『このミス』大賞ドラマシリーズを無料で観るには?注目ミステリーで話題を先取り 配信サービス

『このミス』大賞ドラマシリーズを無料で観るには?大注目ミステリーで話題を先取り
提供元:Amazon

『このミス』大賞ドラマシリーズは『このミステリーがすごい!』大賞という文学賞を過去受賞した作品を映像化したシリーズです。
この記事では「『このミス』大賞ドラマシリーズでは、どんな作品が配信されるんだろう?」という方のために、ラインナップや出演俳優など、現時点でわかっている情報(※2019年7月)をご紹介していきます!

ちなみに制作予定は5作品ですが、現在(※2019年7月)配信されているのはまだ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」のみです。
そのほかの4作品はまだ映像化されておらず、放送開始日も未定なので、お目当ての作品が決まっている方は公式Twitterなどで情報のチェックをまめに行っておきましょう。

ミステリー好き大注目の「このミス」大賞ドラマシリーズが観られるのはU-NEXTとローカルテレビである関西テレビのみとなっています。
なので、「見逃してしまった!」「関西テレビはうちでは映らない…」という方はU-NEXTで視聴しましょう!

このミスシリーズの動画を無料で観られる

おすすめ動画配信サービスはコレ!

※動画配信サービスの配信状況により無料ではない可能性もあります。

『このミス』大賞ドラマシリーズを無料で観るには?
動画配信サービス(VOD)の多くはお試し利用が出来る無料期間があります!
請求は無料期間終了後の翌月からの月額利用料となります。

では、無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

また、違う動画配信サービスに乗り換えたい、使ってみたい場合も退会は非常に簡単です。多くのサービスがサイト内での手続きで完結します。

好きな動画を無料で楽しむには、無料期間をうまく利用するのがおすすめです!

『このミス』大賞ドラマシリーズを観ることができるのはU-NEXT

『このミス』大賞ドラマシリーズはU-NEXTで観ることができます。
U-NEXTついて概要をご説明します!

U-NEXTなら無料お試し期間中に600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる

例えばU-NEXTの場合、配信が始まったばかりのハリウッド映画は大体約500円~、ドラマは1話約300円~、アニメは1話約200円~なので入会したらすぐにポイントを使って最新作が楽しめます!
しかも!ポイントは動画以外にも使えるのでU-NEXTがおこなっている電子書籍サービスにも使えます。
値段は作品によって異なりますが、ジャンプのコミックス1冊は約400円、ライトノベルも安いものならば約400円のものもあるので気になる作品の原作が読めることも。
U-NEXTは本入会すると月額1,990円(税抜)で利用できる動画配信サービスです。
2,000円近くとちょっとお高い動画配信サービスではありますが、じつはお得に使える秘密があります。

それは毎月配布される1,200ポイントがあり、実質約800円で使えるからなんです!
無料お試し期間中にも600ポイントもらえるので忘れずに活用しましょう!

作品数は見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上と豊富なラインナップです。
最近ではDVDレンタルよりも早い配信もあるので、流行りの作品を早く、お得に観たい方にもおすすめです!

また、アカウントを最大4つまで分ける機能があるのでシェアして使うことも可能です。
アカウントは視聴履歴が分けられるので履歴が知られることもありません。
もちろん同時視聴もできるので、「誰かひとりが観ているので他の3人が視聴できない」ということもありません。

まずは、無料のお試し期間が31日間あるので使い心地を確かめてみるとよいでしょう! U-NEXTをまとめるとこんな感じです。

・毎月1,200ポイント、無料お試し期間中でも600ポイントもらえる
・配信作品が早く、配信作品が多い
・無料のお試し期間が31日間ある
・4つアカウントが作成でき、視聴履歴別、同時視聴OK
U-NEXTを無料で使うコツ!入会、解約の手順と有料作品をタダで観るための方法

U-NEXTを無料で使いこなす方法!無料登録・解約方法もキャプチャで解説

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,99031日間

『このミス』ドラマ映像化作品一覧

作品名放送開始日主演原作
時空探偵おゆう 大江戸科学捜査2019年7月4~ 毎週木曜0:25~
関西テレビ放送
U-NEXT:毎週木曜日 地上波放送後から配信
佐久間由衣大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう
著:山本巧次(宝島社)
名もなき復讐者 ZEGEN未定阿部進之介名もなき復讐者 ZEGEN
著:登美丘丈
死亡フラグが立ちました!未定小関裕太死亡フラグが立ちました!
著:七尾与史(宝島社)
連続殺人鬼カエル男未定未定連続殺人鬼 カエル男
著:中山七里(宝島社)
未発表未定未定2019年10月発表予定

詳しい続きは【『このミス』大賞ドラマシリーズのラインナップ】の項でご紹介しましょう。

では、次に『このミス』大賞ドラマシリーズについてご説明します。
『このミス』大賞ドラマシリーズについてすでにご存知でラインナップについてだけ知りたい方は、飛ばして次の項へいきましょう。

『このミス』大賞ドラマシリーズとは?

