映画『トイ・ストーリー』無料動画をフル視聴(吹き替え・日本語字幕)できる動画配信サービスを紹介

映画『トイ・ストーリー』無料動画をフル視聴(吹き替え・日本語字幕)できる動画配信サービスを紹介
提供元:U-NEXT

トイ・ストーリーは1995年に公開されたピクサーアニメーションスタジオの映画です。
「1~3」とシリーズ化されており、さらにスピンオフが3作品、テレビアニメシリーズが3作品の合計9作品が公開されています。
また、トイ・ストーリー4の製作も進んでおり、日本では2019年7月に公開予定ということで楽しみに待っている人も多いことでしょう!
オモチャたちが主役となっているトイ・ストーリーは、一見子供向けかと思いますが全く違うのです!
物語は涙あり笑いありと、大人でも十分に楽しめる内容となっています。
そんなトイ・ストーリーシリーズをいつでもどこでも楽しむ方法があるんです!
トイ・ストーリーシリーズは、動画配信サービスで観ることができます。
まだ見たことない人はもちろんのこと、一度見たけど内容を忘れてしまったという人はぜひ観てくださいね。
今年公開のトイ・ストーリー4がもっと楽しくなるかもしれません!

※紹介している作品は、2020年11月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は各サービスにてご確認ください。

制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
キャストトム・ハンクス
ティム・アレン
アニー・ポッツ
トニー・ヘイル
キーガン=マイケル・キー
ジョーダン・ピール
クリスティーナ・ヘンドリックス
マデリーン・マックグロウ
キアヌ・リーブス
アリー・マキ
ほか
吹き替えキャスト唐沢寿明
所ジョージ
戸田恵子
竜星涼
松尾駿(チョコレートプラネット)
長田庄平(チョコレートプラネット)
新木優子
中村優月
森川智之
竹内順子
ほか
上映時間100分
公式サイトトイ・ストーリー公式サイト
公式Twitterトイ・ストーリー公式Twitter

トイ・ストーリーの予告、公式動画

トイ・ストーリーのあらすじ

少年「アンディ」の家にはたくさんのオモチャがあります。
このオモチャたちはアンディと遊んでいるあいだは決して動かないし、しゃべることもありません。
でもアンディがいなくなると突然動き始めます。
そう、この世界ではすべてのオモチャに意思があり、自ら動くことができるのです!
カウボーイの人形「ウッディ」はアンディの1番のお気に入りでしたが、ある日、最新のオモチャ「バズ・ライトイヤー」がやってきたことで状況が一変します。
アンディに気に入られる「バズ」とお気に入りの座を奪われた「ウッディ」。
この2人がとある事故をきっかけにして、大ゲンカをはじめてしまうのです!
その結果、バズは「オモチャ殺し」とよばれる乱暴な子供「シド」に連れさられてしまいました。

「このまま逃げればまたアンディのお気に入りに戻ることができる」

そう思ったウッディでしたが……。
はたしてウッディはバズを助けに向かうのか?
ウッディとバズに“友情”は芽生えるのか?

トイ・ストーリー4のあらすじ

ウッディやバズたちが新しい持ち主・ボニーの手に渡ってから1年が経った。
それなりに楽しい日々を送っていたウッディたちだったが、新しい幼稚園になじめないボニーをウッディは心配していた。

ある日、ボニーはウッディの助けもあり、新しいおもちゃのフォーキーを作った。
フォーキーはボニーの一番のおもちゃになり、落ち込んでいたボニーもだんだんと明るくなっていった。

しかしフォーキーは自分のことをゴミと思い込んでおり、すぐにゴミ箱に入りたがる困ったおもちゃだった。
そしてついに、フォーキーはボニーの家族たちとともに出かけた際に、ボニーの元を逃げ出してしまう。

ボニーを連れ戻すべく、ウッディをはじめとしたおもちゃたちは冒険に出た!

