

見逃し配信

深夜放送で観られなかった番組や、ついうっかり見逃してしまった番組は見逃し配信で視聴が可能です。

Jリーグ・海外サッカー・プロ野球などの人気ジャンルでは試合終了後、約30日間の見逃し配信期間が設けられています。

その他のジャンルは、見逃し配信が行われていない番組もありますが、下記のような表示があるジャンルでは見逃し配信を視聴することが可能です。

DAZNの機能について

ハイライト機能

「見逃し配信を観たいけど、時間があまりないから見どころだけ確認したい!」
という人はハイライト機能がおすすめです。

上記の「見逃し配信」にピックアップされている番組をクリック後、「ハイライトに切り替える」クリックすれば、ハイライトで(ダイジェストで)視聴することができます。

また下記のように、特別番組としてハイライトシーンをまとめた番組を視聴することも可能です!

ハイライト機能

リマインダー機能

気になる試合を見逃さないように、リマインダーを設定することができます。

視聴予定の番組の下にある「リマインダー」をクリックします。

リマインダー機能

予定時刻になると、スマートフォンにお知らせが届くので見逃すことはありません!
※スマートフォンの通知機能「DAZNを通知する」を忘れずにONにしておきましょう。

一部でダウンロードが可能

DAZNでは2019年より一部の番組がダウンロード可能となりました。
ダウンロードが可能の場合、番組の下に「ダウンロード」と表示されます。

一部でダウンロードが可能

ダウンロードが出来ない場合は「ダウンロード不可」と表示されます。

一部でダウンロードが可能

ダウンロードされた番組は「ダウンロード済」のフォルダにストックされ、視聴期限も記載されているので、その期間内で視聴するようにしましょう。

一部でダウンロードが可能

ちなみに、ダウンロードに必要な時間ですがWi-Fiの環境や性能にもよりますが、私の場合25分の番組で7、8分程度でした。

ダウンロードするのに、そこまで時間を要する訳では無さそうですが、通信容量が気になる人はWi-Fiのある環境でのダウンロードをおすすめします。

ダウンロード画質が変えられる

DAZNでは「低画質」「標準画質」「高画質」からダウンロード画質を選ぶことができます。

ダウンロード画質が変えられる

DAZNでは「低画質」「標準画質」「高画質」からダウンロード画質を選ぶことができます。

「低画質」にすることにより、通信容量やストレージ容量をセーブすることが可能です。
その変わり画質はあまり良いとは言えません。

Wi-Fi環境などでダウンロードが可能な場合は、「高画質」を選択すればより良い画像で視聴することができます。

F1 ZONE

F1 ZONE

F1を視聴するときに便利な機能が「F1 ZONE」です。

F1 ZONEでは

「メイン画像」で試合展開を確認

ドライバー目線の「オンボードカメラ」映像

「マシンデータ」を確認

「ドライバートラッカー」でレース状況を確認

上記のことが1画面上で全て視聴可能です。

F1はスカパーなどでも視聴することができますが、このような機能があるのはDAZNだけです!

今日から10/20まで無料

DAZN 無料お試しの登録方法

DAZNの無料お試し登録の手順をキャプチャ付きで解説します。

1:下記サイトを開き「まずは、1ヶ月お試し¥0」をクリック

1:下記サイトを開き「まずは、1ヶ月お試し¥0」をクリック

2:アカウントを作成する

名前・アドレス・パスワードを入力します。

2:アカウントを作成する

3:支払い方法を選択する

無料お試し体験を登録する場合でも、支払い情報の入力が必要となります。
今回はクレジットカードの支払いを選択して手順を進めていきます。

3:支払い方法を選択する
DAZNチケットなどに記載されているコードを使って支払いをすることも可能です。しかしこの場合は事前にDAZNチケットを購入することになるので「無料で利用できる」ことにはなりません。

