ありふれたデスゲームではない!奇抜な就職活動を描くサツリクルート

「サツリクルートで就職活動のうっぷんを晴らすことができた」という口コミがあるなど、奇抜で爽快感のある面接場面が特徴的な漫画作品、「サツリクルート」

就職活動と殺し合いが融合した斬新なストーリーは、どんな内容なのか気になりますよね。

シリアスな展開のなかに笑いがあり、助け合いがある、そんなデスゲームを描く「サツリクルート」を、この記事で掘り下げていきましょう。



悪魔との契約で面接不合格で死亡することに

サツリクルート(引用元:コミックシーモア)

繁栄する組織にも、いずれは衰退する時はくる。
例外はありません。

そして日本もまさに、その例外から漏れることなく衰退の一途をたどっています。

日本の衰退は4つの財閥の力によって食い止められ、4つの財閥は日本を回す軸として、国内で絶対的な存在として君臨しました。

日本4大財閥の1つである蓼丸(たでまる)財閥の御曹司「蓼丸カズヤ」は、その権力にまみれた集団のなかの一人として、権力にものを言わせた生活を送っていました。

さらなる高みを画策していた蓼丸カズヤでしたが、蓼丸財閥のCEOであった父が役職を失ってしまったことで、権力のほぼすべてを失ってしまいます。

権力を失ったカズヤは、周囲の態度の変化、その他多くの状況が一変したことで混乱におちいります。

そんななか「アガリ」という名の悪魔が現れ、カズヤに契約を持ちかけます。

その契約は、特殊な能力を与える代わりに、就職活動で不合格となれば死に至るというものでした。

カズヤはその契約を承諾し、再び権力を取り戻すために就職活動を始めます
しかし、アガリはカズヤをただ助ける為ではなく、利用するために契約を持ちかけていたのです。

利用する悪魔とあらがう人間。
両者の思惑が交錯する中、命をかけた就職活動はどんな結末を迎えるのでしょうか?

特殊能力を得た人物たち

主人公:蓼丸カズヤ

蓼丸カズヤ
(引用元:裏サンデー公式サイト)

日本の生活を回す柱となっている4大財閥の1つ、蓼丸財閥のCEOの御曹司
しかし、物語冒頭で権力を失ってしまいます。

性格は御曹司であった頃の生活の影響で、傲慢かつ冷酷

カズヤは父である蓼丸豪の実子ではなく、養子として蓼丸家に加わっていました。

養子として迎え入れられた理由は、蓼丸豪の珍しい血液型と同じ血液型であったことから、動く「鮮血貯蔵庫」として都合がよかったからでした。

カズヤに与えられた超能力はデリート

この能力は、発言を消去する能力であり、発言者が他人であっても有効です。
消された発言は能力を発動したカズヤの記憶にしか残っておらず、周りの人間は知らない間に記憶を消去されてしまいます。

このような能力を面接では「好物当て」の特技として使います。

面接官の好物を聞き、答えをもらった後に能力を発動して、その状態から面接官の好物を言い当てるという演出を行うのです。

デリートの能力を与えた悪魔:アガリ

アガリ
(引用元:裏サンデー公式サイト)

当初はカズヤを駒として扱うために契約を持ちかけた悪魔。
しかし、カズヤの信念を知ると同時に、カズヤのことを認めて対等な契約を結びます。

契約をする前は自身の能力により遠くの未来を知ることができましたが、カズヤに能力を与えることによって自分の能力が弱まってしまいました。

そのため、直近の未来しか知ることができなくなっています。

カズヤを恩人と慕う就活生:木村厳龍斎(げんりゅうさい)

木村 厳龍斎
(引用元:小学館eコミックストア公式サイト)

