東京にゾンビが発生!リアリティあふれる「東京アンデッド」!

東京にゾンビが発生!リアリティあふれる「東京アンデッド」!

「おもしろい漫画が読みたい!」

そんな風に思うことはありませんか?

でも、ネットで検索するとコミックスや電子配信ではとてもたくさんの漫画が発行されていて、どれが自分好みな漫画なのかわかりにくいですよね。

そこで今回は、リアルな人間ドラマが魅力のゾンビ漫画「東京アンデッド」のあらすじと魅力を紹介していきます。

読むかどうか迷ったときの参考にしてみてください。

残酷だけれど飾らない人間の本性をありありと描きだしたこの作品に、きっとあなたも引き込まれていくことでしょう。



話ごとに主人公が違うオムニバス形式

人々

「東京アンデッド」は、「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE」などの作者でもある佐伊村司先生による、ゾンビ・ホラー漫画です。

話の進み方としては、1話ごとに主人公が変わるオムニバス形式の漫画となっています。

話ごとに主人公が入れ替わり、登場するキャラクターたちはそれぞれ置かれた状況も、年齢も、性格も異なっています。

話が変わるごとに、ときには残虐な、ときには慈愛に満ちた人間ドラマが繰り広げられ、読んでいて飽きることがありません。

またそれぞれの話が複雑に絡み合って、物語が進むにつれて話がつながるようになっています。

そのため、オムニバス形式といえども1話から順に読み進めることでよりストーリーを楽しむことができるでしょう。

ここでは、いくつものオムニバス形式の話の中から、参考として1話のあらすじと主人公について紹介していきます。

サイトなどの試し読みなどを利用していただければわかると思いますが、1話の冒頭から衝撃的な展開の連続に圧倒されることでしょう。

それでは物語のあらすじを紹介します!

あらすじ
1話の主人公は、とび職の青年「勝(マサル)」

20xx年12月16日の東京は、原因のわからないなぞの感染によってほとんどの人がゾンビ化してしまっていました。

ゾンビ化をまぬがれた勝は、道路をゾンビが占領しているため電線を伝って移動し、食料などを探しています。

人のいない部屋を狙って侵入しますが、満足な食べ物や水を得ることはできません。

自分以外にゾンビ化をまぬがれた人間に出会うこともなく、電線を伝っていた時、勝は突然ひとりの人間に呼びかけられました。

勝のほかにもまだ人間がいたのです。

 

その人間は「孝司(コージ)」と名乗り、食料を探すため、一緒にあるマンションに侵入することに。

しかし、人間に会えたと感動したのもつかの間、孝司はとても残虐な人間性を持った男でした。

孝司はマンション内で首をつっていた女子高生の死体を無意味にバットで殴り、協力関係にあったはずの勝を拘束して、マンションにあった食料を独り占めしてしまいます。

さらに、孝司は「つい先日、ベージュのワンルームマンションに隠れていた人間の女を見つけ、3日間犯し続けた」と楽しそうに語るのでした。

そしてなんとか逃げ出した勝が、孝司の言っていたベージュのワンルームマンションを探し当てると、そこには確かに裸で机に縛り付けられた女が横たわっていたのでした・・・。

絵柄はリアルで、ゾンビや虫の湧いた死体などグロテスクな描写も多いので、ゾンビ漫画やグロテスクな表現に抵抗がない方なら物語を楽しむことができるでしょう。

 

必死に生き延びようとする人間たち

助け

先ほど紹介した1話の主人公、「勝」や登場人物の「孝司」だけでなく、上下巻2冊発行されている漫画の中には、多くの人物が登場します。

登場人物たちの性格はさまざまですが、共通して言えるのは、ゾンビに支配された極限状態でも、必死に生き延びようとしていることです。

命の危機にさらされたとき、人間の本性は現れます。

たとえ孝司のような残虐な人間であっても、東京がゾンビ化さえしなければ普通の人間として生きていたのかもしれません。

ゾンビ化が起こる前の東京では普通の人間だったはずの人々が、あるものはゾンビになり、あるものは生きるためなら残酷な事でもやってのけ、あるものは葛藤し、あるものは慈愛を示す。

漫画では、ゾンビ化した東京という非日常を舞台にしていますが、登場人物たちの行動や心情は他人事ではないのかもしれない、と考えさせられます。

救いようがない悲惨な状況や、リアルさを感じさせる絵柄は、人を選ぶ内容だと思います。

しかし、ある程度人を選ぶ内容だからこそ、一度ハマったらやみつきになってしまうかもしれません。

 

打ち切りのような最後?

ここまで紹介してきたように、「東京アンデッド」はラストに向けてのストーリー展開が非常に楽しみにされた漫画でしたが、残念ながら世界観をさらに追及する前に打ち切りのような形で最終回を迎えてしまいました。

最後はストーリーを完結させるためか、中途半端に無理やりストーリーをまとめたという印象があります。

登場人物やストーリーの設定からみると、コミックス何冊分もストーリーをつなげていくことでより深みが出てくる作品だと思えるだけにとても残念です。

ネットの評判や口コミをみると、やはりハマった方も多くいるようで、終わりを残念がる声も多く出ていますが、今のところ続編が出る予定はないようです。

しかし、発行された2冊だけでも十分に読みごたえがある作品に仕上がっており、あまり長編の漫画を読んでいる余裕がないという方にはおすすめです。

2冊であれば読むのにそれほど時間もかからず、購入費用も手ごろですよね。

 

「東京アンデッド」を読むには?

スマホを見る女性

「東京アンデッド」を読みたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この作品は全国の書店、通販でコミックスを買うことができます。

コミックス上下巻は全国の書店や通販で販売されています。

しかし、2015年に発売されたコミックスなので、店頭に在庫がない書店も多いかもしれません。

その場合は、電子書籍での購入を検討してみましょう。

電子書籍のサイトはたくさんありますが、今回はおすすめのサイトをふたつ紹介します。

 

BookLive!

ネットで会員登録を済ませ、購入手続きをすることで上下巻とも読むことができます。

新規会員登録をするともれなく書籍購入50%割引クーポンがついてきます。

Tポイントが使うことができるので、普段から利用している方にはおすすめでしょう。

「激安セール」をおこなっていることも特徴で、気になっていた漫画が、お得に読むことができるかもしれません。

Renta!

ネットで会員登録を済ませた後、サイト内で使えるポイントを購入、ポイントとの交換でダウンロードすることができます。

ポイントを使った作品ダウンロードによりさらにポイントがたまる仕組みになっていますので、たくさんの作品をレンタルしたいと思っている方にはおすすめです。

48時間レンタル、無期限レンタルなどさまざまなサービスがあります。

今回はふたつ紹介させていただきました。

「東京アンデッド」を読んでみたいという方はこちらからどうぞ!



まとめ

「東京アンデッド」のあらすじと魅力について紹介してきましたが、いかがでしたか?

結論から言えば、「東京アンデッド」はゾンビやホラー、グロテスクな題材を扱っているため、ある程度読む人を選ぶ内容だと思います。

物語の中では、極限状態に置かれたときの人間のリアルな本質が良い面でも悪い面でもありありと描き出されています。

漫画の中の出来事だとわかってはいながらも、つい自分が同じ状況に陥ったらと想像してやみつきになってしまうことでしょう。

「東京アンデッド」を読みたいと思ったら、書店で購入する事もできますが、電子配信版もおすすめです。

キャンペーンによっては、一部無料で読むことができたり、分冊版として一話ずつ購入できるなどのメリットがあります。

気になる作品があったらシェアしよう!