ジャンプで連載中「呪術廻戦」の前日譚「東京都立呪術高等専門学校」

東京都立呪術高等専門学校

週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」のファンだという方もたくさんいらっしゃると思います。

では、その呪術廻戦の前日譚があることを、あなたは知っていましたか?
その名も「東京都立呪術高等専門学校」です。

この作品は、呪術廻戦の正式な前日譚としてジャンプGIGAで全4回にわたって連載されました。

今回は、そんな「東京都立呪術高等専門学校」について、「呪術廻戦」との繋がりも交えながらあらすじや、評判を紹介します。
「呪術廻戦」のファンだという方は必見です!



呪術廻戦とは?

呪術廻戦(引用元:引用元:コミックシーモア)

「呪術廻戦」とは、集英社の週刊少年ジャンプで2018年14号から連載されている芥見下々先生作の漫画です。

両親の顔を知らずに育った虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)は、並外れた身体能力をもつ少年。

その悠仁が、ある「呪物」の封印が解かれたことをきっかけに呪いの戦いに身を投じていく、というのが簡単なあらすじです。

「呪い」という題材を使った深みのあるストーリーや迫力のあるバトルシーン、主人公の虎杖悠仁をはじめとする登場人物とても魅力的に描かれています。

呪術回線の前日譚

その「呪術廻戦」の前日譚が「東京都立呪術高等専門学校」で、舞台は「呪術廻戦」の約1年前です。

つまり、「呪術廻戦」では2年生である真希先輩や棘、パンダが1年生のときの話で、虎杖や伏黒、釘崎は登場しません。

乙骨憂太が主人公です。

憂太には幼いころ結婚を誓った折本里香という幼馴染がいましたが、里香ちゃんは交通事故で死んでしまいます。

しかし、その里香ちゃんは呪霊となり、憂太は呪われることになります。

気弱な性格である憂太はよくいじめにあっていましたが、あるとき、彼に危害が加わりそうになると憂太に取りついた里香ちゃんが加害者を襲い、けがをさせてしまいました。

そのせいで周囲との関わりを避けてきた憂太でしたが、呪術師である五条先生に連れられて、東京都立呪術高等専門学校へ入学します。

そこで呪術の修行に励む仲間に感化されながら、自身も里香ちゃんの呪いを祓うために強くなることを決意します。

評判が気になる

この「東京都立呪術高等専門学校」、おもしろいと非常に評判です。
おもしろさを感じさせる理由として、まず本編である「呪術廻戦」との関わりが挙げられます。

「呪術廻戦」の1年前ということで、読者が知っているキャラクターと知らないキャラクターが関わり合うことのおもしろさがあります。

また、登場はしませんが、本編の主人公である「乙骨」の名前がさらっと出ているところも読者としてはわくわくするポイントです。

さらに本編に関わってきそうな伏線が「東京都立呪術高等専門学校」のなかにたくさん描かれています

その伏線が、「呪術廻戦」のストーリーをさらに厚くし、今後の展開をより楽しみにしてくれています。

しかし、その「呪術廻戦」との関わりを除いても、物語として純粋におもしろいという声が多数あります。

この「東京都立呪術高等専門学校」は全4話です。

しかしその短い連載のなかでも起承転結がはっきりしており、「呪い」をテーマにした作り込まれた世界観や、主人公の心の成長などが丁寧に描写されているところも多くの人に支持される理由となっています。

「東京都立呪術高等専門学校」を読むには

東京都立呪術高等専門学校
「東京都立呪術高等専門学校」はどこで読むことができるのか、気になる方も多いでしょう。

「東京都立呪術高等専門学校」は、「ジャンプGIGA」という雑誌で連載されていました。

「ジャンプGIGA」とは週刊少年ジャンプの別冊で、本誌作品のおまけ漫画や新人などの読み切り作品などを掲載しており、年に4回発売されています。

それに合わせて、「東京都立呪術高等専門学校」も全4話なのです。

「東京都立呪術高等専門学校」は、2018年の12月に1冊の単行本として発行されました。

書店で単行本を買うこともできますし、多くの電子書籍配信サイトでも配信が開始されています。

例として、電子書籍版を購入できるサイトには以下のようなものがあります。

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • ジャンプ+(プラス)
  • コミックシーモア

↓コミックシーモアのご利用はこちらからどうぞ

サイトによって、価格やキャンペーン内容が異なることがあります。
ぜひ自分に合った方法で読んでみてください。



まとめ

「東京都立呪術高等専門学校」について、「呪術廻戦」とのつながりや、そのあらすじと魅力、読むための方法についてご紹介してきました。

このコラムを読まれる方の中には、「呪術廻戦」のファンも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この「東京都立呪術高等専門学校」は、そんな「呪術廻戦」の魅力をさらに引き立たせ、また深く味わうためにもとても重要な漫画です。

まだお読みになっていないという方は、この機会にぜひ読んでみてください。

気になる作品があったらシェアしよう!