『このミス』大賞とは『このミステリーがすごい!』大賞の略です。
『このミステリーがすごい!』大賞とは宝島社が2002年に創設した文学の新人賞 のことです。

「新たな時代のミステリー&エンタテインメント作家・作品の発掘・育成」が目的として作られた文学賞で、これまでにも「このミステリーがすごい!大賞」からは「チーム・バチスタの栄光」の海堂尊氏など数々の優れた作家が輩出されています。

『このミス』ドラマシリーズでは宝島社の創設した『このミステリーがすごい!』の第16回までの関連作品の中から選ばれた5作品をシリーズもののドラマ化し、関西テレビとU-NEXTで配信するというものです。

ドラマ化される作品は受賞した作品だけではなく、編集部の推薦枠として出版された小説も中にはあります。
『このミス』では受賞やノミネートだけでも90作品以上あるのでその中から選ばれた5作品がドラマ化するんですね。

『このミス』ドラマシリーズでは、ドラマ化するのは過去受賞した作品の中から5作品選ばれるというのは決まっています。
しかし、4作品は決まっているものの5作品目はまだ決まっていません。

最後の5作目は2019年10月発表予定の第18回『このミステリーがすごい!』大賞のU-NEXTでカンテレ賞を受賞した作品になります。

どんな作品が選ばれるか、ドラマ好きもミステリー好きも見逃せない情報ですね!

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,99031日間

『このミス』大賞ドラマシリーズ公式情報はこちら

公式サイト公式Twitter

気になるラインナップや放送日、原作の情報などは下の項からご紹介していきます!

『このミス』大賞ドラマシリーズのラインナップ

最初の表でご紹介した通り、5作品映像化されることが決まっていきます。
この項ではその作品をそれぞれご紹介していきましょう。

第1弾「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」

時空

ドラマ 時空探偵おゆう 大江戸科学捜査の動画を無料で観る方法は?【見逃し配信】ドラマ全話フル視聴なら動画配信サービス

2019年7月17日

主演

佐久間由衣
1995年3月10日生まれ神奈川県出身。2013年から2017年まで雑誌『vivi』専属モデルとして活躍するかたわら、フジテレビ系土曜ドラマ「トランジットガールズ」主演など女優業も行っていた。
2019年『“隠れビッチ”やってました』で映画に初主演。

原作情報

「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」 著:山本巧次(宝島社)
2014年に第13回『このミステリーがすごい!』大賞に「八丁堀ミストレス」というタイトルに応募、最終選考までいくものの受賞には至らず落選した。

しかし、発想のユニークさや物語そのものの面白さは高い評価を受けており、2015年に編集部推薦の隠し玉として「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」に改題して刊行され、著者のデビュー作となる。

第2弾「名もなき復讐者 ZEGEN」

主演

阿部進之介
1982年2月19日生まれ大阪府出身。
『超星神グランセイザー』で有名になった、その後、大河ドラマや刑事ドラマなどにも多数出演。
2019年には映画「キングダム」に出演した。

原作情報

「名もなき復讐者 ZEGEN」 著:登美丘丈
第17回『このミステリーがすごい!』大賞でU-NEXT・カンテレ賞をサプライズ受賞。
原作はまだ発売されておらず、2019年8月6日発売予定。

第3弾「死亡フラグが立ちました!」

主演

小関裕太
1995年6月6日生まれ東京都出身。
子役からキャリアがあり「天才てれびくん」のレギュラーを3年務めた。
2018年テレビドラマ「わたしに××しなさい!」で初主演、同年には連続テレビ小説「半分、青い」にも出演。

原作情報

「死亡フラグが立ちました!」 著:七尾与史(宝島社)
第8回『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉(編集部推薦)に選ばれた。
「トンデモ展開」や「貴重なコメディ系ミステリー」という点で高い評価を得られた。
その後、改稿したものを宝島社から文庫版として出版、その結果24万部のベストセラーとなった。

「死亡フラグ」はシリーズ化し、シリーズは累計38万部を突破している。
映像化されたのは今回が初めてではなく、2012年にも日本テレビ系列のバラエティ番組「超再現!ミステリー」で映像化されたことがあるが、シリーズもののドラマ作品として制作されるのは今回が初めてである。

第4弾「連続殺人鬼カエル男」

主演

未定

原作情報

「連続殺人鬼 カエル男」 著:中山七里(宝島社)
第8回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に、同作者の「さよならドビュッシー」とダブルエントリーされた。

同作者の2作が同時に最終選考に残るのはコンテスト史上初の快挙。
受賞をしたのは「さよならドビュッシー」のほうだったが、選考委員の評価が高かったことから「読みたい」という声が多くあがったため出版が決定した。
続編の「連続殺人鬼 カエル男ふたたび」が2018年に刊行された。

第5弾作品はまだ未発表

第5弾の作品は2019年10月発表の第18回大賞を受賞した作品が制作される。
第1次選考の途中(2019年7月時点)。
いったいどんな作品が選ばれるのかお楽しみに!

