映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』無料動画をフル視聴(吹き替え・日本語字幕)できる動画配信サービスを紹介

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』動画を無料でフル視聴出来るサービスとレンタル情報!見放題する方法まとめ!
提供元:Amazon

ワイルド・スピードシリーズは2019年現在までに9本製作しています。
3作品目の「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」は日本が舞台でテーマは「ドリフト走行」。

主人公は高校生であり、おなじみのブライアンとドミニクは物語には関わってきません。
しかし、シリーズ屈指の日本車の多さ、千葉真一や北川景子といった日本人俳優が見どころです。
さらに妻夫木聡やしょこたん(中川翔子)といった日本の芸能人がカメオ出演しているので日本人なら楽しめる映画でしょう。
この記事ではワイスピ3作目の概要と視聴できる動画配信サービスについてご紹介します!

※無料期間中いつでも解約できます

※紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は各サービスにてご確認ください。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTを無料で観るには?
無料期間だけ楽しんで、有料になる前に解約してもいいのでしょうか? もちろん大丈夫!

動画配信サービス(VOD)にはお試し期間(2週間~31日間)がありますので無料期間を利用してじっくりサービスの使い勝手を試しましょう!

また、退会はサイト内の簡単な手続きで完結します、違約金が発生することはありません。

人気動画を安全・快適に楽しむには、VODの無料期間をうまく利用するのがおすすめです!

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの予告、公式動画

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTを配信している動画配信サービスまとめ

動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間詳細
U-NEXT1,990円+毎月1200P配布31日間
Amazonプライムビデオ4,900円 (年会費) 500円 (月額プラン)30日間
TSUTAYA TV933円 (動画見放題プラン)30日間
music.jp1,92230日間

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTを観ることができるのはU-NEXT

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTはU-NEXTで観ることができます。
U-NEXTついて概要をご説明します!

U-NEXTなら無料お試し期間中に600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる

例えばU-NEXTの場合、配信が始まったばかりのハリウッド映画は大体約500円~、ドラマは1話約300円~、アニメは1話約200円~なので入会したらすぐにポイントを使って最新作が楽しめます!
しかも!ポイントは動画以外にも使えるのでU-NEXTがおこなっている電子書籍サービスにも使えます。
値段は作品によって異なりますが、ジャンプのコミックス1冊は約400円、ライトノベルも安いものならば約400円のものもあるので気になる作品の原作が読めることも。
U-NEXTは本入会すると月額1,990円(税抜)で利用できる動画配信サービスです。
2,000円近くとちょっとお高い動画配信サービスではありますが、じつはお得に使える秘密があります。

それは毎月配布される1,200ポイントがあり、実質約800円で使えるからなんです!
無料お試し期間中にも600ポイントもらえるので忘れずに活用しましょう!

作品数は見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上と豊富なラインナップです。
最近ではDVDレンタルよりも早い配信もあるので、流行りの作品を早く、お得に観たい方にもオススメです!

また、アカウントを最大4つまで分ける機能があるのでシェアして使うことも可能です。
アカウントは視聴履歴が分けられるので履歴が知られることもありません。
もちろん同時視聴もできるので、「誰かひとりが観ているので他の3人が視聴できない」ということもありません。

まずは、無料のお試し期間が31日間あるので使い心地を確かめてみるとよいでしょう! U-NEXTをまとめるとこんな感じです。

・毎月1,200ポイント、無料お試し期間中でも600ポイントもらえる
・配信作品が早く、配信作品が多い
・無料のお試し期間が31日間ある
・4つアカウントが作成でき、視聴履歴別、同時視聴OK

150人に聞きました|U-NEXTの評判・口コミを募集したらコスパが悪いと判明?デメリットとメリットも徹底解説

U-NEXTの評判・口コミは?デメリットとメリットを契約して解説!150人の評価は?

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTのあらすじ

カリフォルニアで暮らす高校生ショーン・ボスウェルは、ある日ストリート・レースの末に大事故を起こし警察沙汰なってしまう。

少年院から逃げるため、ショーンは在日米軍の父のもとで暮らし高校に通うこととなった。
日本でショーンは同じく留学生のトウィンキーと出会い、ドリフト・レースを知りドリフトの世界にのめり込んでいく!

日本が舞台ということもあり、Z33 フェアレディZ、S15 シルビアやFD3S RX-7-VeilSide Fortune Modelなどシリーズの中でも日本車率が高い作品。

さらに、千葉真一、北川景子といった日本人俳優も出演。
妻夫木聡、中川翔子、真木よう子、ドリキン土屋圭市といった芸能・有名人がカメオ出演しているのも必見。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの登場人物(キャスト・声優)紹介

ショーン・ボズウェル 演:ルーカス・ブラック 吹替:小西克幸
トゥインキー 演:バウ・ワウ 吹替:大畑伸太郎
ニーラ 演:ナタリー・ケリー 吹替:佐古真弓
D.K.(タカシ) 演:ブライアン・ティー 吹替:最上嗣生
ハン 演:サン・カン 吹替:室園丈裕
モリモト 演:レオナルド・ナム 吹替:星野貴紀
カマタ組長 演:千葉真一
レイコ 演:北川景子

映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」をさらに楽しむために関連作品を観よう!

ここでワイルド・スピードシリーズの時間軸を一度おさらいしてみましょう。

1作目ワイルド・スピード
2作目ワイルド・スピードX2
4作目ワイルド・スピード MAX
5作目ワイルド・スピード MEGA MAX
6作目ワイルド・スピード EURO MISSION
3作目ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT
7作目ワイルド・スピード SKY MISSION
8作目ワイルド・スピード ICE BREAK

※紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は各サービスにてご確認ください。

ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスは5作目となる「ワイルド・スピード MEGA MAX」で初登場して以来、大人気です!

6作目「ワイルド・スピード EURO MISSION」からシリーズに参戦したジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウだって人気やアクションは負けてはいません!

デッカード・ショウはスピンオフとなる『ワイルド・スピード スーパーコンボ』を除くと4作に出ているようですね!
2人のおさらいがてら、今までのワイスピシリーズの道のりを見直してみてはいかがですか?

作品情報

作品名ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
原題The Fast and the Furious: Tokyo Drift
作品ジャンルカーアクション
公開日アメリカ:2006年6月16日
日本:2006年9月16日
制作会社レラティビティ・メディア
オリジナル・フィルム
配給会社ユニバーサル・ピクチャーズ
監督ジャスティン・リン
脚本クリス・モーガン
音楽ブライアン・タイラー
キャストルーカス・ブラック
ナタリー・ケリー
BOWWOW
ブライアン・ティー
サン・カン
レオナルド・ナム
北川景子
千葉真一
土屋圭市
ほか
吹き替えキャスト小西克幸
大畑伸太郎
佐古真弓
最上嗣生
室園丈裕
星野貴紀
ほか
上映時間104分
公式Twitterワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT公式Twitter

気になる作品があったらシェアしよう!

この記事を書いた人

動画・見放題ノンストップ!編集部
シェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。実際に使って比較したおすすめ動画配信サービス人気ランキングを大発表! 加入して分かった選び方のポイントを解説中。人気の映画・ドラマ・アニメがどのVODでお得に観れるかの情報を発信しています。

カテゴリー