トイ・ストーリーを配信している動画配信サービスまとめ

サービス名月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間
ディズニー・デラックス70031日間
dtv50031日間
Paraviパラビ1,017円(税込)※2週間

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

トイ・ストーリー観ることができるのはDisney+ (ディズニープラス)

トイ・ストーリーはDisney+ (ディズニープラス)で視聴できます。
Disney+ (ディズニープラス)について、ちょっとだけ解説します。

Disney+ (ディズニープラス)はディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー映画がお得!

Disney+ (ディズニープラス)はドコモとディズニーがタッグを組んだ動画配信サービスです。
しかし、dアカウントを作成すればドコモユーザーでなくても加入できます。
他のVODサービスでは、ディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー作品は旧作、最新作問わずほぼすべての動画配信サービスで有料(レンタル)作品です。
しかしDisney+ (ディズニープラス)にある作品のほとんどは、レンタル料金のかからない見放題作品。

そのため、他の動画配信サービスより多くのディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー作品がお得に楽しめちゃうんです。

最新作はレンタル料金を支払えば、すぐに視聴できるのでディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー好きにはたまらない動画配信サービスです。

さらに!マーベルは映画に加えドラマシリーズが配信中。
スターウォーズ、ピクサーのショートムービー、ディズニーオリジナルアニメシリーズ。
さらには、人気映画のスピンオフ作品などなど…。

まずは31日間の無料お試しに申し込んで、Disney+ (ディズニープラス)を思いっきり楽しんでみましょう!

Disney+ (ディズニープラス)をまとめるとこんな感じです。

・Disney+ (ディズニープラス)はドコモとディズニーがタッグを組んだ動画配信サービス
・多くのディズニー作品が見放題作品!最新作はレンタルで楽しめる。
・マーベル、スターウォーズ、ピクサー、ディズニーオリジナル番組などなど…ディズニー好きは入っておかないと損!
ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルなら「Disney+ (ディズニープラス)」

Disney+ (ディズニープラス)の無料登録方法!スターウォーズ、マーベル、ピクサーは見放題?

評価・感想・口コミ

男性・30代
1,2,3をまとめてみると涙が抑えれない・・・個人的には「1」の出来が最高!声を担当した所ジョージ、唐沢寿明もいい感じです
女性・20代
正直「3なんて作るなよ!1と2で十分!」と思っていたのですが、3で泣きました。大人に見てほしいディズニー映画でした。
女性・20代
1と2は何回も見ましたが、3だけどうしてもしっかりと見ることができません。幼いことから見ていた作品なので思い入れは強いです。監督が日本のアニメが好きという点も好印象です

「トイ・ストーリー」シリーズ10作品をご紹介!

トイ・ストーリーには本編である「1~4(4は公開予定)」のほかに、テレビアニメシリーズが3作品とスピンオフが3作品あります。
それぞれの作品の公開年はこのようになっています。

シリーズ作品名公開年
映画トイ・ストーリー1995年
映画トイ・ストーリー21999年
映画トイ・ストーリー32010年
映画トイ・ストーリー42019年7月(公開予定)
スピンオフハワイアン・バケーション2011年
スピンオフニセものバズがやって来た2011年
スピンオフレックスはお風呂の王様2012年
テレビアニメスペースレンジャー
バズ・ライトイヤー
2000年
テレビアニメトイ・ストーリー・オブ・テラー!2013年
テレビアニメトイ・ストーリー
謎の恐竜ワールド
2014年

これらの作品は、作品の設定上はすべて同じ世界のお話です。
それぞれの物語が続いているので、公開された順に観ていくとより楽しめるかもしれません!
テレビアニメシリーズの3作品はさきほどご紹介した動画配信サービスで配信しているので、映画の「1~3」を観たあとに続けて観ることをおすすめします。