ではラインナップの紹介をしたところで、次はドラマ化第1弾の作品の紹介をしていきましょう!

『このミス』大賞ドラマ化第1弾作品を紹介!「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」

トップバッター「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」は江戸の町の事件に現代科学の力で真実に迫る痛快ミステリー!
そんな「おゆう」のみどころをご紹介していきましょう!

「時空探偵おゆう」おすすめポイント!

死ぬ前に伝えられたおばあちゃんの家の秘密…おばあちゃんちの押入れからタイムスリップして江戸時代に?!

ごくごくふつうの気弱な現代OLが江戸時代で事件をかっこよく解決していく

江戸事件で起きた殺人事件を現代に持ち帰り、現代の科学技術で解明!それによって明かされる真実とは…

調査を続けるうちに解き明かされていく江戸でうごめく大きな陰謀

江戸の同心・鵜飼伝三郎の“男も惚れる”いい男っぷりとおゆうとの仲の進展

「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」予告、公式動画

「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」【予告60秒】


監督根本和政、桑島憲司、亀谷英司
制作トライストーン・ピクチャーズ
主題歌「花時雨」Qyoto(アリオラジャパン)

「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」のあらすじ

押入れを抜けたら、そこは江戸時代だった…。

関口優佳(佐久間由衣)は東京の不動産会社に勤めるOL。
ある日、優佳はなくなった祖母に教えられた「家の秘密」を調べるために押入れに入った。すると、なぜか江戸時代にタイムスリップしてしまった!

驚きつつもせっかくの祖母に与えられた機会を優佳なりに江戸の町を楽しもうとしていた矢先、事件に巻き込まれてしまう。

しかも町の奉行所に勤める同心・鵜飼伝三郎に殺人現場の捜査協力を頼まれてしまい?!。
ごく普通のOLが江戸時代で名探偵になる、ハチャメチャな本格時代ミステリー。

登場人物紹介

関口優佳(せきぐちゆうか)/ おゆう 演:佐久間由衣

祖母から受け継いだ家の押入れから江戸にタイムスリップしたごく普通のOL。
祖母は以前からたびたび江戸に来ており、そのたび鵜飼の捜査に知恵を貸していたため、そのつながりで優佳も「おゆう」として江戸の事件捜査に協力することになる。

鵜飼伝三郎(うかいでんざぶろう) 演:竹財輝之助

江戸南町奉行所の同心。
現場の見立てが苦手で、殺人事件が起きたときはたびたび優佳の祖母から知恵を借りていた。
おゆう(優佳)に事件調査の協力を頼む。

宇田川聡史(うたがわさとし) 演:甲斐翔真

現代の優佳の幼馴染。
バリバリの理系で少し変わり者だが、聡史の科学調査は優佳の推理の大きな手助けになる。

「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」原作情報

原作小説「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」シリーズ  著:山本巧次(宝島社)

・「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」 (2015年8月)
・「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋のご落胤」(2016年5月)
・「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢」(2016年12月)
・「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ」(2017年10月)
・「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ドローン江戸を翔ぶ」(2018年10月)

「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」の放送日・配信情報

見逃し配信情報

U-NEXTで配信中 U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,99031日間

放送日情報

毎週木曜0:25~: 関西テレビ放送

「このミス ドラマシリーズ」まとめ

「このミス」大賞ドラマシリーズでは過去に「このミステリーがすごい!」大賞の関連作品をドラマ化していきます。

制作するのは5作品ですが、そのうち発表されているタイトルは4作品だけ、大トリの第5弾をかざる作品は2019年10月発表のためまだわからないのもまた楽しみですね。

しかし、テレビ放送は関西のローカル放送のみで、他の地方ではテレビ放送で観ることはできません。

しかし、ほかの地方の方でもU-NEXTなら「このミス」大賞ドラマシリーズを観られます。
U-NEXTで今後のラインナップもどんどん配信されていくため、ミステリー好きや原作ファンで注目している方は、U-NEXTに登録して個性豊かなミステリーを浴びまくっちゃいましょう!

気になる作品があったらシェアしよう!