4:クレジットカードの情報を入力する

4:クレジットカードの情報を入力する

5:無料登録完了

クレジットカード情報を入れたら、登録完了です。
「無料期間がいつまでなのか」「支払いはいつから発生するのか」がこの画面で表示されるので確認しておきましょう。

5:無料登録完了

DAZN 無料お試しの解約方法

DAZNの解約・退会方法!それぞれの違いと注意点を解説

DAZNの解約・退会方法!それぞれの違いと注意点を解説

解約手順も、1分程度で終わる簡単な手順です。

1:「マイアカウント」をクリック

1:「マイアカウント」をクリック

※Android版、iOS版どちらのアプリからも退会可能です。

2:「ご契約内容」の中にある「退会する」をクリック

2:「ご契約内容」の中にある「退会する」をクリック

3:「退会理由」を選択後「退会する」をクリック

3:「退会理由」を選択後「退会する」をクリック

※退会理由はプルダウン形式で選択可能です。DAZNに要望や意見があれば「アンケート」にその旨を記載することが可能です。

4:「退会リクエストが完了しました」と表示されれば退会完了

この画面が表示されれば退会完了です。

4:「退会リクエストが完了しました」と表示されれば退会完了
今日から10/20まで無料

DAZNを使ってわかったメリット

Jリーグを楽しむためのオリジナルコンテンツが充実している

CMが入らない

放送時間を気にせずに、試合の最初から最後まで観ることができる

支払いを一時休止することができる

上記であげたメリットについて具体的に解説していきます!

Jリーグを楽しむためのオリジナルコンテンツが充実している

Jリーグを楽しむためのオリジナルコンテンツが充実している

「Jリーグを観るならDAZN以外敵なし!」と言われていますが、DAZNにはJリーグをより楽しむためのオリジナルコンテンツが非常に充実しています!

Jリーグ・ゾーン

Jリーグ・ゾーンとは簡単に言えばJリーグの試合が重なった場合、複数の試合展開を一度に観ることができるコンテンツのことです。

サッカーの試合を1試合だけ集中して見続けていると、間延びしている展開のときは多少退屈に感じてしまうこともあります。

そんな時は他の試合のゴールシーンやFKなど、注目のシーンをDAZNのスイッチング担当者がメイン画面に切り替えて表示してくれるので、退屈さを感じることなく視聴することができるのです!

下記の画像が実際の画像で、メイン画像の他に注目シーンの試合を同時に視聴することが可能です!

Jリーグ・ゾーン

DAZNピッチサイド

DAZNのSNS専用スタッフが、注目カードのスタジアムに出向きピッチサイドから選手の様子を配信する企画です!

試合中の選手や監督の表情はもちろん、ウォーミングアップの様子やサポーターの声援など、普段あまりテレビでは観ることのできないピッチサイドの情報が動画で撮影されます!

撮影された動画は、DAZN公式ツイッター・Facebookと連携しておりピッチサイドならではの、臨場感あふれる映像がSNSによってファンに届けられます!

サンデー・Jプライム

サンデー・Jプライムとは、毎節日曜17:00~(夏季は時間帯に変更あり)の試合で、通常よりもカメラの台数を増やし、18台以上のカメラアングルで視聴が楽しめる特別番組です。

カメラの台数を増やすことにより、よりクオリティの高い映像が観られるのはもちろん、試合の臨場感を体感しているようなカメラワークを楽しむことができます!

オールゴールズショー

約10分間、各節の全ゴールを紹介する特別番組です。
ナレーション付きで注目選手のデータなどの解説もあります。
オールゴールズショーはJ1~J3全てのゴールを観ることが可能です!

Jリーグプレビューショー

毎節の注目試合を選手・サポーター・監督のインタビューを交えて見どころを紹介。

Jリーグジャッジリプレイ

前節の疑惑の判定、疑問の判定をリーグの審判委員を交えて検証。
ユーザーが疑惑のシーンについてツイッターで「#Jリーグジャッジリプレイで取り上げて」とタグをつけてツイートすることでジャッジの再検証を依頼できる参加型コンテンツ。

CMが入らない

地上波でスポーツ番組を観ると、どうしてもCMが入ってしまいます。
サッカーなどは、CM中に試合に動きがあることもあり、「CM中にゴールを決めた!」なんてことも少なくありません。

DAZNならCMが一切入らないため、全ての瞬間をリアルタイムで視聴することが可能でなのです!