トトロも登場!?「トイ・ストーリー」の個性的な登場人物

トイ・ストーリーではカウボーイや恐竜、軍人、宇宙人などたくさんのオモチャが登場します。
それぞれ性格が違っていて、凶暴なモノや臆病なモノ、勇敢なモノなどとても個性豊かです。
オモチャなのでそれぞれができること、身体能力にも違いがあります。
お気に入りのキャラクターが活躍するシーンでは思わず応援したくなってしまうでしょう!
オモチャのなかには別の作品のキャラクターも登場しますが、なんとジブリ映画で有名な「トトロ」までいるんです!
トイ・ストーリーシリーズのうちのどの作品・どのシーンで出てくるのか、ぜひ探してみてくださいね。
ではそんなオモチャたちのなかで、6体の主要なメンバーをご紹介します。

ウッディ・プライド

声:トム・ハンクス/唐沢寿明
少年アンディの1番のお気に入り、カウボーイ人形のオモチャ。
アンディのオモチャ達の中でもリーダー的存在で明るい性格。
決してあきらめず仲間を大事にするのは、アンディがそういう設定で遊んでいるからなのかもしれない。
右足のブーツの裏には、「ANDY(アンディ)」と書かれている。

バズ・ライトイヤー

声:ティム・アレン/所ジョージ
アンディが誕生日プレゼントとしてもらった最新のオモチャ。
自分のことをオモチャではなく本物のスペースレンジャーだと思っている。
体にいろいろな仕掛けがあって、レーザー光線や翼が飛び出すなど最新の機能が備わっている。
決めゼリフは「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」英語版では「To infinity and beyond !」

レックス

アンディの家にあるティラノサウルスのオモチャ。
「この世で一番恐ろしい怪獣」とアンディは説明するが、実際は臆病で能天気。
ムードメーカー的な存在でもあり、笑えるシーンにはよく登場する。
恐竜なのに迫力がない外見や声に悩んでいるご様子。

ハム

豚型の貯金箱。
ウッディやバズのように機敏な動きはできないが、頭がよくオモチャたちの参謀役。
毒舌家でもあり思ったことをズバズバといっていく。
お腹のなかにはアンディが貯めた小銭が入っている。

グリーンアーミーメン/軍曹

緑色をしたオモチャの兵隊たち。
アンディの家に約100体いて、軍隊としてよく統率がとれている。
アンディの誕生日には、どんなオモチャがくるのか偵察をおこなうなど大活躍。
プロ意識が高く任務遂行には手を抜かない。

エイリアンたち(リトル・グリーン・メン)

緑色で三つ目の宇宙人。
おっとりとしてとても純粋な性格。
車から落ちそうになったところを助けられると、「命の恩人、感謝永遠に」と助けてくれたオモチャにずっとついていくシーンも。
UFOを見ると「宇宙に帰る」といいながら乗り込もうとする。
「キモかわいい」と一部では大人気なのだとか。

映画「トイ・ストーリー」以外のピクサー作品も観てみよう!

トイ・ストーリーを製作した「ピクサー社」はほかにもさまざまなヒット作を生み出しています。
ピクサーが生み出したヒット作の一部がこちらです。

作品名公開年
モンスターズ・インク2002
Mr.インクレディブル2004
カーズ2006
レミーのおいしいレストラン2007

どれも名前を聞いたことがある作品ばかりではないでしょうか?
もう観終わっているという人も多いかもしれませんね。
これらの作品もさきほどご紹介した動画配信サービスで観ることができますので、気になる人はぜひチェックしてください!
それぞれの作品のあらすじを簡単にご紹介しましょう。

モンスターズ・インク

モンスターズ・インクはモンスターの世界を舞台にした作品です。
身長240cm青い毛におおわれた「サリー」と、その相棒で緑色をした一つ目の「マイク」。
2人はともにモンスターズ株式会社(モンスターズ・インク)で働いています。
モンスターズ・インクは人間の子供を驚かせることで悲鳴をあげさせ、その悲鳴をエネルギーに変えるという会社です。
ある日サリーが職場を訪れると、そこには人間の少女「ブー」がいました。
仕事では子供を驚かせているモンスターたちですが、じつは人間の子供は危険といわれているのです。
子供がモンスターの世界にあらわれたことで町は大パニックに!
一体モンスターズ・インクはどうなってしまうのか?
少女の運命は!?