悪魔であるマモンと契約を結んだ就活生

彼は家庭に問題を抱えており、弟と妹の世話の疲労で倒れてしまった父のために、すこしでも早く、よいところへ就職しなければという強い意志を持っています。

カズヤとは二人一組の面接でライバルとして争います。
最初は能力を使って優位に立っていた厳龍斎でしたが、カズヤのデリートの能力により自分の発言を記憶から消されてしまい、一気に形勢逆転されてしまいます。

そのうえ、急な状況に適応できないという弱点があり、そのままでは面接に落ち、命を落としてしまう展開となっていたところを、カズヤが厳龍斎と自分の評価を上げるように誘導して、二人とも無事面接に合格することになります。

厳龍斎の能力はオーバーリアクション
対象に選んだ人物が自分に抱く感情を、30分間何十倍にも増幅させる能力です。

この能力を使えば、面接官からの質問に、ありきたりな答えだと思われてしまうような返答でも、高い評価を得ることができます。

しかし逆に、マイナスな印象を与えてしまえば、そのマイナスも過剰に受け止められてしまうという欠点も。

無感情な女性就活生:小川いずみ

小川いずみ
(引用元:小学館eコミックストア公式サイト)

元おもちゃ会社社長を父に持つ女性。
父が経営していた会社が、蓼丸財閥によって買収され、会社の事業内容の変更を強制された結果、社員は全員リストラされてしまいました。
そして、その影響により父親が自殺してしまいます。

それが原因で、蓼丸財閥をはげしく憎んでいたいずみは、カズヤと出会った当初も復讐しようと考えていました。

彼女は復讐として多くの行動を起こしましたが、ある時にそれらはほとんど愚行だということに気が付き、自殺しようとします。
しかし、カズヤが彼女を助け、その後、カズヤの仲間となります。

いずみの能力はスリーポイントチャーム。
「対象を笑わせる」「対象に『すき』といわせる」「対象を返答させる」の三つを順不同で成功させれば、対象の人間は性別問わず、自分に惚れさせることができる能力です。

 

以上が能力を持った主人公と、その仲間たちです。
サツリクルートには個性的な性格に加え、能力という特徴も付加されている登場人物が多くいるため、バラエティに富んだ人間関係が楽しめます。

評判は?

サツリクルートの評判ですが、「予想外」と書かれているものが多いです。

まず「デスゲーム」というジャンル区分されるため、たくさんあるデスゲーム系の漫画作品と類似しているのではないかと思いながら読み始める方が多いようです。

しかし、読んでみてからその予想は裏切られ、どの作品にもない面白さを確立しているとの評価が見られます。

デスゲームなのでシリアスな展開は多くありますが、時折挟まれるシュールギャグがよいスパイスとなり、独特の作風を作り上げているという評価も多いです。

サツリクルートはどこで読めばいい?

サツリクルートは単行本化していますが、電子書籍としても読むことができます
例として、以下のようなサイトで本編を読むことができます。

裏サンデー

小学館による週刊少年サンデーが提供するウェブコミックサイトです。
利用自体は無料となりますし、作品ごとに冒頭部分を無料で読むことができます。

Amazon

Kindle端末で読むことができます。
端末があれば、会員登録や複雑な手続きなしですぐに作品を購入する事ができます。

コミックシーモア

NTTソルマーレが運営している電子コミックショップです。
利用するほどにポイントがたまるので、たくさんの漫画を読みたい方にはとくにおすすめです。

↓コミックシーモアでの試し読み、購入はこちらからどうぞ



まとめ

サツリクルートではデスゲームがおこなわれるというストーリーですが、その内容はどの作品にもない独特なものとなります。

就職活動を舞台に展開されるだなんて、他にないデスゲームですし、時折見られるシュールギャグがしっかりと活きています。

ストーリーは登場人物が引っ張っていくものです。
その登場人物が個性的でなければ、どのような舞台設定をしたとしても面白くなりません。

しかしこの作品は、登場人物の見どころに富んでいて、その登場人物が織りなす物語は見ものとなっています
あなたも就職活動デスゲームのゆく末を見届けてみませんか?

気になる作品があったらシェアしよう!