ハーフショーやピッチング練習などが行われているとき、地上波ではCMが流れていることが多いのですが、DAZNはそのハーフショーなども観ることができるんです。

CMが無くハーフショーなどが観られることで、実際に自分がスタジアムや球場にいるような感覚を味わうことができます!

放送時間を気にせずに、試合の最初から最後まで観ることができる

野球中継を観ていると、放送時間の関係で一番いい最後の回が観られないことがよくあります。

しかしDAZNなら放送時間を気にすることなく、延長戦で試合が長引いたとしても最後まで試合を見届けることができます。
試合後のヒーローインタビューや監督インタビューまで見られるのは、嬉しいですよね!

支払いの一時休止ができる

スポーツには「シーズン」というものがありますよね。
つまり「オフシーズンはあまりDAZN観ないかも…。その期間だけ利用を一時停止できないかな…」

なんて考える人も少なくないはずです。
そんな人のためにDAZNでは「一時停止機能」というものが存在します。

一時停止機能とは
・停止中は一切料金が発生しません
・再開日を自分で決めることが可能(最大4か月後)
この機能を使えば、退会や再登録などめんどうな手続きをする必要がありません。
DAZNを利用しない期間が明確な場合は、料金の無駄がなくとても便利な機能です。
一時停止する際の手順
1:DAZNの「マイアカウント」にアクセス
2:「ご契約内容」の中にある「退会する」をクリック
3:「一時停止をする」を選択(この時点で再開日を指定する)して完了

一時停止の手続きが終了すると、次はいつから視聴可能(支払いが発生)か表示されますので忘れずに確認しておきましょう。

DAZNを使ってわかったデメリット

画質が悪い(画面がカクカクする)

遅延がある

スポーツごとにカテゴリにかたよりがある

画質が悪い

DAZNではダウンロードの画質変更はできるものの、視聴中の画質を変更することができません。
そのため移動中や視聴環境、デバイスによっては、画面がカクカクしたり止まってしまったりと、見づらいこともしばしばあります。

こういった問題はネット特有の現象であり、DAZNだけに限ったことではありません。
DAZNの公式サイトでは推奨環境について言及していますので、一度確認してみるといいかもしれません。

遅延がある

地上波のリアルタイム放送と比べて、DAZNでは数秒~数分の遅延がしばしば起こります。
野球での体感では、ライブ地上波>テキスト速報>ラジコ>DAZN

遅延することで、公式ツイッターを同時に確認している人はネタバレになってしまう事態も…。

ネット回線を介している以上、多少の遅延は避けられません。

もしかしたら「モバイル回線が現行の4Gから通信量のアップした」5Gになれば、そこまで気にならなくなるかもしれませんが、遅延の改善に関しては、今後のDAZNの対応にも期待したいところです。

スポーツごとにカテゴリにかたよりがある

サッカーや野球を観たい人にとってDAZNは非常に使い勝手の良い動画配信サービスですが、他のジャンルにはかたよりがあります。

例えば、格闘技はボクシングと総合格闘技のみ。
モータースポーツもF1~F3のみでGTやMotoGPは視聴ができません。
ブンデスリーガも17-18シーズンは配信されていましたが18-19シーズンは配信されていません。
スポーツに強いとはいえ、網羅していない、シーズンが変わると配信されないカテゴリがあるのが現状です。

しかし、DAZNでは視聴できるカテゴリが随時更新・変更される可能性も十分に考えられるので、この問題に関しても今後のDAZNに期待したいところです!

今日から10/20まで無料

スポーツを見るならDAZN・スカパー・Jスポーツどれがおすすめ?

スポーツを見るならDAZN・スカパー・Jスポーツどれがおすすめ?

DAZN以外にもスポーツ専用のCS系チャンネルがありますが、どれがおすすめなのか料金などと比較してみてみましょう!

DAZNの利用を検討している人の大半は「サッカー」もしくは「野球」をメインに視聴したいと考えている人だと思うので、サッカーと野球の視聴が可能な「スカパー」と「Jスポーツ」で比較してみました!

月額料金
(税抜)
視聴可能ジャンル
DAZN1,750円野球/サッカー/モータースポーツ/自転車競技/テニス/ボクシング/バスケットボール/ゴルフ/バレーボール/ラグビー/セーリング/総合格闘技/ビリヤード/ダーツ/フットサル
スカパー2,759円野球(プロ野球/MLB)/サッカー(海外)/Bリーグ/バスケットボール/モータースポーツ/ラグビー/サイクルロードレース/ゴルフ/フィギュアスケート/プロレス(格闘技)
Jスポーツ2,286円野球(プロ野球/MLB)/ラグビー/サイクルロードレース/モータースポーツ/プロレス(WWE)/バスケットボール/サッカー/フットサル/フィギュアスケート/スキー/バトミントン/卓球/ダンス/フィットネス/クライミング

まず料金ですが、圧倒的にDAZNが安いことが分かります。
docomoユーザーなら980円で視聴可能なので、他の2つのサービスと比べても圧勝です。

視聴可能ジャンルを見ると、DAZNが他のサービスと比べるとやや劣る感じはします。
これは料金に差がある以上、ある程度は仕方がないかもしれません。

2019年9月開催予定のラグビーワールドカップを視聴したい人は、地上波ででも放送予定ですが、この中だとJスポーツのみが視聴可能となります。

自分がどのスポーツをメインで視聴したいかによって、選ぶサービスは異なると思いますが「野球」や「サッカー」をメインに視聴したいのであれば、コスパを考えてもDAZNが断然おすすめです!

出典:https://www.jsports.co.jp/subscribe/

DAZNの支払い方法について

冒頭の表でも支払い方法について触れましたが、DAZNの支払い方法は何パターンかあるので詳しく解説します。

DAZNの支払いで利用できるのは以下の方法です。

決済方法詳細
クレジットカードVisa、Mastercard、JCB、ダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレス
デビットカード基本的にはほとんどのデビットカードが利用可能です。
Pay PalPay Palオンライン決算でも支払いが可能です。
DAZNプリペイドカード全国のコンビニや家電量販店などで購入が可能です。
1ヶ月:1,750円
3月:5,250円
5月:8,750円から選択できます。
※税抜価格
DAZNチケット全国のコンビニエンスストアのマルチメディア端末(LoppiやFamiポートなど)
で購入可能です。
1ヶ月/1,750円(税抜)で購入することができます
DAZNチケットに書かれている「TG」から始まるコードを入力し適用することで支払いが完了します。
年間視聴パス
ハーフシーズンパスの利用
詳しくはこちら
アプリ内課金iTunes/Amazon IAP/Google Play

アプリ内課金

iTunes:Appleの規定により1,890円(税込)という金額設定ができません。月額料金1,900円(税込)での課金となりますのでご注意ください。
Amazon IAP:Amazon端末(Amazon Fire TV、Fire TV Stick)よりAmazonアカウントをお持ちの方はお支払い方法に設定が可能です。
Google Play:Google Playアカウントをお持ちの方は支払い方法に設定が可能です。

DAZNの口コミ・評判

ここまでDAZNのサービス概要やメリットについてお話してきましたが、実際に使っている人のリアルな意見が気になるところですよね。
そこで、DAZNユーザーから寄せられた口コミや評判をいくつかご紹介します。

男性・30代
ほとんどのメジャースポーツが観れるので、スポーツ観戦好きなら満足度は高い。
プレビューショー、ジャッジリプレイ、オールゴールショーなどオリジナルコンテンツも多いので満足!
男性・20代
遅延が気になる。野球だとテキスト速報よりも遅いので実況chを観ながら視聴することが日課になってるのでストレスを感じることも。
男性・30代
通信環境が少しでも悪いと(移動中とか)止まるので、いつでもどこでも快適に観られる訳じゃないので微妙。悪いところもあるが、全体的にメリットといえる内容が多くサービス内容を考えると破格。
女性・30代
F1が地上波で放送されなくなったのでDAZNで観られるのは嬉しい。docomoユーザーは980円で視聴できるので、コスパがよすぎる!

画質の面に多少不満はあるものの、コスパがよく満足している人が多いようです!
特にサッカーを観るためのオリジナルコンテンツの充実度は高く、これを観るだけでも充分に元はとれそうですね!

DAZNのよくある質問

DAZNに関するよくある質問をまとめました。

DAZNをテレビで見る方法は?

DAZN(ダゾーン)をテレビで見るための方法5選!初心者でも簡単にテレビでDAZNを楽しめます

DAZN(ダゾーン)をテレビで見るための方法5選!初心者でも簡単にテレビでDAZNを楽しめます

Amazon Fire TV Stickを使えば簡単にテレビ※で観ることが可能です!
※アプリのインストールが必要な場合もあります

Wi-Fi環境のある場所でテレビ側のHDMIとこのFire TV Stickを接続しコンセントにつなぐと、テレビでDAZNを見ることができます。
パソコンの映像をテレビに映すミラーリング用のデバイスではないので、パソコンを使わずにテレビだけで楽しめます。

Fire TV StickFire TV Stick 4K
価格¥4,980¥6,980
映像最大1080p
(フルHD相当)
4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
HDR-10対応なしあり
プロセッサクアッドコア
1.3 GHz
クアッドコア
1.7 GHz
ストレージ8GB8GB
オーディオDolby AudioDolby Atmos
Wi-Fiデュアルバンド
デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
デュアルバンド
デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
Alexa対応ありあり

Fire TV Stickは二種類ありますが、選び方は簡単です。
ずばり、ご自宅のテレビが4Kに対応しているかどうかです。
もちろん4K対応でない方のFire TV Stickもフルハイビジョン対応なので綺麗な画質で楽しむことができます。

Jリーグの見逃し配信やハイライト配信期間はいつまでですか?

放送後30日間、見逃し配信やハイライト視聴が可能です。

追っかけ再生はできますか?

できます。
たとえばリアルタイム視聴に10分間に合わなかった場合でも、試合開始からさかのぼって視聴し、10分間に当たる時間を途中途中でスキップ(早送り)すれば現時点に追いつくことができます。

DAZNの無料お試し中に見ることのできないコンテンツはありますか?

ありません。すべて無料で見放題となります。

何台まで同時に視聴可能ですか?

2つのデバイス(パソコンとスマートフォンなど違うデバイス同士でも視聴可能)で同時視聴可能です。

DAZNの会員登録には何が必要ですか?

アドレスとクレジットカードがあれば即視聴可能です。

DAZN運営者情報

社名Perform Investment Japan株式会社
所在地〒106-0032
東京都港区六本木1-4-5
アークヒルズサウスタワー9F
※本社/イギリス
事業内容スポーツコンテンツの動画配信サービスの運営
代表者ジェイムズ・デビット・ラシュトン
設立2016年810

DAZNまとめ

あらゆるスポーツを網羅した専用の動画配信サービス!

Jリーグ(J1/J2/J3)が視聴できるのもDAZNだけ!

定額料金で全てのチャンネルが見放題

サッカーを観るためのオリジナルコンテンツが充実!

地上波では放送されないマイナージャンルのスポーツも視聴可能

docomoユーザーはお得な料金でサービス利用が可能

今日から10/20まで無料

DAZN関連記事

DAZNの解約・退会方法!それぞれの違いと注意点を解説

DAZNの解約・退会方法!それぞれの違いと注意点を解説

気になる作品があったらシェアしよう!