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブルはスーパーヒーロー一家が主人公となる作品です。
一家の大黒柱「Mr.インクレディブル」はスーパーヒーローとして、日々街の人たちを助けています。
でも、ある日Mr.インクレディブルが自殺しようとした人を助けると「死にたかったのに死ねなかった」と訴えられてしまうのです。
それがきっかけとなり、Mr.インクレディブルはスーパーヒーローをやめてしまいました。
それから15年後-
一般人として保険会社で働くMr.インクレディブルのもとに一通のメッセージが届きます。

「あなたのスーパーヒーローとしての力が必要です」

これを見たMr.インクレディブルは再びスーパーヒーローとして立ち上がります。
このメッセージの送り主は一体誰なのか?
Mr.インクレディブルの前にはどんな“事件”が立ちはだかるのか?
Mr.インクレディブルには妻と3人の子供がいますが、なんと全員がスーパーヒーローとしての特殊能力を持っているんです。
それぞれの能力がどう活躍するのかにもご注目ください!

カーズ

カーズは意思を持つ車たちのお話です。
主人公である「ライトニング・マックィーン」は、自信過剰な新米レーシングカー。
今までのレース成績はすべて自分の力で勝ち取っていると思っており、周りのことは道具として扱っています。
そんなマックィーンが狙っているのは新人チャンピオンの座です。
決勝戦を前に、マックィーンは自分のことを誰も知らない田舎町にしばらくとどまることになります。
いつものように町の人たちを見下すマックィーンですが、町の人たちはそんな見ず知らずのカーズにもやさしく接するのでした。
その温かさに触れたカーズの心には、やがてある変化が訪れます……。
カーズは自分に足りないもの周りの人たちの大切さを気づかせてくれる、そんな映画となっています!

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストランは、抜群の味覚と嗅覚を持つズミのお話です。
主人公「レミー」は人間の天才シェフ「グストー」に憧れる1匹のネズミです。
レミーはいつか“フランス料理の一流シェフ”になることを夢みていますが、実際はネズミの仲間と残飯をあさる毎日。
そんなある日、憧れのグストーが急死したというニュースをテレビで見ます。
それと同時に家族や仲間と一人はぐれてしまったのです。
一人途方に暮れていると、死んだはずのグストーの霊があらわれてレミーにいいました。

「落ち込んでないで上を目指せ!」

グストーの霊に導かれるまま進んでいくと、たどりついたのはなんとレストラン「グストー」。
憧れのグストーが働いていたレストランだったのです。
そこでレミーは見習いシェフのリングイニと出会います。
天才的な料理の腕を持っているけど厨房には入れないネズミのレミー。
厨房には自由に入れるけど料理の腕はダメダメな人間のリングイニ。
お互いの短所を補い合って一流シェフを目指す物語が今、始まります……。

まとめ

トイ・ストーリーでは製作スタッフからのメッセージがたくさん伝わってきます。
なかでも強く感じるのは「モノを大切にする心」「決してあきらめない心」、そして「友情」です。
お子さんがいる方はぜひお子さんにも見せてあげてくださいね!
また、作中ではオモチャのこんなセリフがあります。

「オモチャは遊んでもらった子供のことを決して忘れない。

でも、子供は遊んだオモチャのことをいつか忘れてしまう…」

なんだか切なくて大人でも少し考えさせられてしまいますよね。
あなたは子供のころに遊んだオモチャを覚えていますか?
動画配信サービスでトイ・ストーリーを観て、もう一度あのころの気持ちを思い出してみましょう!

監督ジョシュ・クーリー
脚本ステファニー・フォルサム
アンドリュー・スタントン
音楽ランディ・